人間の動線を邪魔しない家財配置のコツ

18.10/10-Wed/住まい

住みやすい居心地のいい家にするためには、家財の配置が重要です。家具のデザインやオシャレな照明などを集めても人がうまく動くことができなければ居心地が悪くなってしまいます。電化製品や家具、テーブルなどの配置は、大きさやデザインだけでなく、そこに置いたときに人が動きやすい動線が作れているかが重要なのです。

 

“動きづらいリビングには人も集まらない”

 

View this post on Instagram

 

インテリアショップBIGJOYさん(@bigjoy_2016)がシェアした投稿

リビングは家族が集まる団らんの場所で、くつろいでテレビを見たり、食事をするといった家庭もあると思います。そんなリビングの居心地が悪ければ、人が集まらなくなってしまうので家族のコミュニケーションも減ってしまうし、お客様もあまり来てもらえない家になってしまうかもしれません。 居心地の悪いリビングは日当たりが良くなかったり、狭いなどいろいろな理由があると思いますが、銅線がうまく確保できていなくて、動きづらいのも原因になります。 リビングだから大きなテレビを置いてテーブルやソファを配置してと思うかもしれませんが、いろいろな家財を置き過ぎて動線がなくなってしまうと、移動するのが面倒になって、無意識にリビングを使うのを避けてしまうようになります。 居心地の良いリビングの作り方は、部屋の大きさに合わせて家財を購入して、銅線を確保しながら配置していくということです。

 

“人がゆったり動ける幅は60センチ”

 

View this post on Instagram

 

インテリアショップBIGJOYさん(@bigjoy_2016)がシェアした投稿

良いリビングを作るのに重要なのが動線を確保することです。どれくらいの空間があると人が動きやすいのかというと、約60㎝くらいの幅があるとストレスを感じません。60㎝あると人が周囲に気を使わなくても真っ直ぐ歩ける幅だから、家財を配置する時には余裕を持った幅を確保することが大切です。 また動線が確保されているリビングは、家財も余裕を持って置かれているので、例えば部屋の広さがあまりなくても広々した雰囲気に見えるというメリットもあります。 動線はリビング内だけでなく、他の部屋や廊下に行くのも楽になるように配置していくのがポイントです。 ゆったりと動ける動線があると居心地が良くなりますから、人が自然に集まるようになり家族のコミュニケーションもうまくいくようになるはずです。テレビを見たりゆったりとくつろぎながら家族で楽しく会話ができる空間を作っていきましょう。

 

“快適なリビングを作るコツ”

 

View this post on Instagram

 

インテリアショップBIGJOYさん(@bigjoy_2016)がシェアした投稿

リビングの広さはマンションや一戸建てなど、住居によって変わってきます。すべてが正解というパターンはなかなかありませんが、一番大切なことはリビングに家財を置き過ぎないということです。動線を確保するためにも重要なことで、よく勘違いしてしまうことなのですが、くつろぐためにいろいろな物を集めてしまうことです。あれもこれもと家財や小物などを集めてしまうと、ごちゃごちゃとした空間になってしまって、いつの間にか居心地の悪い空間になってしまいます。 動線を確保するためにも家財はできるだけ少なく、空間に余裕をもって配置するようにしましょう。 リビングは人が集まってくつろぐための空間です。だから収納が少なくてもよい場所なのです。いろいろなものを集めるのではなく、個人のものは故人の部屋などにしまうようにして、リビングには必要最低限のものだけを集めると快適な空間を作ることができます。

 

リビングは人が集まって会話をしたりリラックスするための場所です。テレビを見たり飲食をしながらくつろいでのんびりできる場所にしていく必要があります。 その為には人が動きやすい動線を確保できるように、家財を配置していくことが大切です。無理にソファや大きなテーブルを配置するのではなく、空間に余裕があるものを選ぶようにしましょう。


200
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »