100均でイメチェン!キッチンの汚れ防止シートで簡単リメイク

18.10/07-Sun/DIY

普段使っているキッチン、なんだか味気ないなと感じたことはありませんか?DIYをしてみたいけれど、初心者なの不安、という方も100均に売っている汚れ防止シートを使用することで、お金も手間もかからずにキッチンの雰囲気をがらっと変えることが可能です。今回はリメイクシートとの違いや、使う際のポイントなども紹介していきます。

 

“汚れ防止シートって?”

 

View this post on Instagram

 

ayumi❤さん(@ayumi_s.f)がシェアした投稿

キッチンは、普段料理をするところなので気が付くと汚れがつきがちです。油汚れなどが多く、きれいに落とすのも大変ですが、100均などで販売されているDIY用の汚れ防止シートを使えばそのような汚れからキッチンを守ることが可能です。ガス・レンジガード等がなくても、油がはねやすいコンロまわりの汚れを防げるので見た目もとってもスマートなキッチンにすることができます。シートが汚れてしまっても、上からさっと拭きとることができお手入れも簡単です。また、柄がついているものも多いため、シートを使うだけで簡単にキッチンの雰囲気を変えることができます。貼るだけで手軽にDIYができるため、主婦に人気のアイテムです。ただしあまり長時間貼っていると、はがした際に跡が残ってしまう可能性があるため、注意が必要です。何カ月かに一回シートを変える際に、柄を変えてみるのもおすすめです。

 

“リメイクシートとの違い”

 

View this post on Instagram

 

Keiさん(@kuru2935)がシェアした投稿

リメイクシートも汚れ防止シートと同じように、いろんな場所や物に貼って手軽にDIYすることができますが、基本的にキッチン用ではないため油汚れなどに弱いという弱点があります。キッチン用のシートは、汚れてもすぐ拭きとれるようになっています。水まわりやキッチンまわりでの使用を考えている場合は、普通のリメイクシートではなくキッチン用の汚れ防止シートを使った方が安心でしょう。また汚れ防止シートはあとから綺麗にはがしやすいように、粘着力が弱めになっているものも多いです。貼ってはがせるタイプのものかどうかも購入前に確認しておくと良いでしょう。リメイクシートは100均のインテリア売り場にあることが多いですが、キッチン用の汚れ防止シートはキッチングッズ売り場に置いてあることが多いので探してみてください。様々な種類があるので、自分の好きな柄を選んでみてください。

 

“おしゃれ見えする使い方のポイント”

 

View this post on Instagram

 

Shiho Kondoさん(@mitimoty)がシェアした投稿

柄つきの汚れ防止シートを複数貼る場合、重要なのは模様を合わせることです。模様がズレてしまうと、恰好悪く見えてしまいます。また貼る場所の大きさにしっかり合わせてカットしないと、シートがはみ出したり足りずに下の面が見えてしまったりして見栄えが悪くなります。うまくカットしてズレずに貼ることができれば、シートを貼っていることがわからないような素敵な仕上がりになります。中に気泡が入ったりシワができてしまった際には、貼り直しましょう。粘着力が弱く作られているので、貼り直しができるので落ち着いてやり直せば大丈夫です。そして、キッチンの壁は油などで汚れていることが多いので、シートを貼る前には必ず汚れを落としておくようにしましょう。汚れが付いたままだと、うまく貼れない場合があります。この下準備をすることで、シートが途中ではがれてきてしまうことを防げます。

 

キッチンDIYに挑戦したいという方は、汚れ防止シートを使えば気軽にDIYを楽しむことができます。キッチンの汚れも防げるうえに自分の好きな柄を選んで雰囲気をガラリと変えられますし、貼るのも簡単にできますのでDIY初心者にはおすすめのグッズです。100均には様々な種類のシートが売っているので、ぜひお気に入りのシートを見つけてみてください。


120
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »