キッチンを「欧米風」にリノベーション

18.09/13-Thu/住まい

家のキッチンは毎日の食事の支度を行う重要な設備の一つですが、最近は欧米など海外風のインテリアをリノベーションで採用している人も多くなっていると言います。冷蔵庫や洗濯機など白物家電が発展して来た歴史が異なるなどからも、キッチンのデザインについても国内と海外では異なります。リノベーション時に欧米インテリアにする際のポイントを抑えておきましょう。

 

“欧米のキッチンと日本のキッチンの違い”

 

View this post on Instagram

 

Latte222さん(@manoalatte)がシェアした投稿

欧米などの場合、住宅事情からもキッチンはサイズが大きめになっていることが多く、そのままでは日本の住宅には入らないなどのケースも少なくありません。デザインが気に入ったけれども我が家の台所は狭いので、国産品のものを導入したなどのケースも多いのではないでしょうか。リノベーションの場合は間取りを変えることが出来るリフォーム手法ですから、サイズが大きくてもリノベーションで設置が出来るメリットを持ちます。欧米圏で人気を集めているキッチンデザインの特徴の中には、一部分がバーカウンター仕様になっているものが多くあるのが特徴的です。キッチンとダイニングが一つの空間になっているのが欧米スタイルですが、最近の日本の家も台所からダイニングやリビングルームを見渡せる、ゆったりとした空間づくりが行われている住宅が増えています。昔からの家の場合は壁がありますが、リノベーションを行えば壁を取り除いてバーカウンターを持つ欧米デザインのシステムキッチンの導入が可能です。

 

“欧米式キッチンの特徴”

 

View this post on Instagram

 

FIVES ARCHITECTURE & INTERIORさん(@fives_tokyo)がシェアした投稿

欧米式キッチンの中でも人気を集めているのが、ガスコンロやシンクが設置してある対面にバーカウンターが付いているタイプです。家族3人程度が座ることが出来るスペースを持つバーカウンターは、お酒を飲む場所で利用することも出来ますが、朝食などを食べる時にも便利なスペースです。また、欧米に住んでいる人々などは、朝食などの軽めの食事は、ダイニングテーブルで摂るよりもバーカウンターで食べるケースが多いと言われており、バーカウンター付きタイプに人気が集まっているわけです。尚、家族全員が集まって食事をする時にはダイニングに設置してあるダイニングテーブルで食事を摂るなど、使い分けが一般的になっています。アイランドキッチンは開放感あふれるシステムキッチン、広い家で採用が行われていることが多いのですが、こうした設備もリノベーションを行い、間取りを変えることで設置することが出来る魅力もあります。

 

“キッチン取替にかかる費用”

 

View this post on Instagram

 

@beyondsachikoがシェアした投稿

海外のシステムキッチンの特徴の中には家電品が埋め込まれているタイプが多い点です。冷蔵庫や電子レンジ、オーブンなどがシステムの中に埋め込まれているため、台所のスペースはとてもすっきりとした空間になっているのが特徴です。リノベーションを行えば、海外のお宅で利用しているような豪華なシステムも導入が出来るようになるわけです。リノベーションをどこまで行うのかに応じて費用も変わりますが、大まかな費用としては、台所スペースを広くするためのリノベーション費用、旧設備を取り外して廃棄物として処理する費用、新しい設備を導入する時の製品価格および取り付け費用などになります。尚、水回りやガス位置などを変更する時などは、インフラ整備などのコストも別途必要になるわけです。海外からの輸送も行われる関係上、輸送コストも必要になりますが、こうした費用は商品代金に含まれていることも少なくありません。

 

リノベーションにより、我が家にも欧米スタイルのシステムキッチンを導入することが可能になって来るなどからも注目を集めています。海外製品の中にはこれは便利だと思われるものが多く、利便性が高いものを求める人々からの注目を集めています。最近はインターネットを利用することで欧米圏で人気を高めているキッチンの購入が出来る便利な時代など、これからリノベーションを検討されている場合には一度通販店をチェックすると良いでしょう。


90
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »