必要なときだけ出せる、サイドテーブルがとても便利!

18.08/05-Sun/インテリア

時々、もう少しテーブルが大きかったらと思うことはしばしばあります。そんな時に役に立つのが、折りたたみ式でキャスターの付いたサイドテーブルです。

折りたたみが可能な上にキャスターが付いているなら、家中のどこにでも移動させて使えますので、今ここに少しだけ物を置ける場所が欲しいという場合に役に立つこと間違いなしです。

“サイドテーブルが役立つ場面”

あやはっとさん(@tatsuayako)がシェアした投稿

 

昨今はママ友との交流を外で行わず、各家庭を回って持ち回りで場所を提供する方法で行っている女性たちが増えています。外食でママ友交流会を行えば飲食費は高くなりますし、週に一度といった具合に頻繁に行うとなるとお財布事情も気になります。

持ち回りで各家庭を回ることにすれば飲食費にかけるお金をぐんと減らすことが出来る上に、来客を迎えることから、きれいにしておかなくてはと否が応でも掃除をして片づけもすることになりますので、考えようによってはいいことです。

そんな人が集まるときに、サイドテーブルは大いに役立ちます。サイドテーブルをグラスなどの食器や、飲食物のストックを置いておく場所にすることでテーブルの上が広く使えます。ママ友の交流といえども、まだ小さい子供がいる場合は膝の上に抱くこともあるため、テーブルの上はできるだけすっきりしている方がよく、サイドテーブルは広さの確保に役立つことうけあいです。

“必要ないときは折りたためる”

WOHLHUTTE/さん(@wohlhutte_official)がシェアした投稿

 

ママ友との交流といえども、常に全員参加できるとは限りません。今回は人数が少ないというときは、普段使っているサイドテーブルは使わなくていいということになるでしょう。そんな時は、今日は必要ないということで、折りたたんでしまっておけます。

必要に応じて使い分けられるようにするためには、最初から折りたたみ式のサイドテーブルを選んでおくことが重要です。折りたたみが出来るからこそいるときには使い、いらないときは片づけることが可能だからです。その時々で必要に応じて使い分けができるとなれば、急にスペースが必要というときにも慌てずに済みます。

据え置きタイプのサイドテーブルを買ってしまうと、どうしても空間をふさいでしまうことから利便性はアップしたけれど、部屋全体は狭くなったと感じてしまうというデメリットも出てきますので、使わないときに折りたためることは重要です。

“キャスター付きなら移動もラクチン”

LOCO…SHOPさん(@loco___shop)がシェアした投稿

サイドテーブルというだけあって、テーブルの近くで使うとたくさんのものが置けて便利です。とはいえ、使いたい場面はテーブルの傍だけとは限りません。何か作業をしたいとき、ここにサイドテーブルがあると便利なのにということもあるでしょう。

そんな時には、サイドテーブルが折りたたみの上にキャスター付きであれば言うことなしです。折りたたんだ状態でも、開いてセッティングが完了した状態のどちらでもキャスターで動くのが理想です。使いたい場所にまで持って行くのに、開いた状態でコロコロと転がすのは無理ということもあるからです。

ある程度のものを置くとなると、サイドテーブル自体ある程度の大きさになりますし、大きくなれば重量も増します。折りたたんだ状態で移動できるキャスター付きタイプなら、家の中のどこにでも持って行って使うことが可能ですので、ここは購入する際の重要な要素です。

もう少しスペースが欲しいというときにサイドテーブルがあると、とても助かります。折りたたみ式であれば普段使わないときは片づけておき、必要な時だけ取り出して使うという臨機応変な使い方ができることから、特におすすめです。

さらには場所を移動して使いたいときのためにキャスター付きを選んでおくと、さまざまな用途で用いることが出来ていっそう便利になります。


70
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »