電子レンジ、掃除してますか?汚れがこびりつく前に対応を!

18.10/12-Fri/アイテム

電子レンジの汚れが目に入りつつも、後回しにしてしまっている人も多いのではないでしょうか。その理由は、どのように掃除をすれば良いのかが分からないからなのです。それと、どれぐらいの頻度で行うのが良いのでしょうか。今回は電子レンジの汚れを簡単にキレイにする方法をご紹介していきます。また予防する為には何を意識すれば良いのかについても詳しくお話していきます。

“電子レンジは汚れやすい!”

 

View this post on Instagram

 

チョコミントさん(@after.nooon)がシェアした投稿

電子レンジを毎日使っているという人は多いのではないでしょうか。最近では、電子レンジで簡単に作れるレシピも多数紹介されている為、料理に役立つアイテムとして定着しています。電子レンジの機能は、温めや解凍がメインとなります。オーブンなどが付属しているものであれば、それに焼いたり蒸したりという要素も含まれてきます。

野菜などの下処理で電子レンジを使用するという人も多く、かぼちゃなどはレンジでチンしてからの方が簡単に包丁が入るとして重宝されています。数々の食材を温めたり、蒸すことで電子レンジの中は常に汚れている状態と言っても過言ではありません。蒸気や飛び跳ねなどによるものはレンジ内にこびついているものの、その時には確認できない為に放置されやすいという特徴があります。気付いた時には汚れがびっしりと固まった状態で、掃除をするのが大変になってしまうこともあるでしょう。

“汚れを放置すると火事になる?”

 

View this post on Instagram

 

MAYUさん(@ma.yuy___am)がシェアした投稿

電子レンジの汚れを放置すると火事の原因になることがあります。飛び跳ねた食材がレンジ内にこびりついてしまい、固まりのような状態になってしまうと、電子レンジで加熱した際に焦げてしまう可能性があります。その焦げ方によっては、出火の原因となることもあり、火事に繋がってしまうのです。一度こびりついた汚れは簡単には取れません。そうなる前に対処しておけば、火事の予防にも繋がるのです。

汚れたらその都度拭き取り、対処していれば火事の原因になることはありませんが、食材が飛び散っていることをわかっていても見て見ぬ振りをしてしまっている人は要注意です。今すぐにキレイにしておきましょう。電子レンジをよく使うという人はレンジ内をよく見て確認し、汚れが付着していないかをチェックしてください。もしあるようでしたらキレイにしてから使うようにしましょう。日頃から意識しておくことが大切です。

“電子レンジの正しい掃除方法と頻度”

 

View this post on Instagram

 

hisanoさん(@hisanonnon)がシェアした投稿

電子レンジの掃除は重曹水やレモンを使用すると簡単に行うことができます。重曹水をレンジで加熱し、ドアを閉めた状態で15分程度蒸らしてください。水蒸気によって内部の焦げつきを浮かし、落としやすくしてくれます。水蒸気が覚めたらキレイな布巾で拭き取ってください。この時に水分を残してしまうとカビの原因になりますので注意しましょう。

レモンを使うと油を落とすことができます。レモン水をレンジで加熱し、重曹水と同様に時間を置いてから拭き取ります。リモネンという成分によって油を浮かし落としやすくしてくれるのです。頑固な場所にはレモンの切り口を直接擦りつけるのもおすすめです。掃除の頻度としては、使う度に拭くというのが一番です。頑固な状態になってしまってからですと、落とすのが大変になってしまいます。そうならないように日頃からケアしておくと面倒な手間が必要ありません。

電子レンジの内部は思っている以上に不衛生になりやすい場所です。食品を扱う場所ですので常に清潔であることを目指しましょう。使ったらその都度キレイに拭き取っておけば、面倒な手間を減らすことができます。頑固な状態になってしまったら、重曹水やレモンを利用してキレイに落としてください。レモンはレンジ内の臭い消しにも効果があります。


80
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »