ずっと綺麗な電子レンジを保つための楽々清掃テク

18.09/11-Tue/住まい

家庭で使用する家電製品の中でも特に汚れがたまりやすいのが電子レンジです。使用する頻度が高いだけでなく、油分を多く含んだ食べ物を温めると内部に飛び散りやすくなるため、綺麗に使用しつづけるためにはこまめな清掃が不可欠になります。ここでは忙しい人でも簡単に電子レンジの清掃ができるテクニックをいくつか紹介します。

 

“「酢」を使った掃除テク”

 

View this post on Instagram

 

ayakoさん(@as_note)がシェアした投稿

誰でも短時間で簡単にできる電子レンジの清掃テクニックとして紹介できるのがお酢を使った清掃方法です。お酢には強力な殺菌成分や消臭成分が含まれているために、内部を掃除するためには非常に便利です。またどこの家庭にも置いてある調味料であるために、お金をかけずに掃除することができるというメリットがあります。お酢を使って効率よく掃除するためには、まず水で薄める必要があります。薄める割合はお酢の量に対して、水はその3倍から4倍の量を使用します。容器の中に入れて混ぜ合わせますが、注意をすべきなのは電子レンジでも使用できる耐熱性の容器を使用することです。混ぜ終わった液体を電子レンジの中に入れて、それを内部で3分ほど加熱します。温められた液体の水蒸気が電子レンジの内部の壁に付着している汚れに浸透して、汚れを落としやすくなります。お酢は酸性であるために、特にたんぱく質の汚れに効果があります。

 

“「重曹」を使った掃除テク”

 

View this post on Instagram

 

hisanoさん(@hisanonnon)がシェアした投稿

電子レンジの汚れがさらにひどいときに活用できるテクニックとして、重曹を使った清掃方法があります。重曹も汚れを落とす強い力がありますが、お酢とは異なりアルカリ性の物質であることが特徴です。そのために特に電子レンジの中にこびりついた油を綺麗にするのに適しています。重曹で電子レンジの内部を清掃する方法も、お酢を使用する方法と同じです。適量の水の中に溶かして、電子レンジを使って加熱することで、内部の汚れを落とすことができます。水と混ぜる割合は重曹大さじ1杯から2杯ほどに対し、50リットルから100リットルほどの水を使用して混ぜ合わせます。汚れがひどかったり、電子レンジのサイズが大きい場合には水と重曹の量を同じ割合で増やします。電子レンジで加熱する時間は3分ほどで十分です。加熱して内部のよごれに水蒸気を付着させたら、しばらく放置してから布で内部をふき取ります。

 

“最も大事なのはこまめな掃除”

 

View this post on Instagram

 

あこさん(@ako.v)がシェアした投稿

上記のようにお酢や重曹を使用すればいつでも簡単に電子レンジを清掃できますが、一番大切なことはこまめに掃除することです。定期的に掃除を欠かさないことによって、いつでも綺麗な状態で使用できます。清潔な状態で使用することによって、より安全に使用することができ、故障を防ぐのにも役立ちます。また内部に付着した汚れはほうっておくと、取れにくくなってしまうことも、こまめな掃除が必要な理由です。内部の壁に付着した汚れをそのままにして過熱を繰り返すと、そのたびに汚れの加熱と冷却が繰り返され、落ちにくくなる原因となります。そのために使用する際は、定期的に内部の様子を点検して、汚れがこびりついていたらキッチンペーパーなどを使用して、掃除する必要があります。ターンテーブルなども汚れがつきやすいので、取り外せるタイプのものは洗剤などを使用してこまめに掃除をすることで、より清潔に使用できます。

電子レンジは非常に汚れがつきやすい家電製品であるために、清潔に使用するためにはこまめな掃除が欠かせません。時間がない人でもお酢や重曹を使用することで簡単に内部を綺麗にできます。家庭にあるものを使用して手軽に掃除できることも、お酢や重曹を使用するメリットです。定期的に掃除をすることで安全に使用することができます。


100
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »