アウトドアに便利!キャリーカートで楽々。

18.03/02-Fri/住まい

寒い冬も後2〜3ヶ月すれば春の陽気を感じるようになります。暖かくなると、どこかへお出かけしたくなりますよね!普段インドア派な方も、たまにはアウトドアしてみてはいかがでしょうか。キャンプやピクニック、夏になれば海水浴!これからの季節楽しいことが盛りだくさんです。

しかし楽しい反面、荷物が多く持ち運びがストレスに感じることはありませんか?重いし疲れるし肩は痛いし…。そんな不満を解消してくれる”キャリーカート”をご紹介!一家に一台あればとても便利で、運動会や花見、ピクニックなどで大活躍すること間違いなしのキャリーカート。購入するときのチェックポイントをまとめてみました。

 

“デザインをチェック!収納時は?”

sakiさん(@sacco.mi_ne)がシェアした投稿

 農作業で使うような木材で作られたリヤカーみたいなものではなく、キャリーカートはおしゃれなデザインばかり。布生地のものが多く、木材でできたものと比べ軽いのが魅力です。骨組みも鉄製なので、木材のように腐る心配もなく長く愛用することができます。

手前で引っ張るタイプと手押しタイプがありますが、最近の人気傾向は引っ張るタイプのようです。色んなカラーがあるので、お好みで選べるのも嬉しいですね。

@hawakaiiiiiがシェアした投稿

 もしキャリーカートがなければかなりの大荷物。とても一度では運びきれませんよね。

 急な雨でも安心な屋根付きのものまで。なるべく日光に当たって欲しくない食材を運ぶ時もこれなら安心ですね。また使用しない時は、どれくらいコンパクトに収納できるのか?これって結構重要なチェックポイントだと思います。キャリーカートで大人気のコールマンアウトドアワゴンはかなりコンパクトに畳むことができるのでおすすめです。

 

“タイヤは大きめを選ぼう!”


キャリーカートはタイヤが命といっても過言ではありません。スムーズに進むか進まないかを左右するのでしっかりとチェック!まず小さなタイヤでも綺麗に舗装されたコンクリートの上なら難なく進むことはできます。しかしキャリーカートを持っていきたい場所を考えると決してコンクリートばかりではないはず。

土や砂利、砂浜だと小さなタイヤは埋もれ、スムーズに進まないのが想像できますよね。それがしっかりとした大きなタイヤなら、よほど酷い道でない限り引っかかることなく進むことができます。女性の力でも楽に運ぶことができるでしょう。またタイヤにストッパーがあるものだと、より安心安全ですね。

 

“どのくらい載せられる?耐荷重をチェック!”

次にチェックしたいポイントは耐荷重です。「そこまで重いものを乗せることはないだろう」と思っていても、念のため知っておくべき事項です。

とくに車から目的地まで子どもを乗せる可能性がある方は、安全のためにもチェックしておいて下さいね。(キャリーカートによっては人が乗るのは危険としているものもアリ。)一番スタンダードなのは耐荷重100キロのものでしょうか。中には50キロのものがありますが、耐荷重は全体の強度に繋がるので、購入前にチェックしておいた方が良いでしょう。

 

“負担が少ないとフットワークが軽くなる♩”

キャンプなどの計画を立ててもなかなか実行しない人の中には、『面倒くさい』という気持ちがある人も多いはず。ひとつでも面倒を減らせば気持ちも変わってくるのではないでしょうか?いつも大荷物でお困りの方の参考になれれば幸いです!

120