衣替えのコツ、衣類の収納方法教えます!

17.12/02-Sat/アイテム

いよいよ冬本番!冬支度はお済みですか?まだ取り掛かっていない人や、色んな季節の服が入り混じってる人も居るかと思います。夏服をなおして、冬服を引っ張り出してって衣替えって結構面倒な作業ですよね。よし!やるか。と意気込まないとなかなか。今回は、そんな衣替えについてのお話です。

 

いるモノといらないモノ

衣替えをするとき、一緒にしたいのが断捨離。自分を含め断捨離が苦手な女性は多いかと思います。ですが捨てなければ、増える一方ですよね!来年、着るかな?と思うものや今年一回も袖を通していないというものは思い切って捨てちゃいましょう!状態が綺麗なものだとなかなか捨てにくいですが、そんな時はリサイクルショップに持ち込めばOKフリマアプリとかもあるので上手く活用していきたいですね。服を選別するにあたって、おすすめの仕分け方として『もしかしたら着る服』は一応とっておいて、期限を設けると良いです。その期限が過ぎれば、潔く捨てる。または譲る。

一枚服を買ったら一枚捨てるというスタンスの強者もいます。

必要以上にもたない暮らしが、衣替えを簡単にする近道ですね。

 

収納方法を見直す

春夏服、秋冬服をキャスター付きのケースに分けていれば、ケースごと入れ替えればいいだけなので衣替えはぐんと楽になります。これを機に、もともとの収納方法を見直してみてはいかがでしょうか?またシーズン服は、すぐに着られるようにハンガーにかけておくのも手です。

シーズンオフの服だけタンスにしまうなどすればお出かけ前に、慌てることもなくなりますね。取り込んで、畳む手間なくそのままかけるだけで済むのも時短になって良いですよね。

 

しまい洗いする

少し面倒くさいですが、服を劣化させないためには、この「しまい洗い」がとても大事になってきます。約半年~一年後、着る時に洗濯すればいいんじゃない?と思うかもしれませんが、しまい洗いをすることで状態の良いまま保管できます。

見た目は綺麗でも、目に見えない皮脂汚れがたくさんついている場合があります。そのまましまっておくと黄ばみやニオイの原因になってしまうので注意が必要です。天気の良い日を狙い一気に洗濯するか、毎日少しづつまたはコインランドリーに持ち込むと多少お金はかかりますが楽にはなりますね。

ラベリングする

ある程度、衣替えが完了したらラベリングをしてみましょう。見た目がお洒落になりますし、「あれ、どこになおしたっけ?」が多い人や決まったところになおすという意識付けにもなるのでおすすめです。ラベルは100均でも揃えることが出来ますし、自分で手作りしてみても良いですね。

簡単にマスキングテープに書くだけでも立派なラベルになります。

@shippo_daysがシェアした投稿

イラストがあると分かりやすいですね。

 

“まとめ

いかがでしたか?

そもそも服をたくさん持たないようにして衣替えしなくて済むようにしているという方がいます。ワンシーズンで、同じ服を着る回数はじつはとっても少ないんです。よく着ていると思っている服でも、回数を数えてみれば1ヶ月で10回も着ていなかったりします。もちろん服の枚数が多ければ多いほど、出番はもっと少なくなっていきます。一度、自分のワードローブを見直すと良いかもしれません。

建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働き、結婚・出産などのライフイベントを会社員時代に経験。働く時間があっという間に過ぎるように感じ、現在は「働き方改革」を実施中。
このライターの他の記事へ »
120

アクセスランキング