「持たない暮らし」で部屋はキレイに保てる!

18.06/08-Fri/

“「持たない暮らし」で部屋はキレイに保てる!”

yukaさん(@y.uka.y.m)がシェアした投稿

すっきりとしたキレイな部屋で暮らしたいと思っている人は多いのですが、物が多すぎて片付かないという人がたくさんいます。いらない物を処分して、必要な物しか持たない暮らしを心掛けると、部屋の中がキレイになるだけではなく、気持ちまですっきりと快適に過ごすことができるようになります。いつまでもたくさんの物に囲まれてイライラするよりも、思い切って持たない暮らしを始めましょう。

 

“物があればあるほど掃除が大変になる”

Yoshinori Suzukiさん(@taiyoukai37)がシェアした投稿

掃除をするときに、物を片付けることから始めていたり、物をよけながら掃除機をかけていたりしていませんか。物があればあるほど、掃除には時間がかかり、片付けるのも大変になります。自分の部屋を見渡してみた時に、必要なテーブルや椅子、棚などの上や周りにある物がなかったら、掃除が楽になると感じた人は、いらない物に囲まれて生活している可能性があります。

テーブルや椅子、棚などの上や周りにある物を一度取り除いてみると、すっきりとして掃除が楽になるだけでなく、空間も広く感じるようになるというメリットがあります。また、収納家具がたくさんある人も要注意です。中に入っている物の多くは使っていない物ではありませんか。収納家具は使う物だけを入れる物で、入れる物がなければ家具の数を減らすこともできます。収納家具自体が持たない暮らしを邪魔しているという場合はとても多く、もたない暮らしをすることで掃除が楽になり、部屋がキレイに見えるようになります。

 

“「いつか使うかもしれない物」は使わない!”

ayumi**さん(@_ayunagi65)がシェアした投稿

たくさん持っている物の中で、普段の生活で使っている物は、多くの場合とても少なく、ほとんどが取っておいている物です。普段使っていないのに捨てることができない原因は、いつか使うかもしれないという気持ちがあるからで、いつかというのがいつなのか分からなものは、使うことが無い可能性が高いので処分しましょう。

お菓子の空き箱やショップの紙袋、レシートや光熱費の使用量のお知らせなどは取っておいてもスペースを無駄に占領するだけです。紙袋は5枚まで、レシートなどは家計簿をつけているならすぐに書き込むなどのルールを作って処分することが持たない暮らしの第一歩です。また、ストック類が多いという人も多いので、ストックはお店にしてあると思って、無くなる直前に購入する習慣をつけることで、部屋をキレイに保つことができます。いつか着るかもしれない、高かったからなどの理由でとっておいてある洋服も、1年着ていないなら着ることはありません。

 

“コレクション癖は程々に…”

-ap-さん(@amipama_)がシェアした投稿

旅行に出かけた時につい買ってしまう思い出の品や本や漫画、人形や化粧品などつい集めてしまう物があります。購入するときは楽しい気持ちになり、並べて満足するという人が多いのですが、使わない物の場合が多いので、コレクション癖はほどほどにしておくことが持たない暮らしのポイントです。コレクションは、普段の生活には必要が無い場合が多いので、本棚の一段だけ、引き出しのひとつ分だけなど範囲を決めて、置ききれない場合には処分することや購入しないことをおすすめします。

かわいらしい文房具やハンカチ、下着やバッグなど無意識に集めてしまっている物は意外と多くスペースを占領してしまいます。似ている物はひとつに厳選したり、傷んでいる物から捨てるなど、使っていない物を処分して、余分な物を購入しない持たない暮らしの意識を高めていきましょう。処分することが大変だったという経験は、購入するときによく考えるようになるので、しっかりと覚えておくようにすることがおすすめです。

 

“まとめ”

たくさんの物に囲まれていると、掃除が大変だったり、落ち着かなかったりすることがあるので持たない暮らしをはじめてみませんか。最初は処分をしたり、欲しい物を買わなかったりすることが苦痛かもしれませんが、すっきりとした部屋や収納しやすい棚や引き出しができてくると、気分が良くなる効果を実感することができます。

200

アクセスランキング