化学物質NGの人は天然素材にこだわった家がオススメ

18.07/10-Tue/住まい

“化学物質NGの人は天然素材にこだわった家がオススメ”

家については化学物質などを使った住宅資材というものがあり、人によってはホルムアルデヒドのように有害物質によって体調が悪くなってしまうことも珍しいことではありません。現在では天然の素材を多く取り入れた住宅を建てる方法や、リフォーム方法が用意されているので、気になる方や健康体を守りたい方ならば、該当する素材を導入してみることが良い方法でしょう。

 

“天然素材を使った家のメリット”

化学物質を使った家の場合では健康被害が起きてしまう可能性があるので、特に体質として敏感な方のケースでは、天然素材を使った家に仕上げることが最も良い方法ではないでしょうか。このような家の場合ではメリットを感じることができ、例えばアレルギー反応を引き起こしてしまうことが激減します。他にも幼児やペットなどと一緒に生活を送っている場合でも、安心した生活を保つことができるメリットもあります。

天然素材の場合では、有害物質を一切使っていないことになるので、壁面や床面だけではなく、室内の空気も常に良好な状態に保てることにもメリットを感じることができるでしょう。現在では便利な住宅資材が数々販売されているので、家造りを行う際には予め素材を指定することと、既に建てられている物件であれば、順次リフォームを行ってみることにより、最適な環境にて生活を送ることができますよね。

 

“天然素材を使った家のデメリット”

天然素材を使った家の場合では、自然的な環境にて生活を送ることを可能にしているので、有害物質などを一切除去することでメリットを感じることができるでしょう。しかし、天然素材を使っている家の場合でも、時にはデメリットに感じてしまうという内容も含まれています。例えば床材に注目した場合では、無垢材を使う方法が一般的に行われていますが、この素材の場合ではお手入れが難しいことや、頻繁にメンテナンスを施す必要性が出てきてしまいます。

このように天然素材の場合では化学性のものよりも弱いという資材も含まれている傾向にあるので、導入を検討されている方は、事前に使う資材の特徴を見極めてから最適なものをチョイスすることが良い方法でしょう。デメリットについては現在では高機能な素材も提供されているので改善傾向にありますが、それでも高額な料金が掛かってしまう可能性が出てくる点にもデメリットは存在しています。

 

“化学物質NGの人でも住みよい家の作り方”

化学物質などを多用している家の場合では、アレルギー反応などが出てしまう場合もありますよね。住みよい家を作ることを検討している方ならば、基本となる資材類が数多く用意されているので、安心した生活を送ることは可能になります。例えば床面には合板タイプで作られているフローリングではなく、無垢材を使っているタイプを導入する方法があります。壁面には選択肢が多く、普通のビニールクロスではなく、天然の珪藻土や漆喰で塗り壁にする方法、床と同じように無垢材を使う方法、天然のタイルなどを利用する方法などが有名です。床と壁については室内を構成する重要な場所になりますが、他にも天井をチェックすることも良い方法でしょう。化学物質などを使わずに、敢えて柱や梁が見えている状態に施す技術も用意されているので、できるだけ自然的な環境にすることにより、住みよい家を作ることができます。

 

“まとめ”

化学物質を使った家の場合では健康被害が起きてしまうというリスクがあります。現在では天然素材を使った方法で家を作る住宅資材の数々が販売されているので、それぞれのメリットやデメリットを事前に把握した上で最適に感じる資材を使うことにより、健康的な生活を送ることができます。特に室内側で床面と壁面には十分に配慮することも大切でしょう。


120
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »