東北・北海道エリアのパパがいない休日、ママと子供で出かけられるお勧めスポット!

18.01/18-Thu/お出かけ

幼児にとって、パパは体育系の存在。休日は、パパと一緒に公園や広場で、どろんこになって駆け回り汗をいっぱいかきたいものです。そんなパパがいない休日は、家の中の部屋もなんだか広く感じて寂しいもの。そんな寂しい1日を、ママと一緒に楽しめるお勧めスポットを紹介します。

 

”雨の日に最適なお勧めスポット”

朝起きて、窓のカーテンに手をやると外は雨。それだけで、子どもは憂鬱になるものです。休日ならなおさらです。北海道で、ママと子どもと二人でお出かけするお勧めスポットは、「ファンタジーキッズリゾート新さっぽろ」です。ここは、日本最大級の全天候型屋内遊園地で、広い室内に、ママと一緒に遊ぶことができるフワフワ遊具やドレス衣装で写真撮影ができるファッションフォトスタジオ、ミニキッズ広場など、親子で一緒に楽しめる場所です。新さっぽろ駅から徒歩で3分という立地条件も抜群です。新潟県で雨の日も遊べるお勧めスポットは、「道の駅新潟ふるさと村」です。新潟市西区の国道8号線沿いにある道の駅で、敷地内には新潟県の魅力伝える200インチの大型スクリーンが設置してあり圧巻です。

 

”ちょっと知的な観光スポット”

♡aki♡さん(@aki0421m)がシェアした投稿

子どもと二人で休日にお出かけでき、ちょっと知的な気分を味わえる北海道のお勧めスポットと言えば、「北海道オホーツク流氷科学センターGIZA」です。ここでは、オホーツク海や流氷の発生するしくみを体験できるほか、知床の妖精・クリオネの数が日本一の水槽、マイナス20度の世界が体験できる厳寒体験室があります。また、オールシーズンで本物の流氷に触れたり、アイスシャボン玉の実験ができたりと、北海道ならではの体験ができる施設です。新潟の知的スポットと言えば、「新潟市新津鉄道資料館」です。新津地域の鉄道の歴史を学べるほか、新幹線や蒸気機関車などの実物車両の展示やミニSLの乗車、機器操作を体験できるコーナーなどもあり、鉄道が好きな子供たちにとっては、たまらない資料館です。

 

”定番の動植物園”

kayo★さん(@kayo_0124)がシェアした投稿

休日に子どもと二人でお出かけする定番のスポットと言えば、「動物園」です。JR新千歳空港駅から札幌駅に向かい、そこから乗り換えて旭川駅に行くと「旭川市旭山動物園」があります。この動物園の特徴は、何といっても動物たちが自然に暮らす様子が観察できる「行動展示」です。北海道ならではのシロクマ、ペンギンなど約150種類、750点の生物たちが共同で暮らしています。中には見る機会が非常に珍しくなったオオカミも見ることができます。新潟の動物園と言えば、新潟市中央区にある「動物ふれあいセンター」です。ここでは、アルパカ、カピバラ、ヒツジ、ポニーなどにエサやりや乳しぼり、乗馬など動物とふれあうことができる体験型の動物園で、親子で楽しめること間違いなしです。

 

”子どもにパパ的存在を与えることで寂しさ解消”

パパがいない休日に子どもと二人とお出かけできる北海道、新潟のお勧めスポットを紹介しました。パパとママと子どもと三人で手をつなぎ、ピクニックに行ったり公園で遊ぶことは、子どもにとって楽しいものです。でも、パパは働き盛り。どうしてもパパと遊ぶことができなければ、パパと同じように遊んでくれる、楽しさを感じさせることができる遊具や動物、展示物といった「相手」を探すことで、子どもの寂しさは解消されます。


120