『見せる収納』いろんな場所をおしゃれに収納する収納術、教えます。

18.04/11-Wed/アイテム

こんにちは。『見せる収納』って聞いたことありませんか?「収納なのに『見せる』ってどうゆうことよ?」「部屋を片付ける際、なんでもかんでもしまい込んだほうがきれいになるでしょ!」というそこのあなた!

ぜひ私がおすすめする見せる収納アイデアであなたのお部屋をステキなお部屋にしてみませんか?今回はリビングやキッチンといった部屋ごとに収納法をまとめてみました。

 

シロクマ manchikanさん(@mikuntama)がシェアした投稿

ランドリー( 脱衣所)はあまり収納スペースがないので物があふれてしまうことの方が多いですよね。そこで壁に手作りの棚などを作ってみてはいかがですか。使用頻度の高いタオルなどはきれいにたたんでその棚にそのまま置くだけでいいんです。タオルは色合いを同じものにしましょう。

そしてどうしても生活感が出てしまう洗濯洗剤など・・。これは同じ種類のボトルに詰め替えるといいですね。ボトルをそろえるのが面倒だなという方はボトルの容器のラベルをはがしてみてください。それだけで雰囲気が変わりますよ。

asamiさん(@asamiiimasa)がシェアした投稿

 鏡をの反射を使ったおしゃれ収納。外の風景を部屋に取り入れる技法【借景】と同じ見せ方で、単調になりがちな脱衣所を鏡を使って収納もおしゃれに見せてますね。



“お風呂の収納

りんこさん(@rinko5511)がシェアした投稿

お風呂はとっても湿度が高いのであまりものを置かないようにしましょう。「厳選されたものを決められた位置にしまう」ということが大事です。お風呂で毎日使うものといえば、シャンプーにボディーソープや石鹸、洗顔フォームくらいでしょうか。まず、シャンプーなどのボトルは購入したままのボトルで使用せず、ぜひシンプルなボトルに詰め替えてみてください。

みなさんお風呂の壁って磁石が付くのご存知ですか。驚きですよね。そこで磁石タイプのフックに引っ掛ける収納もおすすめです。洗顔チューブなどはおしりの部分をワイヤークリップなどではさみこの磁石クリップにかけるだけでいいんです。S字フックなどはフックをかける場所がないと使えませんが、この磁石タイプのフックであれば自分の好きな位置に置くことができます。

 


ステンレスボトルハンギングフック を使用した、すっきり収納。特にシャンプーやボディーソープのボトルを床に置くと、お風呂場のカビやぬめりの原因になってしまいます。吊るすことでカビやぬめりの防止のおすすめの収納。「吊るす」ことで、おしゃれで清潔感もある魅せ収納へチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、吸盤付きのバーとフックなどを使っても、ボトルもチューブも吊るせるんです。

 

リビングの収納

 一日の大半を過ごすリビングにはさまざまな物があふれていますね。リモコンやメガネなどがテーブルなどに雑然と置かれているような部屋では生活感が丸出しです。バスケットやかごなどにまとめましょう。おしゃれなオープン棚などもおすすめです。コツはなんでも詰め込みすぎないこと。スペースがあるからとぎゅうぎゅうに詰め込んでは見た目もいまいちですね。少し空いたスペースに小さな観葉植物などを置いてみるのもいいですね。

バスケットやかごなどはテイストを統一しましょう。ばらばらだとごちゃついて見えてしまいます。

余談ですが、私は若いころはアジアンテイストが好きだったのですが、今は温かみのある北欧チックなもので統一しています。季節などによって雰囲気を変えてみるのもいいかもしれませんね。

 

キッチンの収納

キッチンにはいろんな家電があります。冷蔵庫やレンジやポット、ジャーなど。色味を統一すればまとまり感が出ます。おたまなどの調理器具はぜひおしゃれな蓋付きのかごなどに入れてみましょう。調味料などは容器を統一すると見た目もすっきりしていいですね。100円ショップのキッチンコーナーなどでかわいい調味料入れが売られていますのでぜひチェックしてみてください。かわいいお鍋やケトルがあればキッチンの棚に飾るのもいいですね。

おしゃれなキッチンだとお料理も楽しくなること間違いなしです。

 

Hiroko.Sさん(@corotan1001)がシェアした投稿

普段隠しがちな食器収納の扉を外して見せることで、カフェ風な雰囲気が漂う空間に。普段使っているアイテムを並べているだけなのに、どこかおしゃれで生活感をあまり感じさせないのがポイント。キッチンこそ見せる収納が活きるスペースなのかもしれないですね。

 

玄関の収納

 玄関は来客したすべての人が目にする場所ですね。傘や靴、鍵、コートや帽子などをおしゃれに収納しましょう。壁にフックなどを取り付けて鍵やスカーフ、帽子などをぶら下げてもいいですね。

ここで驚きのアイデアですが、木でできた少し年代を感じるようなはしごを壁に立て掛け傘をひっかけたりハンガーでコートをかけたりするのも味があっておすすめです。

脱いだままになりがちなスリッパなどは玄関の隅におしゃれな収納ケースを置いておけばさっと出し入れすることができます。片付けが苦手という人も多いと思うのですが、さっと片付けることができるようにするのが大前提です。

 

こちらは、シューズボックスを設けず、オープンな棚を作ることで、靴もインテリアの一部にしてしまう見せ方です。隠したほうがいいもの、見せた方が良いもの、物によっても、見え方によってもおしゃれに見せる、そんな収納が魅せる収納です。

おしゃれなケースなどに『しまって見せる』そして『見せながらしまう』どちらもうまく使いこなせれば、片づけも楽しくなりステキなお部屋になること間違いなしです。

建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働き、結婚・出産などのライフイベントを会社員時代に経験。働く時間があっという間に過ぎるように感じ、現在は「働き方改革」を実施中。
このライターの他の記事へ »
130

アクセスランキング