今更聞けない、ニトリとIKEA、どっちがいいの?

17.10/13-Fri/生活の知恵

私たちの生活に欠かせない、家具や生活用品。皆さんは新生活を始める際、部屋の模様替えをする際、どこでお買い物をされますか?

家具や生活用品を販売する業者はとても多く、店舗での販売のみならず、インターネットを介してもたくさんの業者を比較検討し、商品を購入することができます。

そんなとても大きなマーケットの中でも、業績を伸ばし続けているのが、ニトリとIKEAです。皆さんも、一度は訪れたことがあるのではないでしょうか。

今回は両社の違い、またなぜこの2社が選ばれ続けているのかにフォーカスを当てて、ご紹介していきたいと思います。

 

ニトリ、IKEAの違い

1.. 店舗

まず両社の大きな違いとして、ニトリは日本生まれの企業で、日本全国に店舗があり、これから海外進出も視野に入れています。

一方IKEAはスウェーデン生まれの企業で、2006年千葉県船橋市に一号店をオープンさせ、日本へ進出してきました。

 

そのため現在店舗数は、圧倒的にニトリの方がたくさんあります。

そのうえ、日本の狭小住宅にも合うようなコンパクトな家具や、日本人が好みやすい白や木目調を基調としたシンプルなデザインのものが多いことが特徴的です。布団やすのこなど、日本ならではの商品があることも魅力ですよね。

一方IKEAはカラフルな商品が多く、北欧ならではのおしゃれでハイセンスなものが多いことが特徴的です。また、10個セットのコップなど多めの個数でセット販売している商品も多いので、家族で新しくお揃いのものを買いたい、という方にはいいかもしれません。

 

またニトリでは自由に店舗内を動き回り、商品を手に取り、かごに入れ、最終的にレジまで持っていき購入する、もしくは大きい家具等は後日配送し自宅に届いてから設置までしてもらえる、という日本らしいサービスをしています。

それに比べIKEAでは、店舗内はある程度の順路が決まっていて、在庫がある商品に関しては、たとえ大きな家具であってとしても、最後に組み立て前の商品を受け取ることができ、その日中に自身で組み立てをすることができます。

今すぐ必要な家具を購入する場合はIKEAの方が早く手に入るかもしれませんね。

自身での組み立てがおっくうという方には、業者の方が設置までしてくれるニトリの方がオススメかもしれません。

私個人的には、持ち帰る手間がない、ニトリの方が便利かなと思ってしまいますが、これは何を買うかにもよりますね。

 

またIKEAは店内に軽食を取るスペースがあるので、お買い物に疲れたら、少し休憩ができ、長居ができるというのも特徴ですよね。ご家族でお買い物に出かけて、お母さんがお買い物をしている間に、お子さんとお父さんはゆっくり待っていたり、店舗内で過ごせてしまうというところも特徴かと思います。

 

 

2 .. 価格帯

次に、価格です。ニトリは安い、IKEAは高いなんてイメージがあるかもしれませんが、小さいものであれば、どちらも100円を切るお値段のものから購入できるものになっています。ベッドやソファーなど、家具類であっても、価格帯が全く異なることはなく、イメージが先行しているかもしれませんね。

IKEAは輸入品ということもあり、高くなりがちな価格を、たくさんの工夫で価格が高くならないようにしています。かさばらないように、できる限りに小さくなる設計をし、組み立てはお客様でしてもらうなど、おしゃな北欧らしい家具を手に入りやすくしてくれています。

ニトリは同じ価格帯で、無料配送や組み立てもしてくれたりと、日本の企業らしいサービスも充実していますね!安いイメージですが、同じ価格で、手厚いサービス受けられるのは日本人としては嬉しいですよね。

 

 

3 .. ターゲット層

比較していると、両社が考えているターゲット層が少し違っているのかな、ということが見えてきます。

ニトリは店舗数も多く、サービスが充実していたり、より身近な存在として独身層、ファミリー層、シニア層などほぼ全ての世代を網羅しています。安心を届けています。

一方IKEAは店舗数がニトリに比べ少ないのですが、自分で組み立てて、北欧の空気感を部屋に取り入れたい方に向けて、おしゃれな北欧生活を提案しています。

以上のことを踏まえると、両社の価格帯はかぶっていますが、きちんと住み分けができています。安心安全はニトリ、嗜好品はIKEAでなんて構図でしょうか。

 

 

“まとめ”

以上のことを踏まえると、自社のカラーや目的をしっかりともち、その理念のもと、日々成長を続けることができているが両社の強みであることは間違いなく、日本のみならず世界において今後も業績を上げ続けることができるのではないか、と思います。

 

また、ニトリもIKEAも人々に寄り添い、生活をより豊かなものにしていきたいと考えている企業であるということは同じです。今後もたくさんの魅力的な商品を生み出してくれることと思いますので、おしゃれな暮らしにエッセンスを入れるために、チェックしていきましょうね!

愛知県在住の29歳。以前、都内某ホテルでウエディングプランナーをしていました。美味しい物を食べる事が好きです。
このライターの他の記事へ »
80

つぎに
おすすめする記事

Recommended articles
40

地元マルシェ|旬のものを旬の内に、食を楽しむ『地元マルシェ』をご紹介

『マルシェ』とは?
横浜で開催されるマルシェ『Yokohama Kitanaka Marché』
横浜で開催されるマルシェ『横濱・地元野菜マルシェ』
17.09/23-Sat/生活の知恵
この記事を読む »
30

Roomclipに聞く、ふつうの人の、ふつうの生活にある創造性

育った福島の実家を引き払い、喪失感とともに
何もしなければ埋没する、暮らしのアイデア
普通の生活のなかに隠れている創造性を応援するRoomClip
17.10/10-Tue/生活の知恵
この記事を読む »
100

名古屋のお買物事情

日本にたくさんある百貨店や路面店、ショッピングモール。 そんな中でも愛知県では、名古屋駅周辺が人気があり、特に高島屋の人気があります。 今回はなぜ、名古屋で高島屋が選ばれ続けているのかご紹介したいと思います。
・・・
17.10/29-Sun/生活の知恵
この記事を読む »
150

今日の季節 12/2〜12/6 橘始めて黄なり(たちばなはじめてきなり)

日本には、1年を4に分けた四季があります。 さらに24に分けた二十四節気があり、さらに72に分けた七十二候があります。ほぼ5日周期で季節は移ろいでいるのです。
・・・
17.11/12-Sun/生活の知恵
この記事を読む »
140

一度は試したい、お家で本格ドリップ珈琲を楽しむ方法!

寒い朝には温かい珈琲が飲みたくなります。お家でも美味しい珈琲を飲みたいけれど、なかなか上手くドリップ出来ないと思ったことはありませんか?そんな方のために今回は簡単に美味しいドリップコーヒーの淹れ方についてご紹介します。
・・・
17.10/29-Sun/生活の知恵
この記事を読む »
120

今日の季節 10/18〜10/22蟋蟀戸に在り(きりぎりすとにあり)

日本には、1年を4に分けた四季があります。その変化に私たちは気づかずに生きているのかもしれません。 ほんの少し、季節の移ろいを感じてみませんか?
・・・
17.10/15-Sun/生活の知恵
この記事を読む »

今人気の
3つの記事

Top three popular articles