持て余しがちなロフトの活用方法

18.06/08-Fri/

“持て余しがちなロフトの活用方法”

yukaさん(@yuka.motti)がシェアした投稿

家族構成など環境やタイミングによって、ロフトの活用方法は異なってきます。秘密基地のようにも使えてロフトのある暮らしは誰もが憧れることでしょう。工夫次第で様々な楽しみ方ができるのもメリットです。自分だけの空間にしたりライフスタイルに合わせて使う事で、もっと快適で充実した日々を送る事ができるようになります。

 

“王道は「寝床」としての使用”

ロフトは寝床スペースとしても活用できます。急に来客が来ても、寝具がロフトにあれば見える場所にないので焦る事もなく安心できます。生活感を出したくないという人にも、寝床にして活用するのはとても便利です。子どもがいる家庭なら、ロフトで寝るというのは憧れてしまうでしょう。隠れ家的にも使えて秘密基地のようにも感じワクワクする気持ちになるはずです。自分だけの空間で誰にも邪魔されずに過ごせるので、狭くてもとても落ち着く場所になります。狭い場所に入ると子どもは楽しく感じるように大人も自然と心も安らぎ楽になります。寝具の準備をするという手間や時間も省けて、良い眠りができる空間として活用できます。ロフトにくればそのまま眠れるので、一日の疲れを癒してリフレッシュできる最高の場所になるでしょう。考え事をしたい一人で落ち着きたいなという場合も使えるので便利です。

 

“収納スペースとしても活躍”

margheritaさん(@margherita__2001)がシェアした投稿

洋服がたくさんあると、収納する場所がなくて困ってしまいます。模様替えの時期になると、スムーズにできなくて悩んでしまう事もあります。

ロフトを収納スペースにして活用する事で、使わないシーズンの物を置き場として使えるのでとても便利です。扇風機やストーブなど、季節によっては使わない時期があるのでロフトが大活躍します。子どもが増えていくと、洋服だけでもかなりの量になり使わなくなった玩具やベビー用品も収納しておく事ができます。荷物をロフトに置けるので、生活するスペースがスッキリとして生活しやすい環境になって快適に過ごすことができるようになります。必要な時にサッと出せるのも便利で、家の中に収納スペースがあれば置き場に困るという心配がなくなります。いつか使うけど捨てられないという物も、ロフトにしまっておき後で考えるという方法も良いでしょう。

 

“趣味のスペースとして使うのもアリ”

mochimochiさん(@mochimochi_hare)がシェアした投稿

漫画が好きだという人は、ロフトに漫画本をディスプレイして置くのも良いでしょう。ただ置くのではなく、揃えて置いたり棚を作ったりして自分がくつろげる空間にしていきます。自分の工夫次第で見栄えが違ってきます。ロフトに来れば、自分だけの空間で趣味に没頭できるのもメリットです。アクセサリーを作るのが趣味だという人は、作りかけの作品をそのままにしておけるのも嬉しいはずです。常時出しっぱなしにしておいても大丈夫な空間で安心して作業ができます。片付けるという時間も省けて、道具を広げておけるので散らかっていても気になりません。小さな子供がいるという家庭は、子どもに邪魔をされずに作業ができたり趣味に没頭できる時間がストレス解消にもなるでしょう。生活空間から離れて自分らしく使う事で、最高の場所になり趣味が今まで以上にもっと楽しめるようになります。

 

“まとめ”

ロフトの使い方はいろんな方法があり、工夫次第で生活がより充実したものになります。寝床にしたり収納スペースに使ったりと、ライフスタイルに合わせて変えられるというのもメリットです。狭い空間は集中できたり気持ちも落ち着きリラックスができます。自分らしくロフトを使いこなして、楽しい毎日が過ごせるようにしていきましょう。


120