ストールでいつものコーデにアクセントを!

18.10/18-Thu/住まい

秋口になると『着る服がない…』と感じる方や、『冬は寒いからたくさん着込みたいけれど、おしゃれも忘れたくない』という方は多いと思います。そんな方々におすすめしたいのが、ストールを上手に取り入れたコーディネートです。今回は、その賢い使い方や活用法、そしておしゃれに見える巻き方などについて解説していきます。

“ストールは万能アイテムなのです”

 

View this post on Instagram

 

アントワープ須磨板宿店さん(@antwarp_suma_itayado)がシェアした投稿

『ストール』と聞くと、少々古めかしい印象がある方もいるかと思います。『実家のおばあちゃんが使っていた』『年配の方が使うイメージ』という感想を持たれる方も、少なくないでしょう。しかし昨今、ストールはおしゃれな女性たちのファッションにおいて必需品になりつつあるのです。では、皆さんはどのように活用しているのか、その方法についてお話します。
ストールは多くの場合、肩から羽織るようにして暖をとるアイテムとして認知されています。もちろんそれは素敵な使い方なのですが、他にも色々と活用法があるのです。まず従来のマフラーのような位置で使う方が多いのですが、マフラーよりもボリュームがあるため首回りが華やかになるだけでなく、ぐっと温かみが増します。その幅を活用して巻くと大きなスカーフのようなおしゃれな巻き方になりますし、フリンジを活かすアレンジも素敵です。オフィスでちょっと寒い時にはひざ掛けにもなり、冷えがきになる女性は腰回りに巻いてデスクワークを行うことも出来ます。ストールは思った以上に、万能アイテムとしての一面を持っているのです。

“選び方のコツ①カラー”

 

View this post on Instagram

 

ころもさん(@co_coromo_mo)がシェアした投稿

秋冬のコーディネートはどうしても、黒や紺といったダークカラーが主役になってしまいがちです。特にアウターとして着用するコートはそういった色をチョイスする方が多いので、その人全体の印象が暗い感じに見えてしまいます。そんな問題を解決してくれるのも、実はストールなのです。華やかな色のストールは秋冬のコーディネートのアクセントになるので、地味な色ではなく華やかで明るい色を選ぶようにしましょう。鮮やかなカラーが顔の近くにあるだけで、その人の印象もぐっと明るく素敵なものになります。単色のものでも十分素敵ですが、ちょっとした柄が入っているものだと華やかさが増します。
落ち着きすぎた色合いになりがちな冬のコーデでも、首元や上半身にアクセントカラーが入るだけでぐっと素敵になります。ストールを選ぶ際には、ぜひそういった色を選ぶようにしてください。

“選び方のコツ②素材の選択”

 

View this post on Instagram

 

ATLUCKWATCHさん(@atluckwatch_official)がシェアした投稿

大人の女性として注意したい選び方のコツに、『素材』が挙げられます。ストールは非常にリーズナブルなものから高級なものまで、様々なものが市販されています。その値段の違いはブランドなどの影響もありますが、大きい要素はその素材です。安価なものはアクリルやポリエステルなどの化学繊維で作られていることが多いですが、高価なものはウールやカシミヤといった天然素材で作られています。化学繊維は洗濯などの扱いが楽ですが静電気が起きやすく、肌触りもそれなりです。しかし天然素材のものは滑らかな手触りと上質な暖かさ、キメの細かさなどが特徴です。大人世代の女性には、ぜひ良質なものを身につけて頂きたいものです。また静電気が起こりにくい天然素材の製品は、髪や肌の乾燥も防いでくれる効果があるため女性の肌に優しいとされています。
ストール選びにはカラーだけではなく、その素材もきちんとチェックするようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。秋冬の肌寒い季節に取り入れたいストールは、暖をとるだけではなくとても素敵なファッションのアクセントになってくれます。大人レディの着こなしをしたい方には、ぜひ取り入れていただきたいアイテムの一つです。いつものコーデにちょっと加えるだけで俄然素敵になるこのアイテムを上手に活用し、寒い季節にもおしゃれを楽しんでいきましょう。

 


130
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »