憧れのカフェ風への第一歩。簡単インテリアアレンジ3選

18.09/23-Sun/住まい

普段行くカフェをイメージしてみましょう。どんなインテリアがあるかどんな雰囲気かそれに近付けるとご自宅もカフェ風に変身が可能です。
もしイメージをしにくい場合はポイントを絞って室内をアレンジしていくとカフェ風になります。

ポイントは壁紙、小物、照明です。
この三点を抑えておけば、憧れのカフェ風生活は手に入ります。

“タイルや木目のカッティングシートで壁紙をアレンジ”

 

View this post on Instagram

 

Atsuko Nishioさん(@atsukonishio)がシェアした投稿

普段は意識することが少ないですが、室内のイメージを大きく左右するのは壁紙です。インテリアを工夫するよりも、壁紙をアレンジすると大きく室内の雰囲気が変わります。

カフェ風と言えばウッド調の内装が代名詞です。壁に木材を打ち付けるのはあまりにも無謀ですが、木目調のカッティングシートを壁に貼ってしまえば簡単にウッド調の内装にアレンジ出来ます。

木目の色目や年輪の有無など、木目カッティングシートには様々な種類がありますので、お好みのモノを選んでみましょう。

他にもタイル貼り内装のカフェもおしゃれですよね。
かわいいイラストが描かれたタイルをワンポイントにしているカフェは滞在しているだけで癒されます。

そんなタイルを模したカッティングシートも存在します。木目よりも柄の幅は広いですので、選択肢は広がります。

キッチンやお手洗いはタイル調、ダイニングは木目調と分ける事でカフェ風が強くなるかもしれません。

“黒板ボードにチョークでメニューを書く”

 

View this post on Instagram

 

GARAGE CRAFT MARKETさん(@garagecraftmarket)がシェアした投稿

ご家族がいらっしゃるご家庭なら、各々のスケジュールを管理するためにカレンダーに予定を書き込んだり、伝言板代わりに冷蔵庫にマグネットで付けるタイプのホワイトボードを利用している方が多いと思われますが、それを黒板にする事で一気にカフェ風がアップします。

カフェの店内にあるメニューボードのイメージで、黒板ボードにチョークで書き込むとおしゃれ度が増します。

伝言やスケジュール管理だけではなく、晩御飯の献立なんかを書き込めば本当にカフェのメニューボードみたいになりますよ。

ホームセンターに行けば様々なサイズの黒板が売っていますので、ご自宅の設置場所や利用目的に合わせたサイズを選びます。チョークもカラーバリエーションが豊富なので白だけではなく色んな色を使い分けましょう。

チョークで書くと消した際に粉が飛ぶのは学生時代に経験済みだと思います。キッチンに設置する場合は食材にチョークの粉がかからない様に注意です。

 

“照明にこだわればカフェ感もグッとアップ”

 

View this post on Instagram

 

星野村カフェ&ジム Soraさん(@cafe_sora)がシェアした投稿

インテリアで最もこだわりが反映されるのが照明です。
壁紙や黒板でお洒落に決めても天井に事務所の蛍光灯があったら、せっかくのカフェ風インテリアも魅力が半減します。

毎日の生活で光は必要なので、室内すべてをカフェ風にする必要はありません。自分が一番こだわりたい部分に注力すれば良いと思います。
特筆すべきは間接照明です。間接的に光を利用するとお洒落度合いがアップし、リラックス効果が生まれます。

照明はこの3つのポイントの中でも一番費用がかかるポイントです。お洒落なものになればなるほど価格が高くなりますし、LEDになってくると更に費用が嵩みます。

一番重要なポイントですが、費用もかかりますので、インターネットや販売店を巡りに巡って、お気に入りの品を見つけてください。
カフェ風の本領を発揮するのは昼ではなく夜だといっても過言ではありません。この部分はしっかりこだわりましょう。

壁、小物、光の3ポイントで部屋は驚くほど見違えます。
カフェ風と一口に言っても、ポップな雰囲気からレトロな雰囲気まで幅広いです。
自分にお好みあった雰囲気のグッズを利用し、この3ポイントを抑えるときっと満足できるカフェ風お部屋に変身できます。
おしゃれな部屋で過ごす時間はとても有意義です。がんばってカフェ風を目指しましょう。


190
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »