ウォールシェルフを使って!一味違うオシャレな収納

18.05/06-Sun/住まい

“ウォールシェルフを使って!一味違うオシャレな収納”

fumiさん(@__fumi__)がシェアした投稿

インテリアを考える上で悩んでしまうのが壁のインテリアです。収納もしたいけど、部屋の雰囲気に合わせてオシャレにもしたい、そんな我侭にもピッタリなのがウォールシェルフです。実用的かつオシャレなウォールシェルフの使い方をご紹介します。

“名前は知ってるけどウォールシェルフって何?”

__shiii.h__さん(@__shiii.h__)がシェアした投稿

ウォールシェルフとは壁に取り付けられる棚のことで、基本的には木製の物が一般的です。ですがステンレス製やガラス製の物もあるので、雰囲気や取り付け場所によっても変えることができます。一段の物から何段かに分かれているもの、棚の下にフックが付いている物といったように形も様々です。ですので収納したい物によって使い分けることができ、見栄えだけではなく実用的なアイテムです。また簡単な物なら一枚の板に押さえとなるブラケットを付けるだけなので、DIYですぐに作ってしまうこともできます。100均等でもブラケットは販売されているので、後は板に取り付けるだけで完成です。更にフックを付けた板を取り付ければフック付きのウォールシェルフにもなります。

収納法は様々で、リビングに置いて雑貨を飾るという方法もありますし、寝室に置いて化粧品を置いておくということもできます。またフック付きのタイプはキッチン等でも活躍します。上の板には調味料を置き、下のフックにフライ返し等の調理器具をかけておけば基本的な調理道具は一まとめにして置いておけます。この他小さなタイプならスパイスラックといった使い方もできます。

このようにウォールシェルフはシンプルながら多様性があり、収納棚としてはもちろん、インテリアをおしゃれに飾るにも使える便利なアイテムです。

“ニトリのウォールシェルフは種類がたくさん!”

Nu-Roseさん(@_nu_rose)がシェアした投稿

ニトリのウォールシェルフは種類もサイズも様々で、用途や部屋の雰囲気に合わせて使い分けられます。またリーズナブルなのでたくさん飾りたい方にも便利です。シンプルなLの字型タイプのものから箱型のもの、コの字型のタイプのものもあります。コの字型や箱型のものは壁に取り付けず平らな所に置いても使えるので、気分によって使い分けができます。コーナータイプのウォールシェルフもあるので、部屋の隅まで有効活用したい方にはお勧めです。

これらのウォールシェルフはカラーも真っ白なものと木目調のものがあり、部屋のタイプに合わせてナチュラルにもシンプルにもできます。また形がシンプルなので、ペンキで着色をしてしまうという手もあります。

扉付きの棚にポールが付いたタイプのウォールシェルフもあり、洗面所等のちょっとした収納棚としても使えます。この他鏡付きのウォールシェルフもあるので、ドレッサー等を置くスペースがない方も簡単に部屋にメイクスペースが作れてしまいます。

“お部屋に合わせてIKEAのウォールシェルフ選び”

Maiさん(@gura19971130)がシェアした投稿

IKEAのウォールシェルフはまた一味違い、本棚タイプや引き出しタイプのものがあります。そのため「壁のちょっとした収納」だけではなくデスク周りのおしゃれな収納としても活用できます。引き出しタイプは上板のスペースも広めなので、負荷をかけすぎなければちょっとした書き物机にも使えます。また一般的なウォールシェルフなら棚板とブラケットも数種類販売されているので、カラーや大きさも自分で選んで作れてしまいます。

更に他とは違うタイプとして、ガラスタイプのものやクロムメッキのタオルレールタイプのウォールシェルフもあるので、浴室や洗面所やキッチンといった水回りにも利用できます。この他54x100cmの大型ウォールシェルフもあります。これは内側がいくつかに区切られているので、収納するものの大きさに合わせて自由に飾れます。奥行きは小さいですが紐のストッパーが付いていますし、何よりコンパクトなので扉の裏やクローゼットといった狭いスペースにも使えます。

“お部屋のインテリアに合わせて自由にカスタマイズ”

ウォールシェルフは一見飾り用の棚にも見えますが、使ってみると案外収納スペースがあり役立ちます。特によく使う細かな物等は棚のウォールシェルフに入れておくことですぐに取り出せます。見栄えだけではなく実用性もある便利な収納アイテムだと思います。


120