すぐに使えることが大切!見せて置ける防災グッズ

18.11/08-Thu/アイテム

テレビなどで災害ニュースを見ると、防災グッズを用意しようと考える方が多いのではないでしょうか。しかし実際に実行しようとして断念することもあります。防災グッズを揃えるには、時間と手間がかかるからです。
「見せる防災グッズ」はデザイン的にも優れているので、部屋の雰囲気を壊したくない方にもお勧めです。見せることを前提に作られているので、お洒落なものが多く発売されています。災害時に見せる必要はないと思う方もいるかもしれませんが、見ているだけで良い気分になるものは気持ちを和ませます。

“もしもに備えて防災グッズを”

 

View this post on Instagram

 

maico*⑅さん(@maico_koti)がシェアした投稿

災害は忘れた頃にやってくるものです。その時になって慌てないように、普段から十分な準備をしておきましょう。非常時に慌てないように、その時必要になるものを準備しておきましょう。準備をしておけば、いざという時に慌てずに落ち着いて対処できるようになります。
現在では色々な防災グッズが発売されています。水や食料といった生活必需品から、カセットコンロのようにあれば便利なものまで揃っています。防災グッズを購入する時は、あらかじめ必要なものリストを作成してから行動すると漏れがなくなります。リストを作るのが面倒という方は、あらかじめセットになったものを買うこともできます。セットのものを手に入れるにしても、自分にとって何が必要なのか考えることは必要です。スタンダードなセットから、家族用・女性用・子供用などのセットもありますので、自分に合ったものを用意することが大切です。

“しまい込まず手の届く場所に置くのがコツ”

 

View this post on Instagram

 

@rakuda37がシェアした投稿

防災グッズを手に入れたら、普段使用しない収納の奥にしまいこむ方もいるでしょう。しかしそれでは災害が発生した時に困ります。地震などですぐに自宅から逃げる場合など、グッズを取り出す時間的余裕がない場合もあります。またグッズの中に水や食料などが入っていると、知らぬ間に賞味期限が切れてしまう場合もあります。もし災害が発生しなかった場合、これらは普段の生活で消費することになります。その時に後悔しないためにも、グッズは手の届く場所に置くのが良いです。
自宅の様子によっても異なりますが、一番のお勧めは玄関です。玄関の扉から出られない場合を除いて、自宅の外に避難する場合は必ず通るからです。玄関に置けばグッズを忘れてしまう危険も減ります。玄関の他にもお勧めの場所があります。それは枕もとです。
夜間に地震が起きた場合などは、目覚めた瞬間から避難が始まっています。その時に傍に防災グッズがあれば、すぐに手を伸ばすことができます。

“見せて置ける防災グッズもある”

 

View this post on Instagram

 

chobiさん(@chobi_sion_beethoveniana)がシェアした投稿

防災グッズを普段の生活の場に置いた方が良いのはわかったけど、見た目が良くないので置きたくない方もいますね。折角のお洒落なインテリアも、無粋な防災グッズで台無しということもあるかもしれません。しかし現在は見た目も洗練された防災グッズもあります。
避難バッグがぬいぐるみになっているものなど、普段はインテリアとして楽しむことができます。また日常的に目にする場所に置くことにより、災害時も慌てずに持って逃げることができます。そして可愛らしい姿は慣れぬ災害で不安な時も心を和ませてくれます。
実用派の方には、椅子型の防災グッズがお勧めです。紐がついているのでバッグのように持ち運ぶことができます。普段は椅子として使用すれば、お部屋の雰囲気を壊すことなく活用できます。
「見せて置ける防災グッズ」を置く場合、定期的に日時を決めて避難訓練をすることをお勧めします。ぬいぐるみや椅子のように扱うことに慣れてしまうと、いざという時に適切に持ち出せない可能性があります。そうならないために、普段から練習しておきましょう。

防犯グッズを揃えるべき一番大きな理由は、災害時に焦らずに冷静に行動するためです。人間は慣れぬ環境に置かれると、どうしてもパニックを起こしやすいものです。そうならないために普段からの準備が大切です。それに加えて目的用途にあったグッズを選ぶことも重要です。グッズを購入しても役に立たなかったのでは意味がありません。しっかりと準備をして災害に備えましょう。

 


200
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »