自分らしく生きるための素敵なヒント!自分らしいライフスタイルを作ろう!

17.11/18-Sat/住まい

朝から晩まで仕事に追われ、家事に追われ、目の前の課題をこなすことに毎日が過ぎていき、ふと自分らしさって何だろう、と考えてしまう瞬間、誰にでもあるのでしょう。やることはやらなければならない、でも毎日流されるだけのような自分も嫌。でも、自分らしいライフスタイルってどうやって探せばいいのでしょう。

 

 

短くてもこだわりの時間を

忙しい毎日の中、10分でもいいので、何かこだわりの時間を。毎朝こだわりのコーヒーを入れて飲む、どんなに疲れていようともここだけは毎日綺麗に掃除する、絶対筋トレだけは欠かさない、毎晩日記を描いてから寝る、様々な習慣を実行されている方も多いでしょう。何かにこだわりを持つということは、自分らしさを確認できるもの。本当に些細なことでも、その人の価値観や大切にしているものが表れますよね。自分にとって大切だなあ、と思うことに使う時間は短くても必ず一日に一度は持つ、その継続の意思と実行力って、自分のスタイルを持つ、ということにはとても必要なことではないでしょうか。自分らしいライフスタイルは一朝一夕ではできないもの。でも、そんなに大袈裟なことでもなく、小さいことからはじめていけることですね。

 

違うことを恐れない

今日は何を着よう、あの人とは何を話そう、こんなことしたら変に思われるかしら。常に人の意見、反応というのはどうしても気になってしまうもの。一番無難な対処の方法は、みんなと同じでいること、ですよね。確かにこれは楽な方法。でも、その流行の服、本当に着たいものでしょうか。何か言いたいこといつも我慢してないでしょうか。自分らしさを持つことは、自分に正直になって、本当は何をしたいのか、考えてみること。もちろん、全て自分の好きなように我を通していたら、それはわがままとなってしまいますが、みんなと違うから、という理由だけで諦めていることがあったら、それはもったいない。きっとそこにあなたらしいライフスタイルのヒントがあるのでは?ちょっとみんなとは違うけど、どうしてもやりたいこと。それを貫くのが自分らしいライフスタイルへの第一歩です。

 

 

ポジティブな言葉

疲れてくると、どうしても人の嫌なところが目についてしまうもの。世の中の嫌なところばっかり見えてきてしまうもの。でも、そのネガティブな一言、口に出すのちょっと待って!人って不思議なもので、口に出ししてまうと、その思いも強くなってしまいます。ネガティブな言葉を発する人に漂うネガティブオーラは、本当は素敵な自分らしさを覆い隠してしまっていませんか。逆に、忙しくても、いつも誰かを褒めていたり、「今日も空の青がぬけるように綺麗ね」などと、小さなことにも喜びを見出してポジティブな言葉を発する人は、凛とした清々しい生き方を感じさせてくれます。人でも物でも自然でも、常に素敵な魅力を見つけて言葉にする、素敵なライフスタイルのエッセンスではないでしょうか。

 

 

前向きで、自分に正直に

自分らしく生きるための、ライフスタイル。まずは自分らしさを知ることが第一歩ですが、自分らしさを知るって、一番難しいかもしれません。知らないうちに、周りが自分に対して持っているイメージが自分の中でも自分らしさになってしまっていることって、結構多いのではないでしょうか。家庭で仕事場で、期待される「自分らしさ」ってあると思いますが、一番大切なのは、自分の正直な気持ちに向き合っていくこと。そして自分らしいライフスタイルを送っている人には、「これは無理」と思わずに「できるかも」という前向きな気持ちが溢れているような気がします。

建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働き、結婚・出産などのライフイベントを会社員時代に経験。働く時間があっという間に過ぎるように感じ、現在は「働き方改革」を実施中。
このライターの他の記事へ »
120

アクセスランキング