大人だから着こなせる、無印良品のファッションコーデをご紹介。

18.10/05-Fri/住まい

突然ですが、無印良品は好きですか?

服以外にも食料品や化粧品、家具や雑貨まで揃う無印良品。楽しくて、つい足を運んでしまいますよね。素材にこだわっているので着心地の良い服が多い無印良品。同じ商品でもカラーバリエーションが豊かなので、自分らしいものを見つけられると思います。

今回は、無印良品の冬コーデをご紹介します。

 

冬もあったか!ヤクウールニット


寒い冬でもおしゃれに過ごす必須アイテム、それは「ニット」。無印のヤクウールニットは軽くてあたたかく、特に厚着になりがちな冬のコーデもこれでバッチリ!

ヤクウールの素材は、標高3000メートルの寒さの厳しい岩場に生息する動物「ヤク」ですので、そもそものヤクの毛が寒さに強い性質があります。
防水性が高く、弾力性が強いのにしなやかで光沢があるのもヤクウールの特徴。さらに弾力性から、シワになりにくいという点も見逃せない。シルエットもきっちり着ても、ユルっと着てもOK。どんなボトムにも好相性です。

 

冬はやっぱりニット!だけどチクチク感が気になるという方にはこれ!

この季節の定番とも言えるニット。

先ほどご紹介したヤクウールニットもそうですが、たくさん持っているに越したことはありません。とくに首まですぽっと隠れるタートルネックはファッションとしても可愛いく、暖かくて防寒にもなるので重宝します。

しかし着たときのチクチクが気になるという人も。無印良品のタートルネックは首もとがチクチクしないように工夫されているのです。

また洗えるタートルネックなので、お手入れが簡単。縮む心配がありません。ニットは毛玉や洗濯による縮みでワンシーズンしか着ないという人も多いですが、せっかくですから長く大切に着たいですよね。

 

コーデュロイ生地パンツ

まだまだ人気の衰えないコーデュロイパンツは今季も大活躍。

無印のコーデュロイ生地のパンツはコットン素材であたたかみがあります。裾にタックがあり、着痩せ効果も◎

何にでも合わせることが出来るので、トップスを選びません。なかなか上手くコーディネートするのが苦手という方にもチャレンジしてほしいパンツです。ワイドパンツもお洒落で可愛いですよね。定番デニムワイドパンツも素敵ですがコーデュロイ生地のワイドパンツが秋冬にぴったり。普段は無難なカラーを選んでしまう方は、あえていつもとは違うカラーを選んでみては?意外と合う!と発見できるかもしれません。

【コーデュロイパンツを使ったファションコーデ】

Junkoさん(@oknuj1273)がシェアした投稿

こちら、白のコーデュロイパンツに、コーデュロイのロングシャツ、インナーにボーダーTシャツを合わせた大人カジュアルコーデです。ロングシャツで全体的にぬけ感を出して、ボーダーTシャツで大人カジュアルに!

決めすぎない、大人カジュアルなのでスニーカーと合わせても◎

 

てらさん(@terawear)がシェアした投稿

ボーダーに合わせるととても可愛いですね。無印良品のボーダートップスは、種類が豊富。厚手のものから薄手のものまで揃っているので何枚でも持ちたくなります。色違いで持っている人も多いですよね。流行り廃りがないところもgood

 

“人気のトレンチコート×パーカーの着合わせコーデ”

pin

トレンチコートにグレーのパーカーをインしたレイヤードスタイル。クラシックアウターの王道ともいえるロング丈のベージュトレンチをゆるいムードを放つパーカーで着崩し、抜け感をアレンジ!深みのある赤のローヒールがコーデのアクセントになっています。

【王道のトレンチコート×ボーダー】

pin

トレンチコートに無印のボーダー、デニムで合わせた王道コーデ。カジュアルなデニムやスニーカーもベージュを合わせることで大人っぽい着こなしに。ベージュは肌にもなじみ、他のカラーとの相性もいい定番カラー。今回はシックで大人女子のシックで上品だけ、スニーカーで抜け感も演出。オトナ女子ならではの春の定番コーデ。

使い勝手の良いアトリエコート

ついに冬本番!!、室内は暖房が効いててあったかいですが、場所によっては室内で肌寒いと感じることもしばしば。そんな時一枚持っていたら便利なアトリエコート。

肌寒く感じたらサッと羽織ることが出来ます。ユニセックスで着られるデザインなので、夫婦共同で着たり、リンクコーデをしても良いですよね。袖口が長めに作られているので、何回か折るとお洒落に着こなすことが出来ます。パンツスタイルはもちろん、スカートやワンピースにも合います。

・まとめ

いかがでしたか?

身近にある無印良品ですが、人気なだけに他人とのかぶりが気になる方もいらっしゃると思います。

今回はシンプルにまとめてみましたが、組み合わせ次第でコーディネートの幅はどんどん広がると思います。

最初はお洒落な人の真似から始めてみて、自分に合うジャンルやコーディネートを知り、ファッションを思いっきり楽しみたいですね。


700
建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働き、結婚・出産などのライフイベントを会社員時代に経験。働く時間があっという間に過ぎるように感じ、現在は「働き方改革」を実施中。
このライターの他の記事へ »