居住空間|大事なパートナーと一緒に暮らす時の居住空間のポイント!

17.10/06-Fri/生活の知恵

“パートナーと暮らすためのエッセンス”

実家暮らしや1人暮らしの生活は、多少の不都合はあってもやっぱり快適で、今の生活に慣れてしまっている。だから、パートナーはいるけど一緒に暮らすことを躊躇してしまう。とか、一緒に住んでいる人と喧嘩がたえず人と一緒に暮らすことに向いていないのでは、と思うこともある。あるいは、円満に生活を送っているが、相手も本当にそう思っているかはどこか分からないところがある。など、自分とは違う誰かと一緒に暮らすことは、様々な変化や関わりが生まれます。嫌な思い一つしないなんていうことは、誰かと済むことになればなかなか難しいけれど、ほんの少しの考え方でそのとらえ方が変わってくる。今日は、「一緒に住んでいて良かった」と思える生活を送るためのエッセンスをお届けしたいと思います。

 

 

“パートナーと言っても「自分ではない他人」ということを知る”

19世紀の精神科医アルフレッド・アドラーの思想を紹介した「嫌われる勇気」という本で「他者は、あなたの期待を満たすために生きているのではない」という言葉があります。

パートナーも自分ではない「他者」なのだという前提を忘れず付き合っていくことで心はずっと軽くなるのではないでしょうか。

たとえば夫婦という関係で…「妻なんだからもっときちんと家事をしろ」「夫は家事を手伝ってくれない」これでは平行線で不満がたまっていく一方です。パートナーは自分にとって大事な人で、相手にとってもそれは同じことだからこれぐらいは要求しても良い、という考え方は危険です。アドラーの考え方から、先ほどの愚痴を「家事をしてくれてありがとう」「仕事をしてくれてありがとう」に転換することで相手を思いやって過ごしていくことができます。

 

 

“一緒に暮らす空間の工夫”

一緒に暮らす空間を工夫することで、パートナーとの衝突を減らすことができます。またパートナーと住まいを作っていくことでより良い関係を築いていくことができます。

 

 

“思い出を共有するギャラリー”

玄関や廊下など、よく通る部分に写真を飾ることで思い出を共有できます。自分たちが写っている写真の他にも、旅行先で一緒に見た風景であったり、2人で行った美術館で買ったアートだったり、いつか行ってみたいね、という未来のことだったり。パートナーとの過去未来は幸せの実感にも新たな気付きにも役立ちます。

 

 

“共につくる楽しみ”

長く過ごす場所だから、帰ってくる場所だから…愛着のわく家にしたいですね。たとえばDIYをする空間をつくるのはいかがでしょうか。自分たちで手を加えることによって愛着がわいてきますし、一緒に壁を好きな色に塗ってみたり、タイルを貼ったりといった共同作業を通して仲を深めていくことができます。

 

 

“一人になれるスペースがあると心にゆとりが生まれる”

一方で、常に一緒・同じ空間が苦手というパートナーもいるでしょう。そういう方のスペースや間合いを大切にする境界設計というものがあります。部屋のコーナーに書斎スペースを設けたり、よりじっくり一人の世界に入れる「DEN」は個室でありながらもリビングなどの他の部屋とのつながりを感じることができる小部屋なので、つながりを大事に、一方で縄張りの線引きにも一役買う空間です。すこし自分のスペースが欲しい時や、喧嘩をしてしまった時などに、ちょっと「こもれる」空間があると思うと気持ちが楽になると思いませんか?

 

 

“仲直りは家のなかで”

喧嘩と仲直りはセット。一緒に暮らしていると日常のささいなことで喧嘩をしてしまうことがありますが、仲直りもささいなことをきっかけにして早々にしたいですね。バーのように横並びで座って「飲む?」とお酒を出したり、照明を少し落としてキャンドルに灯りをつけて良い雰囲気に思わず笑ってしまったり。家の仕掛けで仲直りを助けてもらえるかもしれません。

 

 

“一緒に住むこと”

パートナーと一緒に住むことで心が癒されたり、人を許す力がもてたり、良い習慣がうつったりします。自分を良い面も悪い面も理解してくれているパートナーとのコミュニケーションは良い影響をもたらします。

ただ一緒に暮らすだけではなく、暮らしのなかにいろんな仕掛けを用意した「仲良く一緒にいられる家」をおすすめします。一緒に住むということは人生を豊かにしてくれる1つの選択ではないでしょうか。

建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働き、結婚・出産などのライフイベントを会社員時代に経験。働く時間があっという間に過ぎるように感じ、現在は「働き方改革」を実施中。
このライターの他の記事へ »
230

つぎに
おすすめする記事

Recommended articles
210

共働き夫婦の今だからできること、やっておきたいこと

共働き夫婦の今だから「あのとき、こんなことをしておけばよかった」と後悔しないために、今だからできる夫婦ふたりだけの過ごし方を提案します。
・・・
17.11/03-Fri/生活の知恵
この記事を読む »
90

今日の季節 9/17~22 玄鳥去る(つばめさる)

日本には、1年を4に分けた四季があります。その変化に私たちは気づかずに生きているのかもしれません。 ほんの少し、季節の移ろいを感じてみませんか?
・・・
17.09/15-Fri/生活の知恵
この記事を読む »
100

名古屋のお買物事情

日本にたくさんある百貨店や路面店、ショッピングモール。 そんな中でも愛知県では、名古屋駅周辺が人気があり、特に高島屋の人気があります。 今回はなぜ、名古屋で高島屋が選ばれ続けているのかご紹介したいと思います。
・・・
17.10/29-Sun/生活の知恵
この記事を読む »
70

和に還る|畳のヘリは踏まない。大人女子のたしなみ

「一汁三菜」主菜は右上に配膳し、お漬物はノーカウント
お箸は右手で取り、左手で受けて、また持ち替える
お茶を持つ時、指は揃える
17.09/14-Thu/生活の知恵
この記事を読む »
230

居住空間|大事なパートナーと一緒に暮らす時の居住空間のポイント!

・パートナーは他人
・共有すること、一人の空間のこと
・おうちでできる仲直りの仕掛け
17.10/06-Fri/生活の知恵
この記事を読む »
100

大人だから着こなせる、無印良品のファッションコーデをご紹介。

楽しくて、つい足を運んでしまう無印良品。素材にこだわっているので着心地の良い服が多い無印良品。今年の秋冬は無印良品で自分らしいコーディネートを見つけてみてはいかがでしょうか?。
・・・
17.10/30-Mon/生活の知恵
この記事を読む »

今人気の
3つの記事

Top three popular articles