おうちでご褒美ママ会|フォトジェニックなデリバリーでおしゃれママ会

17.09/29-Fri/

“子どもが小さいうちは、おうちでご褒美ママ会も”

子どもが小さいと、なかなか外食が難しいもの。騒ぐし暴れるし、周りに迷惑かけてしまうと思うと、行くのはファミレスばかり。それでも外食ってありがたいと思ったりもして。でもママだって、本当はたまにはオシャレなものも食べたいし、お酒なんかも飲みながら美味しいものも、フォトジェニックなものも愛でたい。そもそも、誰かに作って貰ったお料理というだけで、有難い気持ちになる。そんな時は、オシャレデリバリー@おうちママ会がおススメ!おうちでなら、子どもたちも遊べて、周りに気を使うこともなく、ママトークを楽しむ時間が持てます。しかも、デリバリーなら用意するのは食器と飲み物だけ。子育てに奮闘している毎日に、少しご褒美気分なママ会を。今日は、オシャレでオーダーしやすいお店をご紹介したいと思います。

お店を選ぶポイントは、5つです。

・オシャレなお料理
・自分で作るのは大変そう
・外食の非日常感を味わえる
・少人数からオーダー可能
・予算一人3000円前後、ランチは1000円前後

家にいることが多いママにとって、外食の非日常感は嬉しいもの。デリバリーなので子どもを連れてお買物に行くっていうストレスからもフリーに。

 

 

“ランチは、ビジュアルもいつもよりプチ贅沢に”

・ピザのデリバリーは、いつもよりワンランク上のお店をチョイス

<サルヴァトーレクオモ>

http://asp.demae-can.com/?author=salva

1500円~オーダー可

 

ナポリピッツァを日本に広めたサルヴァトーレ・クオモ氏がプロデュースするSALVATOREブランドのお店です。六本木ヒルズなどにもお店を構え、店舗ではピザだけでなくパスタや温菜・冷菜なども幅広く提供しています。またナポリから職人を呼び寄せて造ったというこだわりの薪窯で焼くナポリピッツァは、薄生地なのにもちもちして香ばしいのが魅力。店舗とかわらないピッツァを自宅に届けてもらえて、しかも1500円~という、子育てママには嬉しいサービスです。

 

・和食ランチなら、上品なお膳スタイルでボリュームも◎の釜飯

<窯虎>

https://www.kamatora.jp/

1500円~オーダー可

 

宅配釜飯市場においてシェアNO.1を誇る釜虎。そして、オーダーするとまず運ばれてくるトレーやポットの多さに驚く窯虎のランチ。ランチメニューは全て、釜飯、薬味3種、お漬物、御出汁がセットの、御膳スタイルになっています。食べ方にはおススメがあり “一度で三度おいしい”と謳っています。最初は釜飯をそのまま頂き、次に、釜飯に薬味を乗せて頂きます。最後は釜虎秘伝の御出汁をかけてお茶漬けにして頂くと、味も食感も色々楽しむことができます。

 

自宅で作る手間を考えると、お手軽に御膳スタイルが楽しめるのはデリバリーならでは。上品でボリュームも満点で、価格も1000円前後(11:30~14:00お届け限定)なので、幼稚園や保育園のランチママ会などにおススメです。

 

 

“ママ夜会は雰囲気を作ってママトークを楽しもう”

 

オシャレ感度高いママの支持が厚いデリバリー

<DEAN & DELUCA>

https://www.deandeluca.co.jp/c/catering_index.php/

 

DEAN & DELUCAは、世界中の美味しい食べ物をあつめたセレクトショップ として知られていて、そのバッグは誰もがみたことあるほどの知名度。そんなオシャレなDEAN & DELUCA がデリバリーも手掛けています。ママ会で重宝しそうな6~8人用の単品メニューが充実しており、ワインなどお酒のおつまみとしてぴったりのピンチョスから、子どもも一緒に食べられるバケット・サンドウィッチなどのフィンガーフード、フルーツやベジタブルバスケットなど幅広いラインナップが揃っているのがおススメのポイント。ピンチョスには種類があったり、一つのバスケットでも楽しめますが、人数が揃うときは2~3種のバスケットをオーダーしてテーブルを華やかにしても盛り上がります。価格は、一つのバスケットで6000円から(5~6人分)と、オシャレなのに比較的オーダーしやすいのが魅力です。

 

 

“デリバリーの時は、テーブルコーデにテーマカラーを”

お料理を作る必要が無い時は、テーブルコーデに少しこだわって、パーティ感をアップしてみましょう。テーマや、テーマカラーがあるとオシャレ度もアップ。また、シャンパングラスがあると、テーブルに高さがでて華やぐのでおススメです。(子どもが手を伸ばしては危ないので真ん中に寄せておくなどの工夫をするといいですね。)テーブルランナーやマットもコーデの完成度が上がるので用意したいところですが、子どもが引っ張ってお皿が落ちるなんていうトラブルも心配なので、危ないことがわかる年齢になってからの方が安全です。お皿はシンプルなものがあれば、テーマ毎にペーパーナプキンを変えるだけなのでおススメです。

 

夜のママ会はなかなかハードルが高いもの。子連れでオシャレなお店に行くとなるともっと難しくなります。それでも夜にお友達と外食気分を味わいたいという時には、フォトジェニックで、上品なデリバリーでママトークを楽しんでみてはいかがですか?

二人の子育てをしながら、仕事をしながら、週2でバレーボールをしています。色んな事に興味があるけど、アラフォーなので無理はしない。子育てサークルの代表。
このライターの他の記事へ »
40

つぎに
おすすめする記事

Recommended articles

今人気の
3つの記事

Top three popular articles