カーテンが担う「暮らしを快適にするための仕事」

18.09/18-Tue/アイテム

いろいろなデザインがあるカーテンですが、本格的に確認する人は少ないかもしれません。 一見同じように見えるものでも、機能が異なることが多いです。 さまざまなタイプの中から自分に適したものを選ぶと、快適な暮らしが手に入ります。 複数の種類をしっかりと比べて、一番良いものを選択すると日々の生活が上質なものになるでしょう。

 

“外からの視界を遮る防犯効果”

 

View this post on Instagram

 

ニトリデコホームさん(@decohome_nitori)がシェアした投稿

外壁が室内と外部との空間を分けるのですが、位置によっては外から確認できることがあります。 一時的に見えるだけなら問題ありませんが、長時間見えると防犯対策が難しくなるかもしれません。 周りから内部が見えてしまうと生活習慣が知られてしまい、予想外のトラブルに巻き込まれることもあります。 そのため、外部から見えないようにするために、カーテンを有効活用するといいでしょう。 カーテンの中には内部を隠せるように工夫されたものが少なくありません。 明るいときは外側から見えなくても、暗くなると外から内側が確認できることもあります。 防犯効果を期待するなら、生地が厚く周囲の明るさに関係なく視界を遮るタイプを選ぶといいです。 外から見えないかチェックして選ぶと安心して生活できます。 快適な暮らしを得られるかは、プライバシーが十分に確保できるかで決まることが珍しくないです。 自分を守るカーテンを選びましょう。

 

“部屋の印象をコントロールする演出効果”

 

View this post on Instagram

 

ニトリデコホームさん(@decohome_nitori)がシェアした投稿

快適な暮らしを得たいなら、部屋全体のイメージを考えるといいです。
理想的な部屋のイメージを決めて、それに適したカーテンを選びます。
同じ空間でもカーテンのカラーを変更するだけで印象が大きく変化することが珍しくありません。もし、部屋の印象を良くしたいなら色をチェンジすることを考えるといいです。少し変えるだけでも全体の印象が変化することが多いので、複数のカラーを試すといいかもしれません。色以外にもデザインもチェックするといいです。
シンプルなものから細部までこだわっているタイプまであるため、部屋の雰囲気を変えたいときのアクセントにするといいでしょう。どのカーテンにするか悩んだときは、部屋に置いてあるものと色をあわせるといいです。カラーやデザイン以外にも、長さを整えるのもいいかもしれません。新しいカーテンがしっくりこないときは長さが適しているかチェックして、微調整するといいです。

 

“外からの日差し・熱をブロックする遮断効果”

 

View this post on Instagram

 

びっくりカーテン公式アカウントさん(@bicklycurtain_official)がシェアした投稿

部屋全体を明るくするために、窓から光を取り入れたい人も少なくないです。 室内を明るくするためにはカーテンの生地を薄くするといいのですが、適度な厚みがないと部屋の温度管理が難しくなります。 日光をブロックできないと快適な温度にするのに時間がかかる傾向にあるでしょう。 もし、カーテンの開閉で部屋の快適さを調整したいなら、日差しや熱を遮断できるタイプを選ぶといいです。 同じような厚みでも光や熱を遮断できないものもあるので、カーテンを選ぶときは注意した方がいいかもしれません。 光を自由に遮断できると過ごしやすさが大幅にアップするため、快適な暮らしを望むならカーテンの機能をチェックした方がいいです。 遮断効果も段階的に選べることが少なくありません。 部屋に入る日差しの強さから適したものを選び、快適な時間を過ごすといいです。 日差しや熱対策にも力を入れるといいでしょう。

 

快適な暮らしを手に入れたいなら、カーテンの選び方をチェックする必要があります。 さまざまな使用目的に対応したタイプが少なくないので、利用目的にあわせて選択するといいです。 安心感を得るための防犯効果や雰囲気を良くする演出効果を考えて探します。 また、心地よく過ごせる空間にするためにも日差しなどの遮断効果も考慮して決めるといいです。


90
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »