自分だけの空間を作り上げるのにおすすめのシェルフ

18.04/16-Mon/インテリア

毎日生活をする自宅を自分だけの魅力的な空間にするために、シェルフなどを購入してDIYを行なう人が増加傾向にあります。そこで今回は、オリジナルの部屋作りをする上でおすすめのシェルフの選び方についてご紹介します。

 

“北欧ならではのスタイリッシュなデザインが魅力のIKEA”

IKEA JAPANさん(@ikeajapan)がシェアした投稿

インテリアショップの需要が増加傾向にある中で、デザインと価格の両方とも満足できることで高い人気を誇っているのがIKEAです。数々のインテリアを扱っているこちらでは、発祥の地でもある北欧ならではのオシャレなデザインのシェルフが揃っています。IKEAの商品は自宅の環境に左右されず、自然に馴染ませることができます。部屋に背の高い家具を設置する場合、圧迫感によって部屋が狭く感じてしまうケースは少なくありません。しかし、IKEAのシンプルタイプのシェルフは上の段に行くほど奥行きが無くなるデザインになっているため、設置による圧迫感を感じないのが魅力です。スタイリッシュさを追求して作られたワゴンタイプのシェルフは普通に設置するだけでも十分ですが、自分なりにプレートなどを貼ることでよりオシャレなアイテムに変身します。リーズナブルな価格でありながら、高いデザイン力を誇るIKEAのシェルフは単品としてだけでなく、他のインテリアとの組み合わせにも対応できるのが特徴です。

 

“コスパと自由度の高さが特徴のニトリ”

シェルフの利用において重要とされるのが空間との調和です。どんなにオシャレな物を使用していても、部屋との調和が取れていないと生活をしている中で違和感を感じてしまうのは否めません。そういった中で、ニトリは空間との調和を重視して作られているのが特徴です。壁際に設置するユニットシェルフにおいても、効率の良い使い方ができるよう自由にカスタマイズできます。そのため、シンプルに一部分を使用して壁を残すやり方はもちろん、部屋を広く見せるために壁の全面を収納として使うという方法も可能です。温かみの感じられる木調の物を選択すれば、他のインテリアと組み合わせた時に違和感を感じることもありません。シェルフに限らず、ニトリの商品は自分で組立てを行うという理由からリーズナブルな値段で購入できるのが魅力です。コスパが良く、組立ての中で自分だけのオリジナルを出せるのがニトリの大きなメリットと言えます。

 

“シンプルなデザインで自由な組み合わせを楽しみたい人向けの無印商品”

MUJI無印良品さん(@muji_global)がシェアした投稿

シンプルな構造でありながらも、高級感を漂わせる商品が多いことで知られているのが無印商品です。数多くのシェルフが販売されている中で全てに共通している最大の魅力が、自分好みに作り変えることができるカスタマイズ力になります。自宅でシェルフの利用を考えている人の中には、自分なりのイメージはできていても思うように作り変えることができない人も少なくありません。その点、無印良品のシェルフは女性や初心者でも気軽に自由な組み換えをすることができるので、誰でも自分のイメージ通りの部屋作りを行うことができます。この自由な組み換えを可能にしている理由の一つが、オプションパーツの豊富さです。比較的多くの人が利用するボックスやバックパネルはもちろん、ワードローブで使用するバーやワイヤーバスケットなども販売されています。こういったオプションパーツの品揃えの豊富さによって、リビングだけでなくキッチンや書斎など場所を選ばずに使用することが可能です。部屋のサイズに合わせたピッタリの商品が見つけられる点も無印ならではの魅力になります。

 

“自分の理想の生活に合わせた選び方が大切”

今回ご紹介した3店舗のインテリアショップは、それぞれに独自の魅力や特徴を持っています。同じインテリアであっても住まいによっては不自然になってしまうこともあるので、部屋のイメージに合わせたシェルフを選ぶことが大切です。インテリアを揃える時に全てを同じブランドで統一したいと考える人も少なくありません。しかし、時には統一にこだわらずにそれぞれのブランドの魅力を活かして組み合わせるという方法もインテリアの楽しみ方の一つと言えるでしょう。

120

アクセスランキング