エコでお洒落!「扇風機=ダサい」の時代は終わりました

18.08/05-Sun/住まい

扇風機は昔ながらの家電であり、古臭くてダサいという印象を持ってしまいがちですが、現在の扇風機は様々なデザインのものがあります。お洒落にもなるので室内に置いても景観が悪くなる心配はありません。また、性能も向上しており、エコの面でも有効です。そのため、どのような特徴やメリットがあるのか知っておくと良いでしょう。

“エアコンよりも扇風機を選ぶメリット”

エアコンよりも扇風機を選ぶメリットで最も大きなものがエコになることです。基本的にモーターで羽を回転させて空気を循環させる仕組みになっているのは、現在のものでも変わりはありません。エアコンのような冷媒ガスを使用しないので環境に対する負荷がなく、非常にエコな家電になっています。 電気代に関しては利用する環境によって異なりますが、冷媒や室外機の使用がないので必要になる電力も抑えられます。近年はエアコンも性能は向上していますが、それでも扇風機の方が大幅に電気代が安くなるのがメリットです。自動運転などの機能が付いているものを選ぶと常に最大出力で稼働させることがなくなるため、さらに電力の消費を減らすこともできます。 購入価格もエアコンよりも安いので出費を抑えられます。設置するための工事も不要であり、重量も軽いものが多く、移動させるのも容易なので手軽に扱えます。

“あえてのレトロ感がお洒落”

ちんくいさん(@chinkui)がシェアした投稿

お洒落に気を遣っている人は扇風機の外見が気になってしまうところですが、レトロ感のある機種も販売されているので検討してみると良いでしょう。茶色をベースにした色彩で木目のある室内に自然に溶け込めるものや、アンティーク調のデザインのものなど、様々なものが販売されています。設置する部屋に合っているものを選ぶと浮いてしまうことがなく、お洒落になります。 また、利用できるタイプも豊富なので、お洒落にこだわったせいで使い勝手が悪くなってしまうこともありません。一般的なスタンド型で折り畳み式で使わないときは邪魔にならないもの、卓上型でUSBで電気の供給を行えるもの、扇風機が3段になっており、アロマも取り付けも行えるものなどがあります。外見だけでなく機能性も十分にあり、お洒落な店でも利用されています。一般の利用者からの評判の声も多いので、室内に合うデザインの扇風機があるか探してみると良いでしょう。

“スタイリッシュなタワー型も人気”

@scopegrandsがシェアした投稿

外見にこだわる人の中にはかっこいいものが良い、という意見もありますが、これに適しているスタイリッシュなタワー型の扇風機もあります。これもお洒落な外見になっていますが、従来のものと大きく異なっているのが縦長で細長いデザインになっており、一見すると扇風機とは感じさせません。現代的な室内に置いても違和感のないものになっています。機能面でもスペースを取らずに済むため、狭い部屋でも設置できることで人気のあるタイプです。 羽根が露出していないので、誤って手を入れて怪我をする心配がなく、羽根に埃が溜まって外見を損なうこともメリットです。 首振りも可能ですが、角度が小さいものが多く、送風口の幅も広くないため、部屋全体に風を通すことには向いていないので、特定のポイントに送風するために使うのが良いでしょう。 使用しないときもスリムであるため邪魔にならず、簡単に収納できる利便性の高さがあります。

このように現在の扇風機は様々な特徴を持っている機種があり、エアコンと比べてエコであるというだけではありません。好みによってレトロ調のものにしたり、スタイリッシュなタワー型にするなど幅広い選択肢があります。扇風機の外見が気になって利用を躊躇っていた人は、どのようなデザインがあるのか調べて利用を検討してみると良いでしょう。


70
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »