組み合わせ次第で何にでもなる「すのこ」のDIYアイデア

19.02/02-Sat/DIY

DIYに興味を持っているものの、のこぎりや金槌を使うのが苦手で不器用だから自分には難しいと考えている方もいるでしょう。そのような方でも、すのこを使うことで工具を使わずにDIYを楽しめます。組み合わせとアイデア次第でさまざまな可能性が秘めているので、状況に合わせて自分に合ったものを作って楽しむことが可能です。

“すのこを使って収納スペース作り”

 

View this post on Instagram

 

Maya Wakabayashiさん(@maya.wakabayashi)がシェアした投稿

すのこを使ってDIYを楽しみたいとき、多くの方が製作しているものの1つに棚があげられます。棚を作る際のポイントの1つが、組み合わせ次第でさまざまなケースのものが作れるという点です。例えば3段の棚を作るとき、すのこの上にレンガを置いてそのうえにまたすのこという風に重ねていくのも1つの手です。重ねるだけなので、工具や釘などを利用せずに手軽に作れます。

またすのこの特徴の1つに、通気性がいいという点があげられます。そのため湿気を避けたいシューズラックなどの形に活用する方法も上げられます。工夫次第でさまざまなサイズのものが作れるので、自分の状況に合わせてDIYを楽しみましょう。すのこは100円ショップやホームセンターなど、さまざまな場所で購入できます。買う場所によってサイズが異なるので、大きさを組み合わせて自分好みのものを作ることも大切です。

“加工しやすいのもポイントの1つ”

 

View this post on Instagram

 

srksk_ebiさん(@rumi_ebi)がシェアした投稿

すのこを利用するメリットの1つに、加工もしやすいという点があげられます。例えばちょっとした隙間に収納をしたいというときでも、のこぎりなどでカットすることで場所に合わせた収納が作れます。自宅で加工が難しい場合には、ホームセンターなどで作業ができないか調べてみるのも1つの手です。

また壁にかけるタイプとして利用する方法もあげられます。壁にすのこをかけるだけで、ちょっとした小物を飾れるスペースを作れます。加工しやすさと使い勝手の良さを利用することで、自分好みの収納場所やインテリアという形で利用できます。さらに100円ショップでも購入できるため、手軽に買ってDIYを楽しめるという特徴もあげられます。実際に購入する場合には、サイズを測ってから選ぶことも忘れないようにしましょう。好みのサイズが見つからない場合には、インターネットショッピングを利用するのも1つの手です。

“大きめのすのこでベッドや机”

 

View this post on Instagram

 

maiikkooさん(@maiikkoo2015)がシェアした投稿

棚などの手軽にできるものだけではなく、本格的にすのこでDIYを楽しみたいという方もいるでしょう。そのような方の選択肢として、ベッドや机を作るという方法があげられます。すのこを使ってベッドを作る最大のメリットが、通気性がいいという点です。梅雨の時期などは、寝る時の湿気が気になるという方もいるかもしれません。そのような方でも通気性のいいベッドなら安心して利用できます。

実際にベッドや机などを自作する場合には、どのようなものを作りたいのか完成形をイメージして設計図などを用意するのも1つの手です。完成形のイメージが固まっていれば、材料なども探しやすくなります。またベッドなどの場合には、強度に関する問題の確認も忘れてはいけません。オリジナルで作るのではなく、最初は実際に作った方の設計図などを利用して安全に気をつけて作業することも大切です。

“まとめ”

すのこを利用することで、DIYが初めての方でもさまざまなものを手軽に作れます。組み合わせとアイデア次第で、ちょっとした収納スペースだけではなく大きめの家具の自作も可能です。すのこといっても、さまざまなサイズの商品が販売されています。100円ショップやホームセンターなど販売店も豊富なので、買う場所と商品を選んでDIYを楽しみましょう。


90
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »