庭の植木に害虫を寄せないためのテクニック

18.09/10-Mon/アイテム

庭の植木に害虫を寄せないためのテクニックはいろいろと合って、どんな場所で出来る事は意外とある物なので、どんな庭でも出来る事をするとその効果はかなり期待することが出来ます。害虫といっても苦手なものは必ずあるので、そうした苦手なモノを置いたり、散布するという事だけでもかなりの効果を期待することは出来ます。

 

“草木灰を撒いてブロック”

 

View this post on Instagram

 

三笠高校地域連携部さん(@mks.tiikirennkei)がシェアした投稿

草木灰を撒いてブロックするという方法は比較的簡単に出来る上に、何も難しい事は無いので、数ある方法の中でも有効的に使う事が出来る方法という事が言えるでしょう。草木の灰は有害ではありませんが、全く意味のないものとなっているので、害虫にとってはわざわざそのようなモノがあるところに来る意味が無くなると考えられます。庭に来る害虫はその場所に好んで来るというわけですから、別に好ましい場所ではないという事を教えてあげることで以外にその数を減らすという事は出来るわけです。何もない時と比較するとこれだけ出もかなりの効果を発揮するという事が出来るでしょう。これは害虫対策の基本的なテクニックという事にもなります。臭いもありませんし、美観も損なう事は無く、簡単に出来る対策なので、まずはこれで様子を見るという事から始めてもいいかもしれません。他の対策と組み合わせて使用出来るという事も良いことです。

 

“虫が嫌うハーブを植えてブロック”

 

View this post on Instagram

 

junko-k-yさん(@jasumin_mimosa)がシェアした投稿

虫が嫌うハーブを植えてブロックするという事も出来ます。ハーブは殺菌の効果がある為か虫が嫌う傾向があります。少しでも嫌な感じがすると害虫はそこは出来るだけ避けるという本能があるので、こうしたちょっとしたことでも、その効果はかなりのものとなると考えられます。害虫にとって庭に来ることは数ある選択肢の一つに過ぎないわけですから、少しでも違和感を感じたり、嫌な臭いがするようなところは、徹底的に避けるという傾向があります。そのようなところは他の選択肢が無くなってどうしようもないという時にだけやってくるという事になるので、最終手段としてそこしかないという場合以外の虫を遠ざけることが出来るというわけです。臭いはかなり効果のある害虫対策となると考えられますから、ハーブを植えてみるという事は実効的な手段となると考えてもいいでしょう。人が臭いを感じるぐらいですから、虫はとんでもなく嫌悪する臭いとなるのかもしれません。

 

“牛乳を霧吹きで撒いてブロック”

 

View this post on Instagram

 

アトリエ花子🏡実店舗佐野店💐さん(@atelier_hanako)がシェアした投稿

牛乳を霧吹きで撒いてブロックするという事をしてみてもいいかもしれません。牛乳で害虫の中でも代表的なアブラムシをやっつけてしまうという事がこれで出来るというわけです。アブラムシに牛乳の膜がくっつくと、乾燥した時にその膜が縮んで圧縮されて虫が圧縮死、若しくは窒息死してしまうという仕組みになっています。ですから、よく晴れそうな日の午前中などに散布をして後は太陽の力を借りてやっつけてしまうという事をするといいでしょう。この方法の場合は乾燥を利用するので雨の日にしても意味はない。天候を睨みながら今日はいい天気になりそうだというのであれば、散歩に行く前に庭の害虫対策をしてから行くという事をしても良いのかもしれません。比較的簡単に出来ますし、効果もある方法なのでやってみるといいでしょう。庭の守りたい植物全体に満遍なく吹き付けるとよいはずです。後で水で洗い流すことは忘れないようにしましょう。

 

庭の害虫対策はするとかなりの効果を期待することが出来ます。するのとしないのとでは全く違うといって良いでしょう。方法はいろいろとあるので、出来る事をいろいろと試すという事も効果的です。ただ、完全に害虫をブロックするという事は無理なので、出来るだけということになりますが、やって意味のないという事はありませんから、テクニックは様々にあって、出来る事は全てするぐらいの事でいいかもしれません。


20
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »