プチプラ収納を作って部屋をセンスアップさせるコツ

18.05/08-Tue/住まい

“プチプラ収納を作って部屋をセンスアップさせるコツ”

部屋をすっきりと綺麗に保つために収納は欠かせません。しかしただ物をしまうだけでは片付けも楽しくありませんよね。どうすれば片付けも楽しくなるのか、そのポイントの1つとなるのがお洒落な収納です。あまりお金をかけず、プチプラでできるようなセンスアップ術を紹介します。

“リビングをお洒落に演出する技”

Misuzu Gil Kanemitsuさん(@msz_vln)がシェアした投稿

片づいているリビングはすっきりしていて良いのですが、すっきりしすぎていると生活感がないような印象を与えかねません。そこでおすすめなのが壁際に造り付けのカウンターを設けることです。わざわざカウンターを購入しなくても、安くつくる方法があります。

まずは高さが同じカラーボックスを用意します。カラーボックスを間隔をあけて壁際に配置し、上に厚めの板を乗せます。するとカラーボックスをたくさん並べれば長いカウンターになりますし、2個で学習机くらいの小さなカウンターにすることもできます。カラーボックスには本を収納したり、小物類をしまったかごを入れたりして収納します。板の上には写真を置いたり、小物でディスプレイをするようにすれば、お洒落な雰囲気を演出することができます。

カラーボックスの間に椅子を置けば簡単なデスクにもなるので、ワークスペースもつくることができて一石二鳥です。

“料理が楽しみになるキッチン収納”

みほさん。さん(@mamorys_natural)がシェアした投稿

100均やホームセンターに行けばすのこが販売されています。それを組み立てて棚を作ることで、キッチンをお洒落に演出することができます。釘を打ち込んで作っても良いのですが、100均にあるグルーガンでくっつけるだけでも十分形になります。

すのこの棚に木箱や段ボールを並べ、その中に野菜を入れておくのです。あまり重いものを並べてしまうと棚が壊れてしまう恐れがあるので、重くなりすぎないように注意するか、強度を増すなどの工夫が必要です。野菜を並べることで八百屋さんやスーパーの野菜売り場のようなお洒落なインテリア収納になりますし、野菜が少なくなったことが一目で分かります。すのこは木の色のままでも良いのですが、ペイントして色を変えることもできるので、自分らしさを演出することもできます。

“清潔感がある洗面所やトイレを演出”

HIROKO KAIさん(@jeminymoon.kick)がシェアした投稿

水回りの洗面所やトイレは清潔感が大切です。そのため小物類はすっきりと収納し、消臭剤などは邪魔にならないように配置する必要があります。そこでおすすめなのが幅が狭い収納ラックです。あえて大きなものを作らないことで、隙間を無駄にしない収納をすることができます。

作り方は、100均にある小さなすのこに、ワイヤーのバスケットをかけるだけです。材料がすべて100均で揃うので、材料費が安いという魅力があります。サイズにもよりますが、バスケットを2つ置いて2段の収納を作ることができます。洗面所なら小さなタオルや洗顔料などを片付けたり、トイレならトイレットペーパーや消臭剤をしまったりするのにおすすめです。小さな収納ラックは500円程度で作ることができますし、軽いのでいろんな場所に置いて使うことができます。

“見せる収納を意識すれば片付けも楽しくなる!”

片付けをしなければと思っていても、忙しかったり疲れたりしているといつの間にか先延ばしになっているという人もいるでしょう。片づけたら散らかり、また片づけるという繰り返しは終わりがないので、私は面倒になって片付けをしなくなってしまいました。そこで見せる収納を意識するようになってから、綺麗な状態を保つこと自体が楽しくなるようになりました。

お洒落な収納はお洒落な雑貨を買うしかないと思っていました。物によっては雑貨1つ購入するだけでも数千円かかるので、とても手が出ませんでした。しかし工夫をすれば家にあるもので収納アイテムを作ることができるので、いかにプチプラでお洒落に見せるのかということが楽しみの1つにもなりました。自分らしさを自分で作り出すことができる魅力がプチプラだと思います。

120

アクセスランキング