クローゼット収納を使いやすくするアイデア3選

18.05/08-Tue/住まい

“クローゼット収納を使いやすくするアイデア3選”

@orie927がシェアした投稿

新しく建てられる家には必ずといってよいほど取り付けられているクローゼットですがその使い方は人それぞれで、十分に活用できている人は少ないようです。クローゼットは使い方次第で収納力をアップさせたり、使い勝手を良くすることができます。

“プロのコツを真似て使いやすく改善”

ankom.comさん(@ayako.anko)がシェアした投稿

クローゼットを使う時には、ただ服を入れれば良いというものではありません。服を入れる時にはアイテムごとに分けて収納するようにすると、使う時に欲しい服をすぐに取り出せるようになり、朝の時短につながります。仕分けをする時には自分自身の持っている服を見てやりやすい方法で分けていくと良いでしょう。

ハンガー収納がメインの人であれば、ハンガーにかけてある服の種類ごとに分けて、ハンガーの間に洗濯バサミを挟むなどして仕切りをつけると服の種類がすぐに分かります。ほかにはハンガーの種類を変えたり、ハンガーにマスキングテープでしるしをつける方法もあります。引き出し収納が多い人は引き出しごとにアイテムを分けてしまうようにすると、引き出しを開けただけで必要なアイテムが取り出せます。

靴下や下着類などの小物は引き出しの中でばらばらになってしまいがちなので、引き出しの中をさらに細かく仕分けると良いでしょう。この時に長続きをさせるコツは細かく仕分け過ぎないことです。あまり細かく分けると収納する時に大変になってしまい長続きしなくなるので、自分に合った方法で適度に仕分けをしましょう。

“オリジナルクローゼットで子供を大喜びさせよう”

Kagiさん(@kagi.__)がシェアした投稿

子供の服を収納しているクローゼットは子供目線に立って考えると、子供が使いやすいものにできるでしょう。子供が最も喜ぶのは自分だけの特別なクローゼットです。オリジナルクローゼットを作るためにはDIYを活用すると子供好みの特別仕様にすることができます。使うものはどこにでも売っているカラーボックスが便利です。安価でありながら、変化をつけやすい作りになっているためにDIYに最適です。カラーボックスを選ぶ時のポイントは棚板の位置を変えられるタイプのものを選ぶことです。

子供服を収納する時には収納するもののサイズが徐々に大きくなるために、成長に合わせて棚板の高さを変えられると便利に使えます。カラーボックスにつっぱり棒を使ってハンガー掛けを作れば書ける収納もできますし、サイズの合ったボックスを使用すれば引き出しとしても使えます。そして外観も好きなように変化をつけられるところが大きなメリットで、子供の好きな模様にして楽しみましょう。

“100均アイテムを上手に活用する”

ハルチャン♡さん(@home__grm)がシェアした投稿

100均クローゼットは使いやすいように工夫されているものもありますが、人によって服のサイズに違いがあったり、収納量に違いがあるので無駄なスペースができてしまいがちです。そこで100均の商品を上手に使って自分仕様にクローゼットを工夫して使うと、収納力が増えますし使いやすさもアップさせられます。よく見かける100均の商品にハンガーにつけるだけで収納量を増やせるものがあります。ハンガーの高さをずらすことでかさばる位置を分散させて収納量を増やします。

他にはハンガーをかける場所にゆとりがある時にはサイズの合うS字フックを使用すればバッグ類なども掛ける収納をすることができます。たくさんのものをかける収納にすると全てのアイテムを見渡せるので、トータルコーディネートをする時の参考にもなります。

100均には様々なサイズのボックスがありますが、クローゼットや引き出し収納の中に使うことで細かなものをまとめてしまうことができます。ファイルボックスのような形状のものはバッグを立てて入れることもできます。

“自分好みのクローゼットを作る”

自分のクローゼットを持っている人がほとんどだと思いますが、十分な広さのクローゼットを持っている人は少ないのではないでしょうか。十分なスペースがあったり、使いやすい造りになっているクローゼットがある場合には、クローゼットを使用する時に工夫をする必要はないかもしれませんが、面積に限りがあったり使いにくいと感じている時には自分自身で工夫をする必要があります。そのような時にはまず持っている服の量や種類をよく観察しましょう。そして何が使いにくいのかを考えることで解決策が浮かんでくるはずです。

自分が使いやすいクローゼットを作り出して、生活を快適にしていきましょう。


120