非常時に備えて用意しておきたい「防災セット」

18.07/07-Sat/住まい

“非常時に備えて用意しておきたい「防災セット」”

G.Nakさん(@g69_cv)がシェアした投稿

日本は地震大国ということもあって災害が多い国であり、常に災害のことを考えて生活をしなければなりません。
それ以外は平和な国であるだけに、いざ災害が起きるとパニックになってしまいますが、備えあれば憂いなしというように事前に準備をしっかりとしておけば安心です。
災害時に役立つ防災セットは一つ用意しておくだけでも、安心感は全然違います。

 

“避難時にあると便利なものを詰め合わせた「防災セット」”

かおり☺︎さん(@rinrin_._._home)がシェアした投稿

災害はいつ起こるかわかりませんから、起こってから対処を要としてもできることが限られてしまいます。
それだけに常日頃から災害のことを考えて用意をしておく必要があるのですが、その時に用意しておくのが防災セットです。
緊急時に必要なものをまとめて揃えた防災セットはいざという時にそれ一つ持ち出せば、落ち着くまでの間を凌ぐことができるので非常に役立ちます。

防災に役立つものを用意しておいたとしても、家のあちこちに散らばっていれば全てをかき集める時間がなく意味がありません。
それだけに遭難時にあると便利なものを、詰め合わせた防災セットを用意しておけば安心です。
災害が発生してから必要なものを揃える時間はなかなか取ることができませんから、最低限災害が起こった時にあると便利なものは事前に揃えておくようにしましょう。
日本で生活をする上で、災害に備えて置くのは何より大切なことになります。

 

“備蓄品の中身は定期的にチェック”

Mariさん(@lovehome_5)がシェアした投稿

防災セットを揃えたけれども一度揃えてから、ずっとそのままにしているという人は少なくありません。
基本的には災害が起きる可能性のほうが低いので、揃えておいても使われずにそのままになってしまうわけですが、放ったらかしにしているとせっかくの準備も意味がなくなってしまうので注意しましょう。
いざ災害が発生した時に用意しておいた食料の消費期限が切れていたり、水が腐っていたとなっては何のために用意をしておいたのかということになってしまいます。

その他にも乾電池が切れていた、救急セットの使用期限が切れていたということもありますから、定期的に不備がないか中身のチェックは欠かすことができません。
揃えただけで安心しきっていざという時に役に立たなかったということは意外に多いものですから、一度用意すればそれまでというのではなく、常に使える状態にあるのか確認をするところまでセットで行うことが大切です。

 

“「防災セット」があれば、有事の際に焦らずに済みます!”

¨̮♡⃛さん(@eminsta33)がシェアした投稿

災害が発生した時には、なかなか冷静に行動をすることは容易なことではありません。
とにかく逃げるのに精一杯で必要なものを持っていくことができなかった、あるいはその逆に避難後のことを考えて何が必要なのか考えているうちに災害に巻き込まれてしまったということはよくあることです。
防災セットがあれば、有事にはとにかくそれだけ持って逃げ出せば良いわけですから、焦ることなく余計なことを考えずにすぐに逃げ出すことができます。

また、防災セットがあるということ自体が安心のもとになりますから、これを用意しておくだけでパニックに陥りやすい有事にも冷静に行動しやすくなるメリットがあります。
災害時にはどれだけ冷静に行動をすることができるかが明暗を分けることになりますが、冷静に行動をするためには事前に準備をしておくことが重要であるため、防災セットを用意しておく意味は大きいのです。

 

“まとめ”

災害の多い日本では常に有事のことを考えておかなければなりませんが、実際に災害が発生した時に冷静に行動をすることは難しいものです。
それだけにいざという時のために、これだけ持っておけば良いとなる防災セットを用意しておくことによってピンチを切り抜けることができます。
防災セットは緊急時の命をつなぐ大事なアイテムなので、ひとつは必ず用意しておき中身の点検も定期的に行うようにしましょう。


120
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »