ウォールデコでお部屋を華やかに!手軽にできる模様替え

18.10/16-Tue/住まい

お部屋の印象を大きく変えたいと思ったら、お部屋の中でも面積の広い壁に手を付けていくことが必要です。ここが変わればお部屋が全く違う印象になります。便利なアイテムを利用したり、家にあるもので飾ったりという形で楽しんでウォールデコをしてみましょう。自分の好きなものや目指すお部屋のイメージを取り入れていくのがおすすめです。

 

“ウォールデコってどんなもの?”

 

View this post on Instagram

 

fukaさん(@fuka_0718)がシェアした投稿

ウォールデコとは、その名の通り壁面にデコレーションを施すというものです。パーティーの時などに壁に飾りつけをしたり、海外などで写真などを壁に飾っていたりするのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。こうした形で飾り付け、お部屋全体を楽しい雰囲気にしていくのがウォールデコです。
どのように飾るかという事に決まりがあるわけではありません。自分の好きなように飾ることが大切です。自分の部屋などは趣味などを前面に出してもよいでしょう。リビングなどは他の家族や来客なども訪れるところなので、少し控えめなものにしていくのがおすすめです。
自分で飾りたいものがある方はそれを飾っていけばよいですし、ウォールデコ用のグッズなどもたくさん出てきていますから、センスに自信がないけれど壁を楽しくしたいという場合にはこうしたものを取り入れていくようにするのもおすすめの形です。

 

“ウォールステッカーがお手軽でおすすめ”

 

View this post on Instagram

 

なつさん(@8natsu5)がシェアした投稿

壁の広いスペースが開いていて寂しい状態になっているという場合、効果的にウォールデコを行っていくために利用したいのがウォールステッカーです。大きなものを利用して、壁に貼ることで壁全体をデザインできます。小さなデザインのものもあり、ワンポイントで貼り付けることも可能です。小物などに貼って壁との一体感を出すという事も可能でしょう。貼るだけで良いという点が手軽で使いやすいポイントです。春一や組み合わせ方を考えていくのも楽しいものです。
ただし、下の壁紙によってはそのまま貼ることが出来ないので注意しましょう。貼ることはできても、はがす時に一緒に壁紙も剥がれてしまう恐れもあります。その点は十分注意しておきましょう。自分の家であればよいですが、借家の場合は壁や壁紙を傷めてしまう事もあるので、ステッカーを使用する際は大家さんなどの許可を前もって得ておくと安心です。

 

“ポスターやファブリックを額縁に入れて飾る”

 

View this post on Instagram

 

ko_odnさん(@ko_odn)がシェアした投稿

ステッカーを壁に貼るのが難しいという場合でも、ウォールデコで模様替えをする方法はあります。額縁に入れた好きなものを壁に掛けていくという方法です。飾りたい絵や写真があればそれを額縁に入れてみましょう。
特に絵や写真など好きなものがないという場合には、これから目指すお部屋のイメージに近いポスターやファブリックを額縁に入れます。一つだけではなくいくつか小さめの物を作っておくのもよいでしょう。額縁が無くても、適当な大きさに切った段ボールや発泡スチロールにファブリックなどをくるむように止め付ければそれだけでファブリックボードが出来上がります。それを壁に配置していきます。配置の仕方によって変化が生まれるので、どの配置が効果的か考えながら取り付けていきましょう。
布を使う場合にはカーテンやベッドカバーなどの布製品とテイストを揃えるようにするのがおすすめです。お部屋全体に統一感が生まれます。

 

模様替えをしたことがある方でも、壁にはなかなか手を付けられないという事も多いのではないでしょうか。面積の大きな壁は印象を変えるには欠かせないリメイクポイントです。壁紙を変えなくても、ステッカーや額縁を利用して簡単に印象を変化させることが可能です。模様替えをするならぜひウォールデコについても考えてみましょう。


120
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »