もうしまう場所がない!増えた靴をしまう玄関収納のアイディア

18.10/08-Mon/インテリア

本当にオシャレな人は足元も常に気にしてコーディネートをするものです。洋服に合っている靴を選べるようにしていくと、いつの間にか数が増えてしまって収納に困ることもあるのではないでしょうか。玄関が雑然としないように、上手に靴を収納していく玄関収納術を駆使すれば狭いスペースでもきれいに靴を見せることができます。

 

“スペースがあるなら見せる収納で”

 

View this post on Instagram

 

meguri.kさん(@meguri.k)がシェアした投稿

玄関はおうちの顔といってもいい場所です。扉を開けた時にそこが散らかっていると、リビングなどがきれいに整理整頓されていても、印象としては散らかっている家というイメージを持たれてしまいます。
上手な玄関収納をするときにスペースに余裕があるなら、適当においておいても十分に整理されて見えるかもしれませんが、例えば家族ごとやサイズ、靴の種類に合わせて収納していくと玄関収納術を利用していくとさらに整理整頓して見せることができます。靴はかかとを手前にしまうことが多いと思いますが、あえてつま先を前にしてしまっていくのも見た目が新鮮できれいです。ただつま先を前にすると取り出しにくくなってしまうので、100均などで売っているトレーを下に敷いておくと簡単に引っ張り出せて便利です。ちょっとしたことですが、普通にあるグッズをアイディア次第で素敵な玄関収納に変えることができるので試してみてはどうでしょうか。

 

“収納グッズで下駄箱の収納率をアップ”

 

View this post on Instagram

 

satomiko.sさん(@sacchan00home)がシェアした投稿

下駄箱の決められたスペースを有効に使っていくなら、玄関収納グッズをうまく使っていくとより多くの靴を仕舞っていくことができます。例えば下駄箱の扉の裏に100均でうっているタオル掛けをつければ、タオルをかける部分にスリッパやサンダルといった平べったいものひっかけてしまうことができます。タオル掛けではなくて、シール式のフックとツッパリ棒でも同じようなものが簡単に作れます。
ツッパリ棒をうまく利用していくと、棚を新たに作ることもできるので仕舞える靴の数を増やすこともできます。特にハイヒールなどかかとが高い物は、かかと部分をツッパリ棒に引っ掛けていくと、しまえる数を増やすこともできます。ツッパリ棒はその他にも2本間隔をあけてつけていけば簡単に棚を作れたりと、アイディア次第でいろいろと使える便利なグッズです。その他にもちょっとした工夫で狭い下駄箱を有効に使っていくことができます。

 

“収納以上に増えすぎないようにすることも大事”

 

View this post on Instagram

 

ユニバーサルホーム長久手店さん(@universalhome_nagakute)がシェアした投稿

収納術で大切なことは、たくさんの物を片付けていくことだけではなくて、物そのものを増やさないようにすることも大切です。玄関収納術でもやはりしまえるアイテムの数には限界があります。例えば傘などは家族の人数分だけにして、使わないものは処分をしたり物置などに置いておくとよいでしょう。玄関にはついいろいろなものを置いてしまいがちですが、本当に必要なもの以外は処分するか別の場所に片付けることが大切です。玄関はデッドスペースもできやすいので、ツッパリ棒や100均で売っているプラスチックのケースなどをうまく利用して、スペースを増やしていく工夫をしてみるのもよいでしょう。それでもきれいな玄関に見せるためには、できるだけ物を減らすようにして、すっきりとさせることが玄関スペースを快適な空間にするためのポイントになります。古いものは処分して、必要な使うものだけおいておくようにしましょう。

 

玄関収納はアイディア次第で、しまっておける靴などの数は増やすことが可能です。100均の安いグッズでも上手に使っていけばきれいな玄関収納を実現することができます。けれども玄関収納で大切なことは、しまえる量を増やすこと以上に、使わないものや古いものなどは処分をして物を増やさないようにすることがポイントです。

 


0
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »