“Seriaアイテムによる片付け活用術”

18.05/08-Tue/住まい

“Seriaアイテムによる片付け活用術”

Seriaの商品はただ安いというだけではなく、サイズ感やデザインが評判でインテリア好きのママ達からも支持されています。そんなSeriaの収納アイテムは子供達のおもちゃをスッキリまとめるのにも大活躍、その活用術をご紹介します。

“小さなおもちゃはプラスチックジャーで見せる収納へ”

まるさん(@maru.maru.pi)がシェアした投稿

スーパーボールやビーズ、レゴと言った小さなおもちゃはプラスチックジャーに入れる事でスッキリと簡単にまとめられます。入れ口が大きいので、出すのもしまうのも小さな子供でも簡単にできます。プラスチックでできているので、落としてしまったり乱暴に扱ったりしても壊れて怪我をする心配がありません。また透明な容器なので中を見ながら収納できると言うのもポイントの一つです。自分の作業を確認しながら片付けられるという楽しさがありますし、しまい間違える事がありません。また、一目で分かるので遊ぶ時にもすぐに選べます。

子供に片付けの楽しさを感じさせるのにも役立つアイテムですし、安全かつ効率的に収納ができます。中に入れる物のサイズや量によって、要領も選べます。一つ一つが安いので、おもちゃがいくつかあってもその分揃えられます。

この他、このプラスチックジャーはお菓子入れ等にも使えます。生活の様々な箇所で取り入れる事で、子供達もこの収納法に馴染んでいく事ができます。デザインもシンプルなので性別を問わず使いやすいですし、自分だけのアレンジも施せます。

“フレームを蓋に作り変えてオシャレなゲーム入れに”

高橋千里さん(@daisukimyhome)がシェアした投稿

木製のフレームは、取っ手を付けて同じサイズの木箱と組み合わせる事で蓋付きのゲーム入れにする事ができます。フレームと木箱は蝶番で取り付ける事で、きちんと開け閉めが出来るようになります。フレームや木箱はもちろんの事、取っ手や蝶番もSeriaで購入できるので全てリーズナブルに揃える事ができます。

また蓋はフレームになっているという事なので、フレームに分かりやすく中に入っている物の名前を書いたり、子供が描いた絵を入れておくという使い方も可能です。子供がある程度大きくなり工具が扱えるようになったら、この収納ボックスを自分で作らせるのも良い経験になります。
この収納ボックスはフレームや木箱のサイズを変えてもっと大きなサイズに変える事もできますし、木箱の半分サイズのフレームを2つ使って両開きのボックスにするという作り方もできます。またフレームと木箱の色を違えてみたりと、作る人の好みや用途に合わせて色々なデザインアレンジが施せます。

“レインボールームはクリアファイルで一つにまとめる”

レインボールームのように細々とした部品が多いおもちゃは、ファスナー付きのクリアファイルに入れて一箇所にまとめておくと便利です。もちろん全てそのままゴチャゴチャと入れてしまっては次に使う時に困るので、仕切りボックスや小さなチャック袋に仕分けをしておきましょう。そうすれば子供達も物事の分類分けという事を徐々に学んでいけます。

ファスナー付きのクリアファイルに入れておく事で、本棚等にも縦収納ができるので幅も取らず省スペースで収納ができます。また子供が部屋の中を移動したり、外に持ち出す時にも手間取らずすぐに持ち運べます。ファスナー付きのクリアファイルに入れるという収納法は、スペースだけではなく効率化も図れる収納法なのです。

この方法に馴染む事で、段々と学校生活や実生活でもこの分類法や収納法を生かしていく事もできるでしょう。

“Seriaの商品を組み合わせて賢い収納法を”

以上でご紹介した方法以外にもSeriaの商品を活用した収納法はたくさんありますし、これらの方法に組み合わせて更に楽しく収納する事もできます。フレーム付きボックスのように部品も揃っているので、一から自分の好みと用途に合わせて自由にオリジナル作品が作れます。色々な商品を見比べて、「これとこれって合うんじゃない?」と試してみるのも良いですね。

120

アクセスランキング