大人らしさを演出できるストールでいつものコーデをアレンジしよう

18.05/28-Mon/住まい

大人らしさを演出できるストールでいつものコーデをアレンジしよう

PUAL CE CIN千葉JUNNUさん(@pualchiba)がシェアした投稿

ファッションにも自分らしさを取り入れたいと思っても、「洋服全部を一度に変えるのは大変」という人も多いでしょう。そんな時に役立つのがストールです。使い方を知っておけば、自分にぴったりなアレンジが見つかるはず。そこで今回は、ストールで着こなしに爽やかを加える方法を紹介します。

 

キレイ色なら簡単に爽やかさが出せる

miniki*textileさん(@miniki_textile)がシェアした投稿

洋服を変えなくても、いつもの着こなしに加えるだけで、かわいらしさを満喫できます。

晴れ渡った春の空のようなブルー系ストールは、爽やかな着こなしを目指したい時に最適。この場合、濃いブルーではなく淡いブルーを選ぶのがポイントです。例えば、白のロングワンピースの上に緑色のカーディガンを羽織り、淡いブルーのストールを巻いてみましょう。こうすれば、清潔感が漂うフレッシュな雰囲気に仕上がります。

また、元気な印象にしたい一は、明るさと温かさが出せるイエローのストールがオススメです。人目を引く黄色は、顔周りを明るく見せてくれる効果も。ギンガムチェック柄を選ぶことで、大人の可愛らしさもプラスできて一石二鳥です。いつもシンプルな服装が好きな人こそ、華やかさが出せるので挑戦してみましょう。

そして、春らしさと言えば外せないのが薄いピンクのストール。普段はあまりピンクを身に付けない人も、ストールなら気軽に取り入れられます。初心者の場合は、長さが短いストールから試すと良いでしょう。清涼感を楽しみたい人は、落ち着いた雰囲気のペールグリーンを。白いブラウスやワンピースとの相性も良く、大人の女性に似合いやすい色合いです。

 

肌の色をキレイに見せたい時はホワイトのストール

yacco*さん(@yacco515)がシェアした投稿

「最近、何だか顔のくすみが気になってきた」という人にオススメなのは、ホワイトカラーのストール。濃いメイクは避けたいという日も、ホワイトストールを巻けば、気になるくすみを飛ばしてカモフラージュできます。この時のポイントは、できるだけ真っ白なストールを選ぶこと。レフ板のように顔回りを明るくしてくれますし、青空にもよく似合うので爽やかな雰囲気に。

また、ナチュラルな装いが好きな人は、生成りのストールが向いています。その理由は、一段と柔らかな印象になるから。ほんのり黄味が入っているホワイトは、女性らしさを引き出せる点が大きな魅力。様々なテイストの着こなしに使いやすいので、使い勝手が広がるカラーです。なお、ストールは巻き方次第で色々な表情が出せます。ぐるぐると首に巻く場合は、まとめ髪にすると爽やかで清々しい雰囲気になり、お出掛けにもぴったりです。

 

くすみカラーは大人の装いを叶える頼もしい味方

あまり可愛くなりすぎず、都会的でクールな着こなしが好きな人は、くすみカラーを取り入れましょう。例えばグレーのストール。濃いグレーよりも薄いグレーを選ぶことで、ワンポイントになります。薄いグレーは、ピンクとの相性が抜群。ピンクのブラウスと合わせると、甘さをほど良く引き締めてくれます。

また、ベージュ系のくすみ色ストールは、どんな洋服にも比較的合わせやすいので、一つ揃えておけば重宝するアイテム。目立ち過ぎないので、華やかで明るい服装もほど良くまとめてくれます。

ちなみに、通常は柄が付いている服を着ないという人に試して欲しいのが、柄物のストール。いつものシンプルコーデも、柄物のストールを追加すれば着こなしのアクセントになります。初めは小さい柄から挑戦して、慣れてきたら大きな柄を試してみると良いでしょう。

 

ストールならファッションに苦手意識があってもトライしやすい

ストールがあれば手軽に着こなしの雰囲気を変えられます。絹や麻など、素材にも沢山の種類が出ていますので、同じカラーでも素材によって表情が変わる点も楽しいです。また、自分の肌の色にぴったりなカラーが見つかると、顔色まで良く見えるという魅力も。ぜひ自分に似合うストールを見つけて、かわいらしい軽やかな着こなしを楽しんでみてください。

建築学科卒業、不動産ディベロッパーなどで働き、結婚・出産などのライフイベントを会社員時代に経験。働く時間があっという間に過ぎるように感じ、現在は「働き方改革」を実施中。
このライターの他の記事へ »
180

アクセスランキング