パパコーデ|ママ友に自慢したくなるオシャパパを目指す!"基本の白T、白スニーカー"

17.11/09-Thu/生活の知恵

“パパになってもかっこいい”

独身の頃はそこそこだったパパ。結婚して子どもができて、だんだん家着みたいなのが増えて、手持ちの服もなんがかヨレヨレに…。かといって、パパの服ばかり買うわけにもいかない!今日は、基本の白Tをベースに、取り入れやすいコーデのポイントと、基本のアイテムでオシャレに、ママ友にも自慢したくなるパパコーデを考察してみたいと思います。

 

“基本の白Tに白スニーカーが鉄板。抜け感を出す足首見せ”

 

<取り入れやすいポイント>
・ベーシックな白・黒・青コーデ(3色以内がポイント)
・基本の白TシャツにデニムシャツをON
・使いまわしがきくスリムジーンズ

<気を付けるポイント>
・ニット帽は、かぶり方に慣れがでるアイテムでもあります。こなれ感がでるように場数を踏むと良いでしょう。
・サングラスは日本人的に恥ずかしいアイテムだったりします。このコーデでは、ニット帽、ベストがあるのでサングラスは無くても大丈夫。

 

“がっちり体型のパパは「足首シュッ」+マウンテンパーカで決まり”

 

<取り入れやすいポイント>
・基本の白T&白スニーカー
・ベーシックなモノトーンコーデ
・スポーツ&アウトドアアイテムなので、カジュアル志向のパパがトライしやすい。更にはサイズ展開が豊富

<気を付けたいポイント>
・スウェット初心者の場合は足首のすっきり感がポイント。ウエストが大きめのパパも、タイトめのスウェットでスマートな印象になります。

 

“どこか頼りたくなる、知的パパの演出にはメガネが活躍”

 

<取り入れやすいポイント>
・基本の白Tシャツ
・使い回しがきくスリムデニム
・色は3色以内に抑える

<気を付けるポイント>
・ニットのサイズや袖がダボつくとスリムデニムに合わず、スマートに見えません。逆にピチピチニットだと窮屈でコーデの幅がなくなるので、中にボタンダウンのシャツが着れるくらいのフィット感のあるニットが良いようです。

 

“コーデの基本は、3アイテム、3色以内”

これらのメンズコーデを見てみると、ベーシックなアイテムでオシャレを楽しんでいることが分かります。オシャレ=特別な服ではなく、手持ちのものや、ベーシックなものの組み合わせでオシャレに仕上げています。そこで、オシャレ初心者のパパがこれから揃えるおススメのアイテムをご紹介します。

①白スニーカー
②白Tシャツ
③スリムデニム

全て、これまで見てきたアイテムですね。
この三つに、ニット・トレーナー・シャツ・アウターを組み合わせます。
その際に注意したいのは、色を、3色以内に抑えることです。すっきりと都会的な印象になります。
また、初心者パパは、最初は好みのコーデをそっくりそのままコピーする方が成功するようです。何か一つでも違うと、写真と何か違う…というのはよくある話…。そもそもオシャレにあまり興味がない(かもしれない)パパをコーデするので「イメージと違うぞもうやめた。」とならないためにも、完コピを目指しましょう。似合うことがわかればパパも納得してくれる可能性がアップします。

 

“小物使いでこなれ感を”

ニット、キャップ、メガネ、サングラス、マフラーは、取り入れたいオシャレアイテムです。

●ニット

中でも、お仕事を頑張るパパのヘアスタイルはそうそうオシャレに「ニュアンス出す」などできることも少ないので、ニット帽は重宝します。寝起きの髪もニットをかぶればオシャレに早変わり。ただし、かぶり慣れる必要があるので、場数を踏みましょう。

<ビギナーパパにおすすめのニット帽>
・形は浅め
・色はグレー、ネイビー、ブラック等の服に合わせやすいベーシックカラー
・洗濯回数が多そうな場合は、洗いやすい綿素材がおススメ

●マフラー

ニット帽がハードル高い場合は、マフラーからスタートするのも良いかもしれません。色味やトーンを服に合わせると洗練された印象になります。この場合は、パンツと同系色なのがポイントですね。

●メガネ、サングラス
日本人にはなかなかハードルが高いアイテムです。オシャレが楽しくなってきたら、似合うアイテムを見つけて取り入れるとコーデの幅が広がります。

 

“パパに変わってもらうには、パパに「選択権を」”

オシャレにあまり興味がないわりには、おススメするとなぜか色々と理由をつけては嫌がるパパ。嫁の押しつけがましい雰囲気にとりあえず抵抗してみたくなるパパも多いそう。そんな時は、選択肢をいくつか出して、パパに選んで貰うのが得策です。自分で選んだコーデなら、着てみてもいいかなと、思えるようです。あくまで、「旦那さんが選んだ」と思ってもらうことが大切です。また、画像などで最終的にかっこよくなるイメージを見てもらうのも一つです。パンツだけなどの単品アイテムを見ても、ピンとこなくてテンション上がりにくいというのも失敗の要因。旦那さんにも気持ちよくカッコよくなってもらうための下準備ですね。

また、パパが乗り気じゃない時は焦らずに、タイミングを見計らって少しずつ持っていくのも一つです。例えば、こどもの参観日にあわせて「こんなカッコよかったら子どもが喜ぶ」とか「子どもとリンクコーデする」とか。子どもに「パパこれ一緒にきようよ」など言ってもらうのも一つです。もしくは、お買物の際に、タイミングを見計らって「いつもがんばってるからご褒美にかってみたら?」というのも効果的という声も。今すぐ服チェンジ!と言われてもパパも困るので、Xデーよりも前に少しずつ伝えて、パパにも納得してもらう時間をもってもらうゆとりもあると良いでしょう。

二人の子育てをしながら、仕事をしながら、週2でバレーボールをしています。色んな事に興味があるけど、アラフォーなので無理はしない。子育てサークルの代表。
このライターの他の記事へ »
110

つぎに
おすすめする記事

Recommended articles
90

30代女性向け!家の近くにあったら嬉しい施設5選

環境が違っても!30代女性の嬉しい施設
便利を身近に
自分と向き合える場所
17.10/12-Thu/生活の知恵
この記事を読む »
40

地元マルシェ|旬のものを旬の内に、食を楽しむ『地元マルシェ』をご紹介

『マルシェ』とは?
横浜で開催されるマルシェ『Yokohama Kitanaka Marché』
横浜で開催されるマルシェ『横濱・地元野菜マルシェ』
17.09/23-Sat/生活の知恵
この記事を読む »
130

今日の季節 9/7白露(はくろ)、9/7〜9/11草露白し(くさのつゆしろし)

日本には、1年を4に分けた四季があります。その変化に私たちは気づかずに生きているのかもしれません。 ほんの少し、季節の移ろいを感じてみませんか?
・・・
17.09/02-Sat/生活の知恵
この記事を読む »
140

できることからやってみよう!末端冷え性対策!

冷え性で悩む女性は約7割ととても多く、とくに身体は温まっているのに足先や手先だけが冷たい、いわゆる【末端冷え性】だとなかなか寝つけなかったり。今回は冷え性の原因や改善方法をご紹介します。
・・・
17.10/30-Mon/生活の知恵
この記事を読む »
210

今日の季節 11/2〜11/6 楓蔦黄なり(もみじつたきなり)

日本には、1年を4に分けた四季があります。その変化に私たちは気づかずに生きているのかもしれません。 ほんの少し、季節の移ろいを感じてみませんか?
・・・
17.10/27-Fri/生活の知恵
この記事を読む »
70

和に還る|畳のヘリは踏まない。大人女子のたしなみ

「一汁三菜」主菜は右上に配膳し、お漬物はノーカウント
お箸は右手で取り、左手で受けて、また持ち替える
お茶を持つ時、指は揃える
17.09/14-Thu/生活の知恵
この記事を読む »

今人気の
3つの記事

Top three popular articles