オーガニックオリーブ化粧品が誕生

18.03/10-Sat/アイテム

みなさんは肌の日々のお手入れに、オーガニックのものを何か取り入れていますか?
身体に良さそうなイメージはあるが、いろいろなものがありすぎて何がいいのかわからない、本当に肌に合うのか、など使用を躊躇してしまっている方もいらっしゃるかもしれません。
今回ご紹介するのは、食用のオリーブオイル栽培も盛んな香川県小豆島で生まれた、国産有機農作物100%のオーガニックオリーブ化粧品です。国内で有機栽培にこだわりを持つ農家が作った天然のエッセンシャルオイルになります。

 
 

“誕生の背景”

 

小豆島のオリーブ生産者は、今までもオリーブオイルを使った化粧品を開発してきました。そして近年になって、海外産のオイルを使ったものではなく、絞りたてで安心・安全な国内のオイルの提供にシフトしてきています。
そしてこの度、山田オリーブ園(香川県小豆郡小豆島町西村乙1878-19 園主:山田典章)より2018年3月8日に国産オーガニックオリーブケアオイルが発売され、公式ネットショップにて購入できるようになりました。(https://organic-olive.shop-pro.jp/)

生命力溢れる小豆島産有機オリーブオイルをベースオイルに使用し、国産有機バラ・国産有機甘夏ネロリを原料にしたスキンケアオイルが国内初の商品として販売されています。

 
 

“国産オーガニックスキンケアオイルの特徴”

 
国産オーガニックスキンケアオイル

基本的な使用方法としては、顔全体になじませ、目元や口元など乾燥しやすい部分には化粧水前に使用すると、より一層しっとりとした仕上がりになります。いつもの乳液にスキンケアオイルを一滴加えるだけでも、お肌の潤いが変わります。植物性のオーガニックオイルなので小さいお子さんがいる家庭では、ベビーオイルとして使うことも可能です。
 

◇敏感なお肌にも優しい有機無農薬栽培
一般的にオリーブやバラを栽培する時には農薬を使用します。しかし、抗酸化作用があるポリフェノールやビタミンがたっぷり含まれたオーガニックオイルは生命力が溢れる植物の香りがそのままするので、香りからも癒しの効果が感じられます。ちなみに食べても安心なオイルですが、美味しくはないようなのでお勧めはできません。
 
◇人の皮脂成分と近い植物オイル
オリーブが乾燥や紫外線から、自身の生命を守るために蓄えられたオイルは人間の肌が作り出す皮脂成分にとても似ていると言われています。そのため今回発売されたオイルに使用されているオリーブオイルを肌に乗せると、すっと伸び、肌の角層にしっかり浸透してくれるので、長時間肌を守ってくれることを実感できます。
 
◇すっと伸び、さらりとした肌触りへのこだわり
発売元の山田オリーブ園では、数あるオリーブの品種の中でも浸透力が高い品種の果実のみを使用しています。また、収穫日を調整することにより、ポリフェノール類の含有量が最適な実を収穫し、収穫後は酸化を抑えるために6時間以内に搾油しています。
搾油方法も試行錯誤を重ねて、肌に使用する美容オイルとして最適な設定にすることで、これまでのオリーブオイル化粧品とは異なる、より高い浸透力を実現しています。
水分と油分のバランスを改善し、柔らかく透明感のあるしっとりとした肌を実感いただけるのではないでしょうか。

 
 

“商品概要”

 
オーガニックオリーブ

今回発売されたのは全部で3種類です。 ※全て税別

◇小豆島産オーガニックオリーブスキンケアオイル
 30ml(8,000円)/10ml(3,000円)
◇国産オーガニックオリーブ&ローズスキンケアオイル
 30ml(9,000円)/10ml(3,400円)
◇国産オーガニックオリーブ&ネロリスキンケアオイル
 30ml(9,000円)/10ml(3,400円)
◇オリーブ、オリーブ&ローズ、オリーブ&ネロリ10ml×3本セット(9,000円)

 
 

“おわりに”

 

3月に入り暖かな日が増えるなど、季節の変わり目なのでお肌の調子が気になる方も多いのではないでしょうか。この機会に、普段のスキンケアにプラスαのお手入れをしてみるのもいいかもしれませんね。ぜひネットショップにて詳細を確認してみてください。


120
愛知県在住の29歳。以前、都内某ホテルでウエディングプランナーをしていました。美味しい物を食べる事が好きです。
このライターの他の記事へ »