便利な壁面収納はDIYですぐ作る!予算に合わせたアレンジ術

18.10/11-Thu/アイテム

お部屋には細かいものがたくさんありますが、すべてを使いやすく収納するスペースがないという方も多いのではないでしょうか。これ以上収納を増やせないと考えている方も、空いている壁面を利用して壁面収納を作ってみましょう。手軽に作れるものから本格的なものまでありますので、収納したいものや予算に合わせて選んで手がけていくようにしてください。

“壁面を活用すれば収納スペースが倍に”

@handabandiがシェアした投稿

お部屋のスペースというものは限られています。棚などを増やせば収納できる量は増えていくように感じますが、奥のものが取りにくくなったり、お部屋が狭くなってしまったりということが起こってきます。そうなると暮らしにくさにつながっていってしまうのです。棚などの大きなものを置くとそれだけで圧迫感があります。これ以上収納を増やせないという悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
そのような方にお勧めなのが壁面を活用することです。お部屋自体は大きくなくても、壁の部分が使われなくて開いているという方も多いです。そのスペースをただ遊ばせておくのはもったいないものです。壁面収納を作って、ちょっとしたものを収納することが出来るようにDIYしてみましょう。大きな家具を新たに入れるわけではないので圧迫感もないですし、収納スペースを倍に増やすことも夢ではありません。

“100均一で作るならワイヤーネットがおすすめ”

Kazumi Murataさん(@nico25maruko)がシェアした投稿

壁面収納を作ってみたいけれど、難しい工事をするのは嫌だしお金を掛けられないという方にお勧めのグッズが、100円ショップなどでも販売されているワイヤーネットです。金属で網目が作られている板のようなものですが、これを壁に掛けるのです。フックなどを壁に取り付けてそこにネットをひっかけるだけで設置できるので、DIYに慣れていない方でも簡単に利用できるはずです。
ワイヤーネットを壁に取り付けたら、そこに別売りのワイヤーポケットなどをはめ込んでいきます。好きなポケットを選んでつけられるので、収納したいものに合わせて選んでいきましょう。机のわきなら文房具を収納できるように、キッチンなら調理道具が収納できるように必要なポケットを付けます。
ワイヤーネットを結束バンドなどでつなげればさらに大きくすることもできます。用途や設置スペースに合わせて組み合わせを楽しんでみましょう。

“本格派はディアウォールがおすすめ”

Megumiさん(@megumi7965)がシェアした投稿

壁面収納を作るなら本格的に作りたいという方にお勧めなのが、今人気のDIYグッズであるディアウォールです。木材の両端にはめ込み、天井と床に木材を突っ張らせる形のものです。木材を二本立てて、棚受けと棚板を取り付ければ棚が出来上がります。好きな高さに棚を設置することが出来るので、効率的に使うことが出来ます。壁がない時でも、間仕切りのように部屋の中央に配置して利用するという方法もあります。
棚以外にも、ボードを取り付けるという事も可能ですから、ホワイトボードや黒板などを付けて利用することが出来ますし、ワイヤーネットと組み合わせればさらに収納力のある壁面収納が出来上がります。
壁に穴をあけるという事も必要ないため、借家でも本格的な壁面収納を作ることが出来るという点で人気があります。ぜひディアウォールを使って自分の使いやすい壁面収納を作っていきましょう。

収納が少ないからと言ってあきらめる必要はありません。空いている壁を利用したり、新しい壁を作ったりして壁面収納を設け、収納力をアップさせていきましょう。予算が少なくても手に入りやすいグッズなどを使えば簡単に壁面収納ができます。今の自分の暮らしに合った形のものを取り入れて、使いやすい収納を作っていきましょう。

120
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »