日用品のストック収納におすすめ!洗剤とストックの収納術!!

18.09/02-Sun/DIY

毎日使う洗剤やそのストックを大量に購入し、一定期間保管しておく場合はいくつかのポイントやスッキリ見せるコツがあります。これを知っておけば、部屋の印象が良くなることに加え、より多くのストックを整理整頓することが可能です。今回はそんなオススメ方法を紹介するので参考にしてみてください。

 

”洗剤やストックを見えない場所に保管するメリット”

洗剤や各日用品のストックを保管する場合、普段の日常生活で視界に入らないよう工夫して保管する方法があります。洗剤の容器はデザインがバラバラで、そのまま保管した際、どうしても煩雑な印象になってしまうのが難点です。今回紹介する方法は、この問題をスッキリ解決することができます。まずポイントとなるのは、引き出しや収納スペースなど、見た目でどこにあるのかわからない場所に保管することです。いわば、「隠して収納」することで、普段は何もないように感じ、必要な時だけ取り出せる便利な状態になります。ただしこの際も、適当に収納するわけではありません。何も考えずに保管すると、後々取り出す時際、思わぬ問題に直面することがあります。できるだけ多く、綺麗に収納できるのかがとても重要になるのです。

 

”ボックスを利用してコンパクトに収納しよう”

rkさん(@rk.07.07)がシェアした投稿

保管場所に収納する際、問題となるのは煩雑さと機能性です。例えば、引き出し型収納スペースに収まりきった場合でも、何がどこにあるのか判断できなければ意味がありません。ポイントは、すぐに取り出せるように対策することです。
しかし、洗剤にも種類やジャンルがあり、キッチン用洗剤やトイレ専用の洗剤など、その数はどうしても増えてしまいます。そこで役に立つのがカラーボックスです。
カラーボックスはとてもリーズなブルに購入でき、見た目のデザイン性が高い商品が数多くあります。このボックスを複数用意し、ジャンルごとに分けて収納すると効果的です。キッチンはイエローボックス、トイレ用洗剤はオレンジボックスなど、一目ですぐに判断することができます。

 

chinatsuさん(@chi_na_thu)がシェアした投稿

例えば、無印良品のPPファイルボックスは特に人気が高い収納グッズです。横幅はスタンダードとワイドの2種類を販売しており、どちらも日用品の収納に重宝します。シャンプーや洗剤などのボトル類はスタンダードサイズに収まるので、PPファイルボックスは立てることができる日用品収納に向いています。さらに棚にPPファイルボックスを並べて置くことで、ファイルボックスを簡単に引き出すことができます。中が透けて見えないホワイトグレーを選ぶと、よりスッキリとした印象にまとまります。

”おしゃれな詰め替え容器でスッキリと整理整頓”

そして、洗剤やストックの容器自体を工夫する方法も効果的です。洗剤やシャンプーなどの日用品は、メーカーや商品によって容器の形状が異なります。したがって、うまく整理して積み重ねることが困難なケースも多くなるのです。
このような場合、四角形のスケルトン容器や筒状の容器に詰め替えれば、うまく積み重ねて収納することができます。また、この容器も雑貨店やセレクトショップで販売されているので、簡単に手に入れることが可能です。デザインも豊富でポップなデザインや高級感のあるモダンな容器もあります。
カラーボックスでジャンル分けを明確化し、詰め替え容器で無駄なスペースを発生させることなく収納すれば、より多くのストックを効率的に保管することができます。

 

”収納は見た目と機能性の両立が必要”

以上のように、日頃使っている洗剤や予備のシャンプーは、少しの工夫でとても効果的に保管することができます。
煩雑な印象を取り払い、オシャレで生活感を感じさせない部屋に様変わりできる画期的な方法です。北欧デザインが好みの方やシンプルな空間が好みの方には、特に効果があります。さらに見た目の変化だけでなく、機能面でも向上する方法なので、片付けるのが苦手な方にもぴったりです。とても簡単な方法なので、ぜひ実践してみることをオススメします。


130