着心地の良いパジャマで良質な眠りを。

18.05/14-Mon/アイテム

 

“はじめに”

 

みなさんは日々、熟睡できていますか。
なかなか寝付けなかったり、寝苦しかったり、熟睡できなかったと感じる日もあるのではないでしょうか。
そんな時は一度、パジャマを見直してみませんか。
この度、寝返りを繰り返してもぐっすり眠れるパジャマが発売されましたので、ご紹介させていただきます。

 

“ぐっすり眠れるパジャマとは”

 

冷え取り靴下のシェアを占めるシルク雑貨のブランド『絹屋』などを手掛ける『株式会社大醐(愛知県名古屋市北区柳原2-8-3/代表:後藤裕一)』が睡眠時の衣類によるストレスを軽減することを目的とした立体裁断のパジャマ『kinel(キネル)』を開発し、シルク・綿のそれぞれの素材特性を生かした各製品を、2018年4月18日(水)から発売をスタートいたしました。

人は一般的に、一晩につき約30回もの寝返りを繰り返していると言われています。
就寝時は日常と異なる状況下で、自身が思っている以上に大きく動いているため、衣服が寝返りを妨げてしまうと、動くたびに小さな違和感を覚え、眠りが浅くなってしまったり、起きてしまったりします。
また小さなストレスが積み重なることで、大きな疲れにつながり、睡眠の質を下げてしまうほか、夜中に目が覚めてしまうことにもつながります。
こうした『睡眠負債』を返済していくためには、質の高い眠りが必要となってきます。
『kinel』は独自の研究・考察により、人が眠っているときの動きや、パジャマによって妨げられている動きに着目し、クライミングウェアにも使用されている立体裁断を施すことで、睡眠時の衣類によるストレスをできる限り軽減することができる、動きやすく、眠りやすいパジャマを考案しました。

 

“パジャマのための立体裁断”

 

◇『肩』の立体裁断
腕を大きく上げたり、肘を曲げたりしても上着の裾がつっぱらないように、脇下に余裕を持たせ、腕が自由に動くカットを施しています。
◇『股』の立体裁断
昼間、身体を支えていた足は、寝転ぶことで大きく動き出します。股部分にはクライミングのパンツにも使われている『ガゼットクロッチ』と呼ばれるカットを入れることで、股の可動域を確保しています。
◇『膝』の立体裁断
曲げたり伸ばしたり、就寝時に思っている以上にのびのびと動く足。パジャマがつっぱったり動きを妨げないように、膝にゆとりを持たせたタックを入れています。

 

“オリジナル素材”

 

◇シルクツイル

シルクは吸湿性・保湿性・通気性に優れた『冬は暖かく、夏は涼しい』素材です。
年中快適な着心地で、肌を優しく包む天然素材なので、睡眠時に適した機能性と素材由来の滑りの良さがあるため、昔からパジャマとして好まれています。
シルクのパジャマには一般的にはシルクサテンが用いられますが、kinelでは『シルクツイル(綾織り)』を使用していて、サテン特有の光沢よりも、繊細で柔らかな風合いと、上質な光沢感を出しています。

◇綿サテン

シルクと同様に、吸水性や通気性が高い綿。kinelの綿サテン生地は、短い繊維を徹底的に取り除くことで、糸むらが少なく、美しいのはもちろんのこと、強度も高いため洗濯を繰り返しても素材が傷みにくく、扱いやすいのも特徴です。
また、60番手の細い糸を用いてサテン地にすることで、まるでシルクのような滑らかな手触りを実現していて、光に当てると上品な光沢があります。
肌ざわりだけでなく、滑りもいいので、寝返りなどの動きを妨げないようになっています。

 

“製品内容”

 

◇商品名:kinelシルクツイルパジャマ
◇メンズ:グレー/ネイビー(M/L/LL)各30,000円
レディース:グレー/ネイビー(S/M/L)各29,000円
◇素材:綿100%

 

“おわりに”

 

パジャマとして購入するには、少し高い金額設定かもしれませんが、日々の眠りをより上質なものにするために、少し贅沢をしてみてはいかがでしょうか。
またこれから母の日や父の日などのイベントもありますので、いつもお世話になっている親御様へのプレゼントとして購入しても素敵ですよね。ぜひご検討ください。

愛知県在住の29歳。以前、都内某ホテルでウエディングプランナーをしていました。美味しい物を食べる事が好きです。
このライターの他の記事へ »
270

アクセスランキング