ビックリするほどキレイになる!お掃除雑学3選

18.06/07-Thu/

“ビックリするほどキレイになる!お掃除雑学3選”

NONさん(@ttr03s2)がシェアした投稿

せっかく雑学を身につけるなら日常生活に役立つことを覚えていく方が自分や家族の為になりますよ。例えば掃除に関する雑学は、どこにでもある雑貨や食べ物などを使って、簡単で誰にでもできる方法で家の中のものをキレイにすることができるのでメリットがいっぱいです。コストパフォーマンスにも優れている点も嬉しいポイントです。

 

“①リモコンに木工用ボンドを流し込む”

Kaoru Koshibaさん(@maia_kaoru)がシェアした投稿

子供の図画工作の授業などに必須の木工用ボンド。学校の授業では欠かせない必須アイテムという印象が強いですが、意外に日常生活のシーンでは使いどころが難しいですよね。使わないまま保管しておいても、中身のボンドが固まって使い物にならなくなるので、せっかく買ったのだから無駄にしないで済む活用法ないのかなと思っている人も多いと思います。木工用ボンドはリモコン掃除用の道具として使うのがおすすめです。

どうやって掃除をするのかというと、ボンドをリモコン全体にむらなく伸ばして1日から2日間置いておくだけです。なるべく均一に伸ばしてくださいね。木工用ボンドをキレイに剥がすと同時に、リモコンにこびりついた手垢やほこり汚れなどがまとめて落とすことが可能です。精密機器だから水や洗剤を使うわけにはいかないからこそ、生活の雑学として知っておきたい知識と言えますよね。

 

“②電子レンジでみかんの皮を加熱する”

焼肉takeyan mama🍖さん(@takeyan_mama)がシェアした投稿

電子レンジの中の汚れを掃除する時に役立つ雑学と言えば、中にみかんの皮だけを入れて加熱するというものがあります。電子レンジを使っていると蒸気を使っているせいもあって、だんだん汚れてきますよね。水分だけではなく油汚れや吹きこぼれなどのせいで、こまめに拭いていてもどんどん汚くなってしまいます。このような状態を解決してくれるのが、みかんの皮なのです。

みかんの皮に含まれるクエン酸が賛成なのでアルカリ性の汚れを中和することができますし、除菌作用もあるので電子レンジ庫内を清潔に保てるんですよ。そして革の外側にたくさんあるリモネンという精油成分が、油汚れを分解してキレイに落としてくれます。皮の内側のペクチンもコーティング作用があるので、川のすべての部分を掃除に役立てることができるんですよ。使い方も簡単で500Wで2分加熱してから皮でこするだけです。

 

“③コーヒーのカスを脱臭剤として使う”

Pinoさん(@p.i.n.o_k)がシェアした投稿

コーヒーが臭いを吸収しやすい性質を持っていることは、雑学の中では結構有名ですよね。この性質を利用して脱臭剤として使うことで臭い対策をすることができます。ペーパーフィルターに残ったコーヒーのカスから熱がなくなったら、余っているお皿に移して冷蔵庫の中にそのまま入れておきましょう。ラップなどをする必要はありません。冷蔵庫用の脱臭剤をわざわざ買わなくても、嫌な臭いをみるみる吸収してくれますよ。長い期間脱臭剤として使いたいなら、コーヒーのカスをフライパンでカラカラになるまで煎るか、電子レンジで加熱しましょう。自然乾燥したい場合はその方法でも構いません。あちこちに設置しておけば、タバコの臭さや焼き肉の後の臭いなどをどんどん吸い取ってくれるでしょう。ガーゼなどに包んでから設置することを忘れないでくださいね。コーヒーを毎日飲む人ならゴミも減らせる便利な雑学ですね。

 

“まとめ”

いかがでしたか。使い道もなくごみとして捨てるしかなさそうなみかんの皮やコーヒーのカスを使うことで掃除用のグッズを買う手間も省けますし、木工用ボンドの新しい活用法を雑学として知ることで、物を無駄にすることなく工夫して使うことの素晴らしさがわかったのではないでしょうか。周りの人に教えるのもオススメです。

fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »
120

アクセスランキング