カラーボックスでお手軽DIY!机が簡単につくれちゃうアイディア集

18.05/06-Sun/住まい

新学期を迎え、新1年生になるお子さんがいるご家庭もあるのではないでしょうか。ランドセルや学用品をまとめるスペースは欲しいけど、転勤族で学習机を買うか悩むという声を耳にします。そんなご家庭にはカラーボックスを活用した机がピッタリです。

種類も豊富!カラーボックス

Rika.mさん(@miyachi_rk)がシェアした投稿

カラーボックスで机をDIYしようと思ったら、ホームセンターにいきましょう。いろいろな種類と大きさのカラーボックスがあります。まずは色選びからです。お子さんが好みの色をチョイスしてみてください。カラーボックスによって、棚の段数が2段のものや3段のものがあります。子供の学用品は学年があがるごとに増えていくので、3段のものを選んでおくと失敗が少ないです。カラーボックスはいろいろな高さのものがあります。カラーボックスの高さイコール机の高さとなるので、一緒に使う予定の椅子と高さを比較しながら購入すると良いです。

カラーボックスの上に載せる天板もホームセンターで購入することができます。その際は希望の長さにカットしてもらうと良いです。ホームセンターのほかには家具のニトリにもカラーボックスが店頭に並んでいます。ニトリのカラーボックスのポイントは中の棚の高さを調節できる点です。

例えば、絵の具や習字道具を収納する棚は高さが欲しいけれど、文房具をしまう棚はそんなに高さは必要ないですよね。ニトリのカラーボックスは左右に差すビスの調節によって棚板の追加もできるためオリジナルの引き出しを作ることができます。ニトリではカラーボックスをオリジナルにアレンジできる部品やケースも売っているのでチェックしてみると良いです。

種類も豊富!カラーボックス

Rika.mさん(@miyachi_rk)がシェアした投稿

カラーボックスで机をDIYするにはまず、ドライバーが必要になります。カラーボックスを組み立てる時に使用します。机の天板とカラーボックスをつなぐためには天板に穴をあけるキリやカラーボックスと天板をつなぐビスも必要です。そのほか、普段家で使用しているはさみやカッター、カラーボックスに布地を貼りたいときはタッカー(大きなホッチキスの様な道具)もあると便利かもしれません。また、電動ドライバーがあるとビスを入れ込むのに力がいらず、時間も短縮できるので便利です。これらの道具はホームセンターでそろいます。DIY初心者の人はお店の人に聞くと親切に教えてくれます。

オリジナルの机を作ろう

Karenさん(@calen.u)がシェアした投稿

まずは、カラーボックス2個と天板を使ってベーシックな机を作ってみましょう。そこでちょっと物足りなさを感じたらカラーボックスに一工夫加えて机をリメイクするのもお勧めです。例えば扉つきのデスクはいかがでしょうか。作り方は簡単です。蝶番とあらかじめカットしてお好みの色を塗ったベニヤ板をとり付けることで簡単に扉になります。お絵かき好きなお子さんには扉にブラックボードを付けてあげるとたくさんお絵かきができて喜ばれます。

もっと自分だけのオリジナルの机にしたい時は、好きな布や100円ショップに売っているフォトフレームをカラーボックスの側面に貼ることで簡単にリメイクすることができます。また、カラーボックスを4つに増やし、天板の長さを2倍のものを準備して机を作ると、2人かけが可能な長机の完成です。兄弟で一緒に並んで勉強ができる上に、兄弟別々に机を置くよりも省スペースなので子供部屋のスペースが限られているお宅などにお勧めです。

オリジナルの机で楽しくお勉強をしよう

ゆきさん(@yuuukiii0321)がシェアした投稿

子供はだれしも、お母さんやお父さんが自分のために作ってくれたものを喜ぶものです。しかも、それが自分の大好きなものがたくさん詰まった机であれば喜びもひとしおです。

子供と一緒にカラーボックスの組み立てをすることで工作好きの子に育つかもしれません。ドライバーの使い方は子供にとって良い勉強となることでしょう。簡単DIY世界で一つだけのオリジナル机作りに挑戦してみませんか?


120