13路線で通勤やレジャーに便利な人気の武蔵小杉駅

18.06/02-Sat/住まい

13路線で通勤やレジャーに便利な人気の武蔵小杉駅

mamaon事務局さん(@mamaon.info)がシェアした投稿

多くの方面に行ける駅として知られているのが武蔵小杉駅です。JR線と東横線の乗り換えができ、13の方面に行けます。東京方面や横浜方面はもちろんですが、成田空港や北関東などにも乗り換えなしで行けます。レジャーでも使いやすい駅です。

 

通勤だけでなく出張や旅行などに便利な駅

賃貸物件や住宅を購入するときなど、最寄り駅がどこかは非常に重要です。多くの路線が利用できる液なら、乗り換えなしで色々なところに行けます。関東地方で注目されている駅として、神奈川県の川崎にある武蔵小杉駅があります。JR線と東急線がメインになっていますが、東急なら都営地下鉄や東京メトロなど等への乗り入れがります。

JR線は他社乗り入れはないものの3つの線があり、都心だけでなく千葉県や北関東、さらには伊豆方面などにも行けます。方面などを考えると13路線も利用できる駅です。東京都心に通勤するのであれば東急を利用すると東京メトロや都営地下鉄を通じて中心部まで簡単に行けます。横浜などならJRがいいかもしれません。海外旅行で成田空港に行くのであればJRの横須賀線から総武本線につながる路線を利用すれば簡単に行けてしまいます。

 

つながっているだけでなく乗り換えなしが便利

鉄道駅にはいろいろな駅があり、複数の路線が乗り換えできる駅などが便利とされています。その他各駅停車しか停まらない駅や、速達タイプが停車する駅などもあります。乗り換えでなくても、複数の鉄道会社が乗り入れをしている路線もあり、本来なら乗り換えないといけない駅同士を自由に行き来できる駅もあります。関東において非常に便利な駅なのが武蔵小杉駅で、JRと東急の乗り換えができる駅として知られています。

東京の中心や横浜も乗り換えなしで行けるので、通学や通勤が非常に楽です。旅行をするときは飛行機や新幹線を利用するかもしれませんが、成田空港まで行く特急が停車するので乗り換えなしで空港まで行けます。新幹線駅の品川駅も乗り換えなしで十数分で行けます。日々の利用からちょっとした遠出をしたいときも便利な駅です。目的地まで乗り換え不要で行けてしまいます。

 

どの乗り換えも簡単にできるのかを知っておく

motohideさん(@motohide)がシェアした投稿

武蔵小杉駅は、JR線と東急線が乗り換えられる駅です。JR線にしても複数の路線があり、東急は乗り入れ鉄道も多いので多方面に乗り換えなしで行けます。毎日通勤する分にはかなり便利な駅といえます。ただ、普段使わない路線を使うときに少し問題があります。メリットが多いものの、その部分がデメリットかもしれません。東急の東横線とJRの横須賀線を乗り換える時にどれくらい時間がかかるか経路をたどってみましょう。

一般的なルートだとJR南武線の改札から地下道などを歩いて東急の改札に行きます。人の流れにうまく乗ったとして10分ぐらいかかってしまいます。もう少し短縮するなら東急東横線の南口から外に出るルートです。信号などがあるので常に早く行けるわけではありませんが、最短で7分ぐらいで行けました。住む分には乗り換えはあまりないでしょうが、自分で便利なルートを探すといいかもしれません。

 

住む時にいろいろな路線が便利な武蔵小杉駅

駅に近い駅でも、その駅が各駅停車しか停まらず、一つの路線しか利用できないとなるとその先でたくさんの乗り換えが必要かもしれません。複数の路線の乗り換えができ、しかも速達タイプが停車する駅となるとかなり便利になります。武蔵小杉駅は、関東地方の中でも便利な駅として知られていて、13の方向に乗り換えなしで行けるとされています。

通勤や通学は毎日同じ方向に行くでしょうから、駅の中での乗り換えは考慮不要でしょう。毎日乗る電車が決まっていれば、乗ったら目的地に着くのを待つだけです。ただ、この駅で乗り換えをしようとするときには多少の問題もあります。JR線と東横線の乗り換えに少し時間がかかるためです。旅行などでいつもと違う鉄道線を利用しようとするときは少し時間に余裕を持っておいた方がいいかもしれません。といっても大きな問題ではありません。

 

 


190