バリアフリーを考えたリノベーションをするなら知っておきたいこと

18.10/25-Thu/住まい

住み慣れていたマンションが住んでいる人の老化とともに、いつの間にか使い勝手の悪い場所に変わってしまうこともあります。そのようなときには生活動線や段差などに注意してバリアフリーのリノベーションを家が得て見ることも一つの手段です。住まいを直したことでその後もまた、長く快適に住み続けられる可能性も少なくないからです。

 

“そもそもバリアフリーに対応したマンションか”

 

View this post on Instagram

 

🌈✨一度きりの人生をHAPPYにしよう✨🌈さん(@imayama1010)がシェアした投稿

マンションを老化した家族に合わせてバリアフリー化を考えてリノベーションするとき、まずはそこがバリアフリーに対応したマンションかどうかを調べることから始めることが大切です。賃貸ではなく購入したものであれば、一般的にはリノベーションをおこなうことは難しくないと思われます。しかしそもそも契約時に何らかの条件があることも全く無いとはいい切れず、バリアフリー化を図ろうとしたら工事が出来ないということもないとはいえません。そこでリノベーションを計画する前にしっかりと対応しているかどうかを調べ、万が一にも計画倒れになったりしないように気をつけましょう。もしも手元に資料などがなかったり見つからなかったら、マンションの管理組合の規定などを調べてみてはいかがでしょうか。また自分では調べるのが難しいなどの出来ない事情があるときには、ケアマネジャーなどの専門家に相談するのです。

 

“生活動線を考えてリノベーション箇所を洗い出す”

 

View this post on Instagram

 

中日設計事務所さん(@chunichi_ao)がシェアした投稿

住んでいる人は一日のうちに家の中をたくさん動きますが、いつも部屋から部屋へと隅々まで動いているわけではありません。朝起きたらトイレに行って洗面所で顔を洗ってキッチンで朝食を作ってなど、一日の始まりや就寝時までの動きはおおよそ決まっているものです。つまりバリアフリー化のリノベーションは、その家事などの生活動線を十分に把握してからおこなうと無駄なく直すことが可能なのです。そこで間取りの大体の図を描くなどして、そこのどこに段差があるのか、どこの使い勝手が悪いためにリノベーションすることを思っているのかを見極めて印をつけましょう。そのようなものを用意するとたとえばケアマネジャーなどに相談する場合でも、口で説明するよりもより一層分かりやすく相手にも伝わります。またうっかりと説明し忘れてしまうようなこともなく、記録も残るのでさまざまな行き違いが起こることもありません。

 

“床の段差をなくす工夫を”

 

View this post on Instagram

 

Ichiguchi Kensetsu Inc.さん(@ichiguchi_kensetu)がシェアした投稿

住居のバリアフリー化を考えるとき、一般的には段差をなくしたり手すりをつけるなどのリノベーションになります。特に老化が進むと足の爪先が上がりにくくなって少しの高さの違いでも躓いてしまったり、筋力が衰えるために足を高く上げて浴槽に出入りすることが困難になる場合もあるのです。また最近の住宅であれば玄関やバスルームなどに手すりが多くつけられているようなバリアフリー仕上げに鳴っていることも少なくありませんが、古い住宅であるほど手すりがなかったり段差が大きかったりするのです。ところでもしも現在住んでいるところがリノベーション不可の建物であった場合、あわてて引越しなどを考えずに床の躓きそうな場所をなくす工夫をしてみてはいかがでしょうか。自作でおこなったり今はDIYのショップにもいろいろな便利グッズが揃っていますから、それらを出来るだけ利用してみることがおすすめです。

 

長く住んでいる場所が年齢を経るとともに使い勝手が悪くなっていくのは、長寿の時代には仕方のないことではないでしょうか。そして住みやすい場所だからいつまでも住み続けたい、移動したくないと考えるのは普通のことです。そうだとしたらリノベーションなどのさまざまな工夫で、少しでも快適に長く住むための手当てをするのは必要です。

 

 


80
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »