七五三|成長に感謝する日。3歳のお祝いはぶきっちょママでも簡単着付け

17.11/02-Thu/生活の知恵

“街を彩る七五三の風景”

 

11月になると、七五三らしきファミリーを目にすることも増えてきます。昔からある七五三、だけど実は意味をちゃんとしらなかったりして。今回は七五三の意味から、ママでもできる着付けについてお伝えしたいと思います。

 

 

“3歳を迎えられたことに感謝を込めて”

医療が未発達の昔は現代と異なり、乳幼児が長く生きられないことが多く、節目ごとにその成長を感謝してお祝いされるようになったと言われています。そのため、7歳までは神の子とも言われていたと言います。

 

3歳は、髪を伸ばし始める「髪置き(男女)」。

男子は剃っていた髪を伸ばし始め、女子はおかっぱ頭から結髪に改める。という儀式。

3歳を迎えることさえも難しかった時代、赤ちゃんから子どもとして扱われるようになる第一歩です。そんな時代もあったのかと、今3歳を迎えられたことを感謝せずにはいられません。成長を振り返る時でもある七五三だからこそ、少し大変だけどママの手で着付けてあげると、より一層成長を感じられたり、着付けている時間そのものが愛おしかったり、思い出深い一日になりそうですね。

 

 

“着付けるシーン、口紅をひいてあげるシーンも写真に”

 

そんな、思い出深い一日を残すために、着付けや準備中から写真を撮るのがおススメです。(結婚式の一日フォトのようなイメージですね!)口紅をひくとき口がとがっちゃったり、着付けの途中で飽きてしまったり。そんな愛しい瞬間を写真に収めたいところです。そしてカメラマンは、出張サービスがおススメです。そうすればママは着付け担当、パパはあやし担当として子どもとの時間だけに集中できます。出張サービスは料金の幅が広くお手頃なもので個人カメラマン1時間7千円弱からあり、またフォトスタジオ2万円弱の出張パックのようなサービスもあります。(<出張 七五三>等で検索を)

 

 

“ぶきっちょママでも10分で着付ができる、決めては「腰上げ」と「付け紐」”

想像していたよりとても簡単なのが3歳の着付けです。「腰上げ」と「付け紐が」付いていれば着付けはあっという間に完成します。事前に確認し、まだの場合は準備しましょう。

 

<着物・長襦袢の「腰上げ」>

着物・長襦袢はこどもの背丈よりも長いので、ウエストで折って縫ってしまいましょう。というのが腰上げです。成人式等で着物を着られた方はご存知かと思いますが、本来は縫わずに「おはしょり」として腰紐で調整します。しかし3歳の場合この腰紐が苦しかったりして当日「脱ぐ~」とか「やだ~」とかでお参りも写真も大参事!なんてことも。そうでなくても、いつもと何かが違う日に戸惑うことも多いので、できるだけ楽に整えてあげられるために、腰上げをしておくと安心です。

 

・腰上げ…長襦袢

着物に隠れてしまうので、多少短くなっても大丈夫です。子どもに着せて長さを決めてざくざく縫います。

 

・腰上げ…着物

着物だけは、丈が短すぎないように長すぎないようにします。幼児体型でおなかがでている場合、前後とも全く同じ長さにすると、実際着たときに前が上がってしまうことがあります。子どもに着せて前後の丈を決めると良いですね。縫い目はお被布で隠れますのでこだわりすぎなくても大丈夫です。

参考:子どもの着物の腰上げ

 

 

<長襦袢・着物の「付け紐」>

既に、付け紐が付いている場合は不要です。
腰上げと同じ理由で、付け紐がなく腰紐だけで絞めると、きつかったり着崩れ易かったりします。

付け方は簡単で、市販の腰紐を半分に切り、襟に縫い付けます。位置は袖の身八つ口と同じ高さです。長襦袢・着物ともに左右ともつけたら完成です。

腰上げと付け紐ができたら、着付けはもうラクラクです。でも、当日勝負!ではなく事前に何度か着付けて、よりスムーズに着付けができるようになっておくと安心です。着付けが楽だと、当日焦って“鬼の形相”などになることもなく心にも余裕が生まれます。そんな時は3歳を迎えられた子どもの成長を感じたり、抱きしめたり、感謝したりそんな風に着付けタイムを過ごすことができるかもしれません。

 

 

“簡単着付け方の4ステップ。着付けシーンを写真に残そう”

着付けに準備するもの
・下着類…足袋・下着
・着物類…長襦袢・着物
・羽織類…被布

 

①先に、足袋と下着(いつもの下着でOK。襟が着物から見えないもの)をつけておきます。

②長襦袢を着せます

左前にくるように重ね、付け紐を左手の身八つ口から通して背中へ回し、前で結びます。

③着物を着せます

長襦袢と襟中心(うなじ)をあわせます。長襦袢と同じように左前に重ね、身八つ口から紐を通して前で結びます。

④被布を着せます。

 

 

“ママがアレンジできる、3歳の髪結い3つ”

個人差はありますが、女の子は3歳頃になると髪の毛を結えるようになってきます。ふわふわだった髪の毛が少ししっかりしてきたり。その髪を、ママがアレンジしてあげて七五三をお祝いするのも良い思い出になります。アレンジに慣れていないママは急には難しいので、何度か事前に練習すると良いですね。

 

①ボブ…3歳児らしく、愛らしいスタイル。サイドに飾りで華やかに

【ラフディップの七五三】 七五三シーズン到来です!(^^)! 今回のお客様の撮影は二度目の撮影でございました。 少しお姉さんになって、雨にも負けないくらいニコニコ~☆ もちろんお天気が良い事に越したことはないけれど・・・ この日・この瞬間にしか残せないものを!!! その気持ちがカメラ越しにお子さんに伝わるととっても嬉しい!!! 七五三の撮影は神社でのロケ撮影、スタジオやご希望の場所での撮影、色々やっております^^ アルバムのタイプ・料金などはHPに掲載されています。 是非ご検討くださいませ(*^^)v スタッフ りさ #rufdip #ラフディップ#七五三#かき氷だけじゃな〜い!(笑)

RUFDiP/たろまろギャラリーさん(@rufdip_taromaro_gallery)がシェアした投稿 –

 

②一つ結び…正面からポニーテールが見えるよう高めに結わきます。髪の毛が少ない子はウィッグをつけるとボリュームがアップして華やかに。髪飾りでアレンジします。

・ ・ 七五三の前撮りに行ってきたよ〜。 @akebonostudio さんにお世話になりました! ・ ・ 初めての着物と撮影にガッッッチガチの長女(笑) に対して次女は自由すぎて好き勝手しすぎ(ᕽ_ᕽ) 私はスタジオに到着する直前に、次女の着物を忘れた事に気付く。 忘れん坊で本当に本当にごめんなさい!!! でも、スタジオで可愛い衣装を貸してくれました♡ホッ ・ ・ スタジオがドライフラワーやアンティーク家具で埋め尽くされて、私好みのすごく可愛いスタジオでした! お家をまさにあんな雰囲気にしたい…。 ・ ・ 気になる方は是非♡♡ ・ ・ (カメラマンさんが撮ってくれた写真が綺麗すぎる。さすが༛̥⃝ʺ̤) ・ ・ #アケボノスタジオ #akebonostudio #香川 #丸亀 #七五三 #七五三前撮り #七五三ヘア #和装 #洋装 #3歳 #3歳10ヶ月 #1歳 #1歳9ヶ月 #姉妹

ᴀɪさん(@k.k.ko_mam)がシェアした投稿 –

 

③ツインテール…3歳児の可愛らしさが引き立つスタイルです。左右で高さを変えたり飾りでアレンジするとより華やかです。

Corinne and Layla’s 七五三 pictures❤️ I love how their personalities show so well in these pictures!

Annette Marie Cotrill-Yamanakaさん(@tokyo_twinmom)がシェアした投稿 –

 

 

“3歳の七五三は、ママの手で”

それまで七五三にあまり興味もなく、意味も考えたこともなく。でもわが子が3歳を迎えるにあたって意味を知り、少し億劫にさえ感じていた七五三準備の時間もありがたく愛おしく感じられたりして。着付けはプロにお願いするよりも少し大変だけど、時間をかけた分、思い出もたくさんになります。素敵な写真も残して思い出いっぱいの一日をお過ごしください。

二人の子育てをしながら、仕事をしながら、週2でバレーボールをしています。色んな事に興味があるけど、アラフォーなので無理はしない。子育てサークルの代表。
このライターの他の記事へ »
160

つぎに
おすすめする記事

Recommended articles
90

離乳食の進め方|貝のように口をあけてくれない赤ちゃんへ!

ママさんがみんな手こずる「離乳食」今回は体験を交えながら、離乳食を食べさせるコツをお教えします。
・・・
17.11/13-Mon/生活の知恵
この記事を読む »
310

雨の日でも楽しめる! 子供の「考える、書く、伝える、作る」おうち遊び

日本には、1年を4に分けた四季があります。その変化に私たちは気づかずに生きているのかもしれません。 ほんの少し、季節の移ろいを感じてみませんか?
・・・
17.07/25-Tue/生活の知恵
この記事を読む »
50

体験イベント|「チームラボアイランド」など科学技術系イベントに行こう

なぜ科学施設は子供に人気なのか
千代田区で学ぶ「科学技術館」
未来型遊園地「チームラボアイランド」
17.09/24-Sun/生活の知恵
この記事を読む »
30

Roomclipに聞く、ふつうの人の、ふつうの生活にある創造性

育った福島の実家を引き払い、喪失感とともに
何もしなければ埋没する、暮らしのアイデア
普通の生活のなかに隠れている創造性を応援するRoomClip
17.10/10-Tue/生活の知恵
この記事を読む »
240

子どもと古典に触れる。2歳児からの百人一首のはじめかた。

・2歳児におススメの百人一首
・まずは5枚から始めよう
・古典と歴史 - 紫式部と清少納言はライバル?! -
17.08/02-Wed/生活の知恵
この記事を読む »
190

今日の季節 10/28〜11/1 霎時施す(しぐれときどきほどこす)

日本には、1年を4に分けた四季があります。その変化に私たちは気づかずに生きているのかもしれません。 ほんの少し、季節の移ろいを感じてみませんか?
・・・
17.10/20-Fri/生活の知恵
この記事を読む »

今人気の
3つの記事

Top three popular articles