アメリカ発祥のベビーシャワーってみなさんご存知ですか??

17.12/05-Tue/住まい

“ベビーシャワー”

新しい命の誕生を前に妊婦さんを主役にお祝いをするベビーシャワーをご存知ですか?
アメリカ発祥で元々は女性だけで行なっていたパーティ。日本でも広がり、現在はパートナーや家族、仲の良い友人達などとみんなでワイワイするイメージですね。
本人が企画したり、周りがサプライズしてくれたり。母親になる前に、ひとりの女性として思いっきり楽しめる時間を。
そんなベビーシャワーをする時のアイデアをご紹介します。

 

“小道具は100均で揃える”

一般的に自宅や友人宅で行うことが多いと思います。なので100均の紙皿や紙コップを使用すれば洗いものが少なくて済み、後片付けも楽になります。可愛い紙皿などが売られているのでチェックしてみてください。また、可愛いデザインのペーパーナプキンを使うのもおすすめです!
ベビーシャワーをするにあたってテーマカラーを決めると飾りにまとまりがあって良いですね。楽しい気分になるようなポップなカラーがおすすめ。
折り紙や画用紙などを使ってカラフルなガーランドを作ってみたり。ふうせんをたくさん膨らませて部屋に散りばめるのも良いですね。
また写真を撮るときに使えるフォトプロップスを作成するととっても可愛いかも!

おむつケーキも飾りの一部に。
ベビーシャワーが終わった後はそのままプレゼントとして渡せます。

またベビーシャワーに招待するなら、結婚式のような座席カードを準備するとパーティ感があり素敵かもしれません。一言メモを書くとより思い出に残りますね。

 

 

“料理は持ち寄りやデリバリーで”

Akikoさん(@ako.dora8888)がシェアした投稿

手作り料理も良いですが、それなら人数もいることですし持ち寄りしてみてはいかがでしょうか?
みんなで分担してメイン・サイドメニュー・デザート・ドリンク係もいると良いかもしれません。
またピザなどをデリバリーするのもアリです。
赤ちゃんモチーフのクッキーがとても可愛いですね。

主役に合わせてノンアルコールで乾杯するのがおすすめ。

 

“ドレスコードを決める”

みんなでドレスコードを決めるのも良いですよね。ドレスコードと言ってもきっちりしたものではなく、『みんな◯色で〜、アニメのワン◯ースで…』というようなもの。
そして主役である妊婦さんは、みんなと少し違った服装をしたり花かんむりを用意したりしておくと主役感が際立ち、より良いと思います。

 

“まとめ”

妊娠後期に行うことが多いベビーシャワー。初めての妊娠なら、これから挑む出産に楽しみもあるけれど少なからず不安を抱えている妊婦さんも居ると思います。
ベビーシャワーをすることで、一時的でも不安を忘れられると良いですよね。
また妊婦さんの体調を第一に2〜3時間を目安にしましょう!
妊婦さんや周りの人たちにとって思い出に残るような楽しい日にしたいですね。

建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働き、結婚・出産などのライフイベントを会社員時代に経験。働く時間があっという間に過ぎるように感じ、現在は「働き方改革」を実施中。
このライターの他の記事へ »
140

アクセスランキング