ワイドパンツでカジュアルに 決まる 秋のきれいめコーデ3選

18.10/02-Tue/アイテム

ワイドパンツは、皆さんカジュアルな服装でしか使っていなかったり、街中で見るスタイルだとブルゾンに合わせている方や、Tシャツ一枚などラフに使っている方が多いと思います。しかし、素材感の合わせ方や上着に羽織るもののシルエットなど細かいところを意識するだけで簡単にきれい目な大人っぽいコーデにすることができます。

“ウールのパンツにジャケット”

 

View this post on Instagram

 

Homeyさん(@homey0001)がシェアした投稿

ウールのワイドパンツはカジュアルだけでなく、綺麗目なファッションにも使用していただけます。ワイドパンツで大人っぽい女性らしい雰囲気を出して、ウールのテーラードジャケットを合わせて中に着る物ははTシャツやカジュアルシャツをお召しになっていただくとカジュアル過ぎず、きれい目過ぎず程よいバランスで着こなしていただくことができます。靴の方は革靴の中でもよりラフな感じで履いていただけるローファーやウィングチップなどが良いです。素材感というのもすごく大事なことで、パンツがウールなのに、ジャケットが綿といった場合だとバランスが取れていないのでおしゃれには見えないです。また、これからの秋冬の季節には合わない色などは避けた方がいいと思います。モノトーンのような単調な色合いでも、大人っぽいきれいなコーデに見えます。茶色なども大人にしか使えない色合いも良いです。

“ワンウォッシュデニムとレザー”

 

View this post on Instagram

 

@kumikookがシェアした投稿

街中で見かける加工されたデニムとは違い一度洗う事しかしていないデニムはとても上品です。街で見るデニムの場合だとラフさが強かったり、若々しすぎる感じが強いです。しかし、ワンウォッシュデニムのワイドパンツの場合だと色合いもとても暗くて落ち着いた雰囲気を醸し出すことが出来ます。こちらに合わせるものとしては子牛の革や馬革といったライダースが大人っぽくて良いです。シングルかダブルどちらでも良いと思います。なぜこの二つが良いかと言うと、光沢の出方がほかのレザーに比べて優っているからです。インナーの使い方はアクセントとして明るい色を持ってきて良いです。首元が少し寂しくなるのでレザーの色に合わせたスカーフを巻いていただくとより一層雰囲気が良くなります。靴は、ローファーが良いです。カバンはレザーの色と革靴の色にあっていれば基本的には大丈夫になります。

“ウールパンツとレザージャケット”

 

View this post on Instagram

 

Fashion_Repoさん(@fashion_repo)がシェアした投稿

ウールのワイドパンツはウールのテーラードジャケットだけでなく、組み合わせ次第では馬革や子牛の革のライダースと合わせていただいても大丈夫です。ワンウォッシュのワイドパンツとテーラードジャケットも大人っぽさはでます。それ以上にウールパンツという物を有効活用した方が良いです。こちらの場合だと色の使い方は反対側の色が働くようにして着こなす方が大人っぽく見えます。例えば、グレーのウールパンツ、紺色のウールパンツに茶色のレザージャケットといった感じです。こういった場合鞄の色はレザーと靴の色に合わせていただくと良いです。靴はボリュームのある革靴を履いていただいたり、パンプスやヒールのあるものを合わせるとより良いと思います。インナーは無難な物をチョイスして良いです。首元にはスカーフ、手元にはアクセサリーを使っても寂しい部分が無くなります。

ワイドパンツは最近ものすごく勢いのあるパンツだと思います。野暮ったい雰囲気を出すこともできれば大人っぽい雰囲気を出すことも出来るものです。ワイドパンツで大人っぽさを出すことが出来るのは女性の特権でもあります。カジュアルなテイストだけでなく、自分なりに考えて出すコーデもあまり難しくないのでファッションを楽しんでもらいたいです。


120
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »