カーキ色で季節感あふれるナチュラルコーデを楽しもう!

18.10/02-Tue/アイテム

カーキ色はグリーンがかったグレーやベージュといった雰囲気でグリーンオーブのような色合いをしています。また、色味も明るめのものから暗めのものまで幅が広いのが特徴です。普段、あまりカーキ色を着ないという人にとってはミリタリーやカジュアルな印象を持つことが多いかもしれませんが、上品でナチュナルな着こなしにも対応してくれるところが魅力でもあります。

“定番のホワイトと合わせる”

カーキ色はカジュアルなアイテムに用いられることが多いため、同じくカジュアルな色味と合わせると、少し上品さにかけてしまうことも少なくありません。そこでおすすめなのが白です。中でも定番はカーキのボトムにシンプルな白のトップスを合わせる組み合わせです。これだけで清涼感のある上品でナチュナルな雰囲気になります。少し濃いめのカーキを使うことで、全体が軽くなりすぎないようにするのがポイントです。また、この組み合わせは、シャツやカットソーなど比較的軽いトップスが良いので、春夏の方がおすすめです。秋冬の場合にはデニムに白のインナー、アウターにカーキを持ってくるのが定番の組み合わせです。しかし、男性っぽかったりカジュアル過ぎな印象になりやすいので、ストールや靴や鞄などで女性らしさや上品さを演出できるように工夫することがポイントになります。

“ネイビーと合わせて上品に”

ayaさん(@ayayaya1029)がシェアした投稿

明るく清涼感に溢れるホワイトとの組み合わせに対し、もう少し落ち着いて上品な雰囲気を演出できるのがネイビーです。特にカーキのロングパンツやスカートなどにネイビーのタイトなニットやシャツなどを組み合わせればオフィスカジュアルなど出勤にも使えます。基本的にはこの二色でも十分なのですが、ここに茶系の小物を合わせることで少しナチュナルな印象に変化させることもできます。なお、茶系の小物を合わせる時にはカーキ色のアイテムも少し茶色やベージュ色の雰囲気があるものを持ってくると、それぞれの色の繋がりが良くなり、違和感が少なくなります。他にも腕時計やアクセサリーなどにゴールドを組み合わせるとより一層上品になり大人の女性らしい雰囲気が生まれます。また、ニットのトップスの下に白のシャツを着ると首元や胸元が明るくなり、可愛らしさや清涼感がプラスされます。

“他にも様々な色と良く合います”

これまで白とネイビーとの組み合わせを紹介しましたが、この他にカーキに合う色はまだまだたくさんあります。ブラウンやベージュなど茶系の色と組み合わせればより自然な組み合わせになります。黒と組み合わせればネイビーに近いような印象ですが、より一層クールでかっこいいコーデが出来上がります。他に落ち着いていながら柔らかな雰囲気のあるグレーとの組み合わせや、一気に女性らしく見えるピンク、カジュアルコーデの定番のデニムブルーなど組み合わせに限りはありません。特に茶系やグレーは秋を迎えるこれからの季節に活躍すること間違いありません。また、面白いのがカーキ同士の組み合わせです。アウターやボトムで少しカーキの色味や素材感を変えてみるのも良いですし、逆に同じような色と素材で統一し、カーキの魅力のひとつであるミリタリー感を強く演出する方法もあります。

このようにカーキは様々な色と合わせることができるため、お気に入りの一着を持っておけば、いろいろなコーディネートを楽しむことができます。また、カーキ色自体も色の幅が広いため、色の濃さや系統によって合う色が変わるといった楽しみもあります。普段あまりカーキを着ることがない人もこれを機会に着こなしてみてはいかがでしょうか。


120
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »