近畿エリアの子どもと一緒に遊んで学べる屋内施設3選!

18.01/10-Wed/生活の知恵

こどもと一緒に遊ぶのに、屋外だと暑い夏や寒い冬、急な雨などを心配しなくてはならない日は、いろいろと気をつかうので屋内だと安心です。遊ぶついでに学べるとよりいいと考えている方のために、近畿エリアを中心に屋根付き施設を紹介します。

 

“京都で遊んで学べる屋内施設”

mirukushuさん(@mirukushu)がシェアした投稿

京都市内にある京都水族館の目玉はなんといってもイルカのショーです。イルカの習性を活かした音を使ったショーは参加型になっているので、こどもと一緒に楽しめます。それほど大きな施設ではないので、海の生き物を間近に見ることができるのも特徴の一つです。電車に興味があるこどもには、同じく京都市内にある京都鉄道博物館もおすすめです。本物の電車が展示してあり、鉄道の歴史や文化が学べます。また、お仕事体験ができるようになっており、日替わりで内容が変わるので飽きることがありません。その他では、京都市青少年科学センターで科学や動物の生態、恐竜のことについて学べる施設があります。プラネタリウムもあって、展示だけでなく体験しながら学べます。

 

”大阪で遊んで学べる施設”

大阪でこども一緒に遊んで学べる屋根付き施設と言ったらキッズプラザ大阪が有名でしょう。コンピューターを使ってアプリケーションの使い方を学んだり、ものづくりを実際にすることができ、表現力と創造力を伸ばせます。それ以外でも、読書をするスペースがあったり、料理を作ったりもできます。世界の文化に触れることができるコーナーがあったり、科学を体験できたりと、ここだけでは紹介しきれないほど盛りだくさんの施設です。大阪らしい遊んで学べる施設では、大阪わくわくアカデミーがあります。笑いと共に大阪の歴史や文化が学べたり、ものづくりの体験することができます。また、食品サンプル作りを体験できるめずらしい施設、食品サンプル専門店デザインポケットも親子で楽しめます。

 

”それ以外の近畿エリアの遊んで学べる施設”

滋賀県の高島市にある、高島びれっじ染とキャンドル体験工房では、オリジナルのキャンドルづくりが体験できます。また、バーバリウムといって花を使っためずらしいインテリアも作ることができます。どちらもプロの方が指導してくれるので、本格的なものづくりを体験することが可能となっています。兵庫県の神戸市にある神戸どうぶつ王国では屋内施設があり、全天候型となっているのでどんな季節、どんな天気でも安心して出かけることができます。たくさんの動物たちとのふれあい体験はこどもにも大人にも好評です。和歌山県西牟婁郡にある白浜エネルギーランドでは体験型のコーナーが数多くあり、トリックアートや映像体験だけでなく、自然エネルギーの活用や、エコロジーなどエネルギーについて学べます。

 

”学ぶことを親子で楽しく体験できる”

こどもは遊ぶのが仕事と言われているくらい遊ぶことが大好きです。そして好奇心も旺盛なので、それを利用して遊びながら楽しく学んでほしいと思います。昔と違ってこどもが遊んで学べる施設のレベルが高いことに驚きます。こどもと一緒に大人も学ぶことで、親子の絆が深まるだけでなく、一緒に成長していけるところも良いですね。

 

 

 

120

つぎに
おすすめする記事

Recommended articles
120

ポニー乗馬やゴーカート、子供が楽しい非日常に出かけよう

都内で子供と乗馬体験ができるスポットをご紹介!
18.01/15-Mon/生活の知恵
この記事を読む »
80

今更聞けない、ニトリとIKEA、どっちがいいの?

店舗からみる
17.10/13-Fri/生活の知恵
この記事を読む »
180

今日の季節 11/17〜11/21 金箋香し(きんせんこうばし)

この季節の養生 - シナモンが悪寒に効く?!-
17.11/03-Fri/生活の知恵
この記事を読む »
260

今日の季節 寒蟬鳴く(ひぐらしなく)8/12~8/16

日本には、1年を4に分けた四季があります。その変化に私たちは気づかずに生きているのかもしれません。 ほんの少し、季節の移ろいを感じてみませんか?
17.07/27-Thu/生活の知恵
この記事を読む »
120

子どもと作る!簡単ハンドメイドにチャレンジ!

入園や入学を控えている子どもたちに少しでも楽しく過ごしてもらうために!新しい環境になる前に、子どもと一緒に楽しく過ごそう!
17.12/07-Thu/生活の知恵
この記事を読む »
110

今日の季節 12/17〜12/21 鱖魚群がる(さけむらがる)

日本には、1年を4に分けた四季があります。 さらに24に分けた二十四節気があり、さらに72に分けた七十二候があります。ほぼ5日周期で季節は移ろいでいるのです。
17.11/25-Sat/生活の知恵
この記事を読む »

今人気の
3つの記事

Top three popular articles




fully.style