女の子が喜ぶ子ども部屋作りのポイント

18.08/01-Wed/住まい

自宅に娘がいる場合には女の子が喜ぶ部屋づくりが重要になります。基本的に部屋にこだわるのは男の子よりも女の子の方が多い傾向がありますのでこれから一戸建て住宅を購入する場合は建築する場合にはそのデザインなどを一緒に考えてあげることが大事ですといえ、具体的にどのようにするかはしっかりと勉強しておかなければなかなかわからないでしょう。

“子ども部屋を作る際の注意点”

nanaさん(@nana7_photo)がシェアした投稿

子ども部屋を作る際の注意点ですが、それは状況に応じて作り方を変えていくことです。例えば、女の子と言うと1人しかいないばかりにはその子の意見を十分に聞いて部屋作りをすれば充分です。ところが、姉妹の場合などは、まだ子供が小さいうちは最初2人で同じ部屋に入れることになりますので、それぞれの意見を反映させることが大事になります。 また、いくら女の子の部屋といえども子ども部屋になりますのでその成長に応じた部屋作りが大事です。例えば、子ども部屋でもまだ子供が小さいうちには小さい子向けの部屋の作りにしておくことが大事ですが、ある程度子供が成長した場合の子ども部屋も想定しなければなりません。女の子でも、小学校低学年と中学生では全く意識の仕方が異なりますので改良のしやすい子ども部屋にしておくことが必要です。 部屋が埋まっている場合には、やがて別々の部屋にするように意識して子ども部屋を考えることが大事になります。

“壁にかわいい工夫を”

子ども部屋といっても、かわいらしくするためには部屋の形よりも壁紙が最重要になるでしょう。子ども部屋の部屋の形は注文住宅の場合建築したときの子供の年齢を意識してしまいますが、10年後果たしてその子ども部屋が実際歳を重ねた子供に受け入れられるかは別にあります。もし受け入れられない場合には、そのまま我慢してもらうかリフォームなどをして新しくするしかありません。そうすると、無駄にストレスが挟まってしまったりあるいはお金がかかってしまうことも考えられます。ありあまるお金がある家庭であれば問題ありませんが、そうでなければあまり女の子の部屋らしい間取りなどは考えなくても良いでしょう。 ですが、壁紙に関しては頻繁に交換することは飲み物、10年から15年に1度位は交換しますので小さな頃可愛らしいデザインにしても10年後そのデザインが子供っぽいと感じたならば変更してしまっても問題ありません。

“ベッド周りはプリンセス風に”

さとさん(@sk_home_)がシェアした投稿

ベッド周りの設計はシンプルで構いませんが、やはり女の子の場合にはプリンセス風の設計には壊れる可能性があります。プリンセスといっても様々ですが、多少可愛らしくそして豪華にしておけば納得する女の子が多いです。もちろん、親の考えだけで決めてしまわず必ず子供に意見を聞いてからベッドを購入するなどしておく必要があります。親の意見で勝手に決めてしまうと、せっかく高いお金を払って購入したベットも子供が気にいらず必要なくなってしまう可能性があるからです。 子供の意見などもおかしいと考えずに、しっかり聞くことで親子の間にいざこざが起こらなくて済みます。 ベッド周りは、枕の後ろのほうに小さな棚を置いてあげれば様々の飾り物をすることができます。女の子の場合には、ぬいぐるみが並んでいるだけで満足してしまいますので、棚は非常に重要なアイテムと考えておいて間違いありません。

自宅に女の子がいる場合の子ども部屋は、年齢とともに考え方が変わってきますので先を見通した設計が重要になります。ただ、すぐに変更できる壁紙などはその年齢に応じた可愛らしいものを使っても構わないと言えるでしょう。 ベッドは特に重要なアイテムの1つで、小学生ぐらいの子供の場合にはプリンセス調にしたいと希望していることを多いです。そのため棚などを利用してぬいぐるみを置けるようにしておくことも重要です。


90
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »