ベーシックカラーでシンプルに ナチュナルな大人コーデを紹介

18.10/17-Wed/住まい

毎日、その日に着る洋服の組み合わせに迷ってしまう…という女性は、少なくないと思います。コーディネートに困ってしまう方の大半は、まずお手持ちの洋服の『組み合わせやすさ』に問題があることがほとんどです。そこで今回は、シンプルなコーディネートが叶うベーシックカラーのファッションについて解説していこうと思います。

“ベーシックカラーはやっぱり万能”

ベーシックカラーと言われる色があります。黒や白をはじめとして、ベージュ・グレーなどのあまり主張が強くないもののこと指します。それらは特別な華がある色ではありませんが、『毎日の着回し』を考えていく上ではなくてはならない存在です。主張や個性が強いものは合わせられる服が決まってきてしまいますし、相性の悪い色が多い場合もあります。しかしベーシックカラーにおいては、どんな相手でも許容する懐の深さを見せてくれるのです。大人コーデにおいてこのベーシックカラーの存在は必要不可欠で、落ち着きや大人の柔らかさを表現するためにはこういったカラーが重要になってきます。特徴的な色との相性も良く、ベーシックカラー同士の組み合わせや同系色でもコーディネートしやすいこれらの色味は、コーディネートの強い味方である万能色です。上手く活用していけば、ファッションの組み合わせに迷うこともぐっと減るはずです。

“ナチュラルさを表現するために”

山貿易事務所さん(@yboueki)がシェアした投稿

『肩肘張らないナチュナルさ』や『大人の柔らかい雰囲気』を表現するために、ベーシックカラーを上手く活用しない手はありません。どんなアイテムとも相性の良い色といえば『黒』をあげる方が多いと思いますが、ナチュラルさを大切にする場合にはベージュ系やグレーなどソフトな色合いのものを活用するのが得策です。黒はベーシックカラーの中でも強めの個性を持った色なので、締め色や靴などに活用すると全体が引き締まります。ベージュと茶色の組み合わせなど、優しいグラデーションを意識したコーディネートを用いるとリラックスムードを演出することも可能です。白いセーターとベージュのタイトスカートは、優しい雰囲気が素敵な大人コーデです。黒いセーターやタートルネックには、濃いめのベージュのボトムスが似合います。上下で微妙に色合いが違うグレーを合わせるのも素敵ですし、同じベージュでも淡いものと濃いものでまた表情が変わってきます。

“大人コーデには、素材感も大切”

ベーシックカラーで作るシンプルな大人コーデにおいて、色の次に大切なのは素材感です。せっかく素敵な色や組み合わせでファッションが完成しても、その素材が安っぽいものだと『大人の雰囲気』を醸し出すことは難しくなります。化学繊維よりは天然素材のもの、より手触りがよく心地がいいものを選ぶようにするのが賢明です。天然素材の柔らかい布地は通気性が良く、皮膚の健康のためにも是非用いていきたい素材です。適度にボディーラインを拾ってくれる性質もあるため、大人のさりげない色気を表現するのにもぴったりです。また洗濯によるヨレや衣服の傷みは論外としても、きちんとお手入れされた衣服を身につけることは大人の常識です。いい素材のもの、そしてアイロンや優しい洗剤などで適切なお手入れをされたものを用意しておけば、自然と素敵なコーディネートが生まれてくるはずです。

いかがでしたでしょうか。大人のファッションに大切な色選びと、シンプルなアイテムこそ気をつけていきたい素材の選び方について解説しました。このような点に気をつけて洋服選びをすると、どんな組み合わせにおいても大人の余裕や素敵な雰囲気を醸し出せるようになるものです。こういったポイントを把握し、更に素敵でおしゃれな生活を楽しんでいただけたらと思います。


200
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »